• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私が金メダリスト小平選手をサポートする理由

所属先・相澤病院の最高経営責任者に聞く

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

[1/4ページ]

2018年4月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本が過去最多となる13個のメダルを獲得した平昌五輪。女子スピードスケートの500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手が所属するのが、長野県松本市にある相澤病院だ。小平選手は信州大学を卒業した後、2009年4月より同病院のバックアップを受け、スケートに取り組んできた。なぜ地方の総合病院がスポーツ選手を支援するのか。その背景にある思いを相澤病院の相澤孝夫・最高経営責任者に聞いた。

 相澤病院は1952年に開設された総合病院で、私は1994年に院長に就任しました。
 平昌五輪で金メダルを獲得した小平奈緒さんと私が初めて会ったのは、2009年のことです。長野県の信州大学でスケートを続けてきた小平さんは、卒業後も長野県に残り、結城匡啓コーチの下でスケートを続けることを望んでいました。そこで、採用してくれる地元の企業を探していたのですが、リーマン・ショックの影響もあったのでしょう。なかなか就職先が決まらず、困っていたのです。

 結城コーチと親交のあった、当院のスポーツ障害予防科の医師からこの話を聞き、私は小平さんを応援したいと思いました。
 慈泉会は通常の保険診療のほかに、人間ドックなど自費診療部門も持っており、全体の年間の医業収入は175億円程度です。一人くらい雇用できないはずはないと考えました。

 その後すぐに、卒業を控えた小平さんと結城コーチが病院を訪ねて来て、3人で話をしました。2人は、私がどれくらいスケートに関心があるかが気になっていたのでしょう。最初に「スピードスケートって、どの距離を滑るか知っていますか?」と聞かれたのを覚えています。
 「500メートル、1500メートル、5000メートル、1万メートルがありますよね。テレビでは見ていますよ」と私は答えました。

 私が子どもの頃は今よりずっと気温が低く、生まれ育った松本市では氷点下5度や10度になることがよくありました。近くの池が凍ったり、校庭に土手を作って水を張って凍らせたりして、スケートで滑って遊んでいたのです。
 そんなスケート談義で盛り上がり、小平さんを採用したい意思をその場で伝えました。

相澤孝夫(あいざわ・たかお)氏
1973年東京慈恵会医科大学卒業。同年5月より信州大学医学部附属病院勤務。83年医学博士取得。94年、社会医療法人慈泉会相澤病院の理事長・院長に就任。2017年より相澤病院最高経営責任者。一般社団法人日本病院会の会長も務める。

コメント4件コメント/レビュー

昨日の園遊会のニュースで、小平選手の晴れ姿を見ました。この記事を見て思ったのは、園遊会のような晴れ舞台に、こういう利益を度外視し、地道な努力で小平選手を支えた病院長のような裏方の人も、できれば呼んで欲しかったです。(2018/04/26 09:52)

オススメ情報

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨日の園遊会のニュースで、小平選手の晴れ姿を見ました。この記事を見て思ったのは、園遊会のような晴れ舞台に、こういう利益を度外視し、地道な努力で小平選手を支えた病院長のような裏方の人も、できれば呼んで欲しかったです。(2018/04/26 09:52)

小平選手がこれほど活躍するとは、
つい最近までほとんどの人は考えてなかったと思います。

どこも病院経営が厳しい中、以前患者だったという縁があるとはいえ、
そんな彼女を選手として採用するのは、大英断だった事でしょう。

また小平選手も、病院からの期待や、強化費や遠征費など
負担いただく事のプレッシャーに押し潰される事なく、
冷静に先を見据え、自分の滑りを極めたのは、
見事としか言いようがありません。

偶然の出会いが、素晴らしい化学反応を起こして、
最大限の成果を成し遂げたと言っても過言ではないと思います。

日々の忙しい仕事や生活に、目先の損得に目を奪われがちですが、
多少なりとも心に余裕を持ち、
他人を尊重する気持だけは忘れないようにしたいですね。

小平選手と相澤病院を、これからも応援していきたいと思います。(2018/04/25 15:54)

長野オリンピックの舩木選手がその後サポート企業をなくしてとても苦労なさったと聞いたことがあります。
小平選手を経済面でしっかりと支えて下さった企業(病院を企業と言っていいのかはわかりませんが)があったから、平昌オリンピックでの感動がありました。感謝します。(2018/04/25 15:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外のクラウドサーバーに データを預けると、企業秘密がその国に筒抜けになりかねない。

太田 大州 富士通シニアエバンジェリスト