• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ラッシュ時に電車を遅延させた人・親族の末路

鉄道事故裁判に詳しい弁護士の佐藤健宗氏に聞く

2017年11月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

だとすれば、裁判をやる価値があるとすれば、故人に多額の賠償金を払えるだけの遺産があるのに遺族が応じないといったケースのみになります。

佐藤:そういう事例は極めてレアケースと言えるでしょう。

だとすれば、JR東海の裁判はどう取れえればよいのでしょう。

佐藤:JR東海の裁判は、電車にはねられ死亡した本人は認知症で、民法709条での責任を問えない可能性が高いと思われます。実際、裁判の争点も、認知症などで責任能力がない人が損害を与えた際、「監督義務者」がその責任を負うとする民法714条を巡るものでした。今後、高齢化社会が進展すれば、同様の事故が多発しかねません。JR東海は、賠償金目的というより、認知症者による鉄道事故の責任を誰が負うべきか社会に訴えかけるため、この裁判を起こしたとも考えられます。

なるほど、よく分かりました。考えてみれば、鉄道自殺の場合、ただでさえ大切な人をなくして打ちひしがれて遺族に裁判を起こすのは、鉄道会社としても気が引けるのでしょうね。

佐藤:社会的なイメージもありますからね。

抑止力として都市伝説には意味がある

それに、喧嘩による遅延などはどちらが本当に悪かったのか、見極めにくくはありませんか。以前、JR東海道線で車内で目が合って喧嘩を始めた2人の中年男性がホームに降り立った後、もんどりうって共に電車に接触し、両方死亡して電車が止まった事件がありました。これなど、2人とも死んでしまった後となっては責任の所在をなかなか追及しにくいです。

佐藤:ただ一方で、私は、「列車を大きく遅延させると、鉄道会社から億単位の莫大な賠償金が本人や遺族に請求される」という考えは、鉄道自殺の抑止効果という意味で、それはそれで意味があったと思うんです。鉄道事故の処理は本当に大変なんです。条件次第では何十万人に影響を与えます。ご遺体の扱いも想像を超える大変な仕事です。しかも一刻も早く運行を再開せよと言われます。

実際、相当なスピードで復旧するケースもよく見かけます。

コメント11件コメント/レビュー

もし鉄道会社が本気で損害賠償請求をするなら
鉄道会社自身の事故防止義務がゼロというのもおかしな話であり
そこを争点にされたら、鉄道会社自身にダメージがくる可能性が高いのではないか、
だから本気で損害賠償などしないのではないか、と思っています。

車の場合、故意に飛び込まれても運転手の過失責任を問われます。
観光地などで柵がなく転落したら、国や地方自治体が責められます。
それらと比較して、鉄道会社の責任があまりに軽すぎます。
もう少し、鉄道会社側の安全対策を喚起しても良いのではないかと思います。
千葉方面の総武線の特急通過は、電車に引っ張られる風圧を感じます。
事故が起きても、自殺扱いで数百万払えと言われるのでしょうか。

ホーム内にやたらショッピングモールを作って儲けることに一生懸命のようですが
いっそ裁判を増やして、鉄道会社の安全対策についての判決を見てみたいです。

それと
日本人の鉄道会社への忠誠心は何なんでしょうね。
この異常な責任の軽さと、亡くなった方への鞭の打ち方は、
大会社は公的資金を投入し、中小企業は自己責任という不条理な姿を思い起こさせます。
弱いものは虐めてもいい、強いものには媚びへつらうという日本文化のなせるわざでしょうか。(2017/11/24 18:51)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「ラッシュ時に電車を遅延させた人・親族の末路」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もし鉄道会社が本気で損害賠償請求をするなら
鉄道会社自身の事故防止義務がゼロというのもおかしな話であり
そこを争点にされたら、鉄道会社自身にダメージがくる可能性が高いのではないか、
だから本気で損害賠償などしないのではないか、と思っています。

車の場合、故意に飛び込まれても運転手の過失責任を問われます。
観光地などで柵がなく転落したら、国や地方自治体が責められます。
それらと比較して、鉄道会社の責任があまりに軽すぎます。
もう少し、鉄道会社側の安全対策を喚起しても良いのではないかと思います。
千葉方面の総武線の特急通過は、電車に引っ張られる風圧を感じます。
事故が起きても、自殺扱いで数百万払えと言われるのでしょうか。

ホーム内にやたらショッピングモールを作って儲けることに一生懸命のようですが
いっそ裁判を増やして、鉄道会社の安全対策についての判決を見てみたいです。

それと
日本人の鉄道会社への忠誠心は何なんでしょうね。
この異常な責任の軽さと、亡くなった方への鞭の打ち方は、
大会社は公的資金を投入し、中小企業は自己責任という不条理な姿を思い起こさせます。
弱いものは虐めてもいい、強いものには媚びへつらうという日本文化のなせるわざでしょうか。(2017/11/24 18:51)

>鉄道自殺で鉄道会社側に一切の非が無いという点は疑問です。

ではどの程度とお考えでしょうか。

福知山の事故のように速度超過したとか、踏切が閉まらなかったとかなら
鉄道会社の責任でしょうけど、自分から飛び込んだのなら100%向こうが悪いのでは。
そもそも線路は会社の土地なのですから、勝手に入ったら不法侵入です。

だいたいホームドアで防げるのは酔っ払いとかのふらつき事案までですよ?
本気で死にたい人間はホームドアなんて乗り越えて飛び込むに決まってるじゃないですか(笑)
一昔前のSFみたいにパイプの中でも走りますか? いやぁ何兆円かかるんだろ・・・。(2017/11/24 17:49)

電車自殺は何も飛び込みだけとは限らない。福知山線の高見隆二郎運転士は、運転中に乗客108人を巻き添えにして自殺を果たしたと私は主張している。電車はスピード超過での脱線がどこから起きるのかが、分かりにくいだけで、あれは自殺だ。飛行機のパイロットが自殺で墜落させた例はこれまで世界に70例ほどあるとのことだが。飛行機はとても分かりにくくて、列車は分かりにくいというだけ。あと、都市伝説に抑止効果を持たせるより、きちんと氏名公表し、鉄道会社のHPにも20年ぐらいは掲載するようにしたらいい。(2017/11/24 16:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授