• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

賢い人は他人の言うことが素直に聞けない

タビオ会長 越智直正氏に聞く(後編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年4月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 靴下問屋での丁稚奉公からスタートし、靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いた創業者。国産の質の良い靴下にこだわり、今でも商品開発に尋常ならざる熱情を注ぐ。「人の意見を聞く」「人の力を借りる」といった素直な心が成功につながったと振り返る。(前編はこちらからご覧いただけます)

二宮尊徳の言葉を創業理念としているそうですね。

越智:そうです。「凡そ、商品は造って喜び、売って喜び、買って喜ぶようにすべし。造って喜び、売って喜び、買って喜ばざるは、道に叶わず」──。二宮尊徳が遺したこの言葉を理念に据えました。実は「造って喜び」という部分は尊徳の原文にはありません。僕が勝手に加えました。

 「造って喜び」とは、とことんこだわっていいものを作るという意味です。お客様が求めるものは何かと全力で考え、脇目も振らず一途にいいものを作ってきました。昔読んだ本にね、できるだけいい商品を、できるだけ安く、できるだけたくさんの人に提供するのが商売人の務め、という教えがありましてん。

おち・なおまさ 1939年愛媛県生まれ。中学卒業後、大阪の靴下問屋に丁稚奉公。68年に独立し、ダンソックス(現タビオ)を創業。靴下の卸売りを始める。82年に小売りに進出。84年に「靴下屋」1号店をオープンすると同時にフランチャイズチェーン展開を開始。メード・イン・ジャパンにこだわり、品質の高さと独自の生産・販売管理システムでタビオを靴下のトップブランドに育て上げた。2000年大証2部に上場。02年英ロンドンに海外初となる店舗を出店。08年から会長。著書に『靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓』(日経BP社)など。(写真:水野浩史)

「靴下をなめているんか。作ってやろうやないか」

お客様に「こんな靴下が欲しい」と求められれば作る。ランニング用ソックスを作ることになったのも、そんなきっかけだったとか。

越智:あるとき、うちにNTT西日本の大崎悟史くん(現・山梨学院大学陸上競技部長距離コーチ)という子が営業に来ましてん。「僕は陸上競技部でマラソンの選手をしています」と言うの。「そうですか」と話を聞いていたら、「靴はいろいろ研究していますけど、靴下がもう一つあかんのです」と言い出しましてね。

 僕は靴下がバカにされているような気がしたの。「靴下をなめているんか。どんなものでも作ってやろうやないか」と担当者を1人つけて、受けて立ったんです。それから引くに引けないようになった。

 長い距離を走っていると、土踏まずが下がってきて、疲れるんやって。それに靴の中で足があそんでマメができるのやと。じゃあそれを改善する靴下にしようと、大崎くんの声を聞いて作っていったんです。

オススメ情報

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長