• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

再生医療の考え方は第4次産業革命にも通じる

元グーグル日本法人社長がバイオベンチャーに転じた理由

2017年12月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米グーグル日本法人元社長の村上憲郎氏が2017年10月、再生医療の産業化支援やヒト細胞の培養受託サービスなどを手掛けるバイオベンチャー企業・セルソース(東京都港区)の社外取締役に就任した。IT(情報技術)畑を歩んできた村上氏はなぜ今、医療分野に関わることを決めたのか。医療に対する思いや、IT活用の展望について聞いた。

(聞き手は内海真希)

村上憲郎氏
村上憲郎事務所代表取締役。1970年京都大学工学部卒業。日立電子(現・日立国際電気)などを経て2003年米グーグル副社長兼日本法人社長に就任。グーグル日本法人名誉会長を経て11年に退任(写真:竹井俊晴、以下同)

セルソースとの最初の接点は。

村上憲郎氏(以下、村上):セルソース社長CEO(最高経営責任者)の裙本理人さんから、「ご相談したいことがあります」と連絡をいただいたのが始まりです。私は「来る者は拒まず」という基本方針で、特に若い人たちが何か新しいことを始めたい、あるいは始めたけれどどうすればいいんでしょうかといった相談には応じることにしています。もう70歳に達していますので、何がしかこれまでの経験からお役に立てるようなことが言えたら、と思いまして。

セルソースは、医療機関が再生医療を提供するための法的手続きをサポートしたり、医療機関で患者さんから採取した幹細胞の加工・培養を受託したりする事業を手掛けています。最初にこの事業内容を聞いたとき、率直にどう思いましたか。

村上:一般人の常識としては、再生医療と言えば山中伸弥氏が発見した「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」くらいしか思い浮かばない。そんな中で、セルソースはそれとは違うアプローチで、脂肪組織に由来する幹細胞を研究しているという。しかも手堅く実績を重ねていると聞いて、まず驚きました。

専門性の高い事業内容に対して、抵抗感はなかったのですか。

村上:大きな話でいえば、やっぱり我々のような団塊の世代が一挙に後期高齢者の仲間入りをして、医療財源を使い尽くそうとしているわけですよ。それはちょっと申し訳ないという思いが心の片隅にある。他方で、より優れた医療技術が出てくることで、医療費全体を抑制できる可能性もある。そう考えると、迷惑を掛ける側としては、セルソースのようなベンチャー企業に頑張っていただきたいと思うわけです。

 話は飛びますが、米グーグルでAI(人工知能)開発を指揮しているレイ・カーツワイル氏。彼は私と同じ年齢なんですが、1980年代に私がボストンのDEC米国本社人工知能技術センターにいたときに、人工知能学会に来ていた彼と会ったことがあるんですね。

コメント2件コメント/レビュー

本題とは関係ないが、カーツワイル氏とのエピソードが印象に残った。(2017/12/17 18:44)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「再生医療の考え方は第4次産業革命にも通じる」の著者

内海 真希

内海 真希(うつみ・まき)

日経ビジネス記者

2009年日経BP社入社。医師・薬剤師向けの専門誌である日経メディカル、日経ドラッグインフォメーションを経て、2017年4月から日経ビジネス記者。電機、製薬、医療制度などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本題とは関係ないが、カーツワイル氏とのエピソードが印象に残った。(2017/12/17 18:44)

これからの新しい医療を作る取り組みだと思いました。
期待しています。(2017/12/15 22:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長