• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「何とかなる」楽観的な社風づくりが不可欠です

ケア21社長 依田平氏に聞く(前編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年2月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

介護付き有料老人ホームやグループホーム、訪問介護ステーションを運営するケア21(大阪市)。同社の創業社長、依田平氏に介護事業の現状と今後を聞いた。前編では、起業の経緯と、トラブルやストレスが発生しがちな介護の現場には何が必要か、を明かしてもらった。

2013年10月期、158億円だった売り上げは、17年10月期に252億円と、福祉事業を好調に拡大していますが、依田さんは社会人になったとき、出版社勤務だったそうですね。そこを独立して、学習塾を開いたと聞いています。

依田:私が社会人になった1976年頃は、就職が厳しい時期だったので、出版社には縁故のような形で入れてもらいました。当時のその出版社の社長が同郷で、ルートがあったものですから。ただこの会社、利益率は高いのですが、当時は古い体質の会社でした。私には合わないなと思いまして、3年後に26歳で独立しました。

よだ・たいら ケア21代表取締役社長。1952年長野県生まれ。法政大学法学部卒業後、76年ぎょうせい入社、79年独立、84年エポアンドエディ社長を経て、93年学習塾、ヨダゼミイースト(現ケア21)を創業。少子高齢化を見越して福祉事業に転業し、商号変更。社会のニーズと持ち前の豊富なアイデアで事業を拡大中。グループで宅食サービスを手掛ける美味しい料理会長、障がい者向けサービス等のまごの手サービス社長などを兼ねる。(写真:清水真帆呂)

 そのときは、今でいう超ホワイト企業であり、創造性に溢れ、管理されなくても従業員自ら動いて仕事をしていけるような会社をつくりたいと思っていました。私の実家は、もともと材木屋で、その後、電機メーカーの3次、4次下請けのような仕事をしていました。そのため家の中の会話に、売り上げがどうとか、従業員がどうとかいった話が毎日のように出てきていました。そういう環境で育ちましたので、独立に抵抗はありませんでした。

小学生で金もうけ主義を脱し人のために

 このとき既に妻がいましたが、大阪にある彼女の実家は、亡くなった義父の所有する不動産を管理する会社を持っていました。私は次男で、妻は三人姉妹の真ん中、姉と妹は独身という状況だったものですから、その会社を継がないか、という話があったんです。そこで、妻の実家の不動産を活用しながら、学習塾を立ち上げたのです。

今の福祉事業と学習塾では、事業内容がかなり違いますが、当時、学習塾を立ち上げようと考えたのには、何かきっかけがあったのでしょうか。

依田:小学校4年生のとき、「株式投資をしてもうける」といったような作文を書いたことがあります。すると担任の先生から、金もうけもいいけれど、人のために生きることのほうが大切だ、というようなことを言われたんです。そのときは反発しましたよ。

 ただその先生に3年間学ばせていただく中で、常に児童の自由と自主性を尊重し、あらゆる差別を許さない強い意思を持つことに、憧れと尊敬の念を持つようになりました。その結果、私のそれまでの金もうけ主義が人のためという方向へシフトしたんです。学習塾を始めた動機の根底にはその思いがありました。

オススメ情報

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長