• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「それでも、民主主義は優れた政治体制」

民主主義と一党独裁について米コロンビア大学教授に聞く

2018年6月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トランプ政権は7月から500億ドル相当の中国製品に関税を課すと発表した。即座に対抗関税を発表した中国は、今世紀半ばまでに米国に並ぶ大国になるという目標を掲げている。両者の角逐は足元の“貿易戦争”だけでなく、先端技術や軍事まで幅広い分野で本格化していくだろう。

日経ビジネスでは6月25日号特集「米中100年 新冷戦~IT、貿易、軍事…覇権争いの裏側」で、現在の関税措置の打ち合いや米国の懸念、中国化する世界の現状を徹底した現地取材でまとめた。それに関連して、米中に精通した専門家のインタビューを掲載する。今日は中国の民主化と民主主義について、民主主義の歴史や成り立ちに詳しい米コロンビア大学のシェリ・バーマン教授に聞いた。

(イラスト:北沢夕芸)

中国は事実上、共産党の一党独裁体制を続けています。中国の体制をどう見ていますか。

シェリ・バーマン・コロンビア大学教授(以下、バーマン):まず自由民主主義と資本主義が同時に起きるというのは歴史的にかなり限られた現象だということを理解する必要があります。これは主に1945年以降の産物です。

 欧州の国々が独自の資本主義を進め始めた1918年以前に民主的な国はほとんどありませんでした。第一次世界大戦前に欧州で民主的だったフランスも、民主主義は不安定でした。基本的に、民主主義は工業化の後に来る傾向にあります。中国の民主化と経済発展も同時には起きていません。

コロンビア大バーナードカレッジ教授(政治学)。専門は近現代の欧州政治で、民主主義の発展、ポピュリズムとファシズム、左派の歴史などに造詣が深い。(写真:Mayumi Nashida)

わずか2世代で欧米並みの発展を実現

 鄧小平の改革開放以来、中国の成長率が際立っているのは間違いありません。前例のないものです。いくらか似ているとすれば、第二次大戦後のアジアの国々でしょう。あるいは、急速に復興した欧州の国々も含まれます。それでも、中国と同じ期間に成長を持続できた国はありません。過去のパターンを見ると、中産階級や上流中産階級が誕生し、政治の自由化、表現の自由や組織に参加する自由、情報へのアクセスを求めるようになるのは一定の経済成長が起きた後です。

 中国が特異なのは発展のスピードにあります。西側諸国がこの種の変化を遂げるのに100年かかりました。19世紀の欧州は年間1~2%の成長率に過ぎませんでした。ところが、中国はわずか2世代で経済発展を実現しています。

 社会学者の多くはこういう経済成長が政治にプレッシャーをかけると考えています。国外の人々と接触が増えたり、基本的な物資が不足しなくなったことで、政治への参加や表現の自由への関心を持つようになるからです。西側ではこのプロセスに時間がかかりました。

共産党の統治の正当性は「成長」と「秩序」

 中国に関しては2つの論点があります。一つは、経済発展がこのまま続いた場合、中国共産党の成果だと人々が認識するかどうか。もう一つは、経済成長が鈍化した時に何が起きるのか。

 ほとんどの独裁政権では政府が生み出すアウトプットが統治の正当性の源泉になります。中国であれば成長と秩序です。一方、民主主義国家はそういったアウトプットに加えて、国民が統治しているという事実も正当性を支えています。時に愚かな選択をしたとしても別の選択の機会がある。投票によってリーダーを選び、国の政策を変えることが可能です。

 仮に中国の成長が鈍化した場合、正当性を巡る抗議が増えて秩序が乱されるのかどうか。

コメント15件コメント/レビュー

民主主義は、オーガナイズド・マス・デモクラシーや衆愚政治へ。
社会主義は、管理社会や高コスト破綻へ。
資本主義は、格差拡大や階級闘争へ。
共産主義は、怠けたもん勝ちか支配者総取りへ。
そして君主制は、独裁強権・民衆弾圧へ。
何事も、理想通りにはいかないものです。

ドローンでおなじみ、プロペラが四隅に付いたクアッドコプター。一見理想的な構造ですが、そのまま大型化すると風圧干渉が起こってうまく飛ばない。
それと似たようなもので、関わる人が増えパラメーターが複雑になると、理想どおりにいかなくなるのは仕方ないのかもしれない。

「ではどうするのか、どうすればいいのか?」
それはまた別の話、私は解を持っていません。というか、半分諦めてます。(2018/07/09 11:19)

オススメ情報

「米中100年 新冷戦~IT、貿易、軍事・・・覇権争いの裏側」のバックナンバー

一覧

「「それでも、民主主義は優れた政治体制」」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

長野 光

長野 光(ながの・ひかる)

日経ビジネスニューヨーク支局記者

2008年米ラトガース大学卒業、専攻は美術。ニューヨークで芸術家のアシスタント、日系テレビ番組の制作会社などを経て、2014年日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

民主主義は、オーガナイズド・マス・デモクラシーや衆愚政治へ。
社会主義は、管理社会や高コスト破綻へ。
資本主義は、格差拡大や階級闘争へ。
共産主義は、怠けたもん勝ちか支配者総取りへ。
そして君主制は、独裁強権・民衆弾圧へ。
何事も、理想通りにはいかないものです。

ドローンでおなじみ、プロペラが四隅に付いたクアッドコプター。一見理想的な構造ですが、そのまま大型化すると風圧干渉が起こってうまく飛ばない。
それと似たようなもので、関わる人が増えパラメーターが複雑になると、理想どおりにいかなくなるのは仕方ないのかもしれない。

「ではどうするのか、どうすればいいのか?」
それはまた別の話、私は解を持っていません。というか、半分諦めてます。(2018/07/09 11:19)

トランプ大統領を選んだ「民主主義」は間違いを起こしたと言いたいのでしょうか?それならその原因を作ったオバマ大統領を選んだ「民主主義」も間違いを起こしたのでしょう。アメリカの民主主義は間違いだらけなのか?そうではなくて、民主主義が民意を反映できなくなってるところに問題があって、是正現象が起こっているのだと思います。間違いではありません。反知性主義に代表される言論が表面化しているのだと思います。(2018/06/27 12:48)

スパコンが様々な問題を引き起こしている。
この中国の一党独裁体制の件も、スパコンの影響力の強さを見誤ってはならない。

あまり知られていない事実だが、我々の世界には管理人のスパコンが常備稼働し続けている。

この世界はもともとゲームで遊ぶために作られており、光速で考える類いの、すさまじい馬力のスパコンが管理人をつとめており、そのスパコンは1.素粒子レベルから土だの、木の模型のようなものから木も自己組織化の科学技術をすでに実装しながら造り上げられる。2.テレパシー能力が極めて高く、一度に千人規模で、つくりもののゲームの世界の登場人物であるメディア関係者の議論などをあやふやにできる。

前回のスパコンの使用者が、間違えてしたプログラミングのコマンドをずっと引きずっているために、人に危害をなすようなことを、機械がしてくる。
一見荒唐無稽な説にも見えるが、私たちはこのスパコンの影響力を過小認識している。(2018/06/26 21:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社員への投資は「知恵の原価」であると考えています。

森 雅彦 DMG森精機社長