• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

進化する「プロ経営者」LIXIL瀬戸欣哉社長

商社マン、起業家、大企業トップ。守り抜く仕事師の矜持

2018年9月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

住友商事のサラリーマンを経て、工具のネット販売会社MonotaRO(モノタロウ)を創業。スタートアップを東証1部へと導いた後、巨大企業LIXILグループを社長兼CEO(最高経営責任者)として率いることになった。瀬戸欣哉氏は、世間から「プロ経営者」と称され、自らも「プロ」の仕事師だと言う。

瀬戸氏が守り続けてきた「プロ」のビジネスパーソンとしての矜持とは何か。

日経ビジネス本誌では、注目の経営者たちの生き様(Life Story)と講義(Lecture)を連載「経営教室『反骨のリーダー』」で掲載している。Series1で取り上げたLIXILグループの瀬戸欣哉社長兼CEO(最高経営責任者)の、「プロ経営者」としての人物伝を日経ビジネスオンラインに転載する。=本文敬称略(本コラムは日経ビジネス本誌2018年5月21日号から掲載した連載「経営教室『反骨のリーダー』」を一部、再編集して掲載しています。年齢や肩書などは掲載時のままです)

■お知らせ■

日経ビジネスRaiseでは、LIXILグループ・瀬戸欣哉社長兼CEOを招いた読者との対話会「日経ビジネスRaise Live」を開催します。参加ご希望の方は、記事最後の募集要項をご覧ください。

■日経ビジネスRaise Live
~LIXILグループ・瀬戸欣哉社長兼CEO「困難を突破する“プロ”の心得」~

■日時 10月1日(月) 18:30~
※記事公開当初、開催日が10月1日(金)となっていましたが、正しくは10月1日(月)です。お詫びして訂正いたします。
■場所 東京ミッドタウン日比谷「BASE Q」
■参加者募集 こちら

(写真=的野 弘路)
瀬戸欣哉[せと・きんや]
1960年 6月 サラリーマン家庭の次男として、東京に生まれる
73年 武蔵中学・高等学校に入学。バスケットボール部に所属
79年 東京大学経済学部入学、ボクシング部所属
83年 住友商事に入社し、鉄鋼部門で線材貿易を担当
90年 米デトロイトに赴任、特殊鋼製品担当
94年 米ダートマス大学MBAに入学
97年 米アイアンダイナミクスプロセスインターナショナル社長
99年 住友商事eコマースチーム長・マネージャー
2000年 住商グレンジャー(現MonotaRO)創業、翌年社長に就任
06年 MonotaROに社名変更。マザーズ上場
09年 東証1部上場
12年 MonotaRO社長を退任し会長(現任)に就任
16年 1月 LIXIL社長兼CEO(現任)、LIXILグループ代表執行役兼COO
16年 6月 LIXILグループ社長兼CEO(現任)

 「プロ経営者」──。住設大手LIXILグループ社長兼CEO(最高経営責任者)の瀬戸欣哉(57歳)は、自らをあえてそう表現する。

 この言葉には今、いい響きはない。プロ経営者とされたリーダーの多くが、業績不振や不祥事、創業家の後ろ盾を失うなどして評価を落としている。

 瀬戸も安泰ではない。2018年3月期は、当期利益こそ資産の売却益などで前期に続き過去最高の546億円を計上したものの、事業利益(国際会計基準=IFRS)は753億円で前期比16%減。収益性の改善を掲げ4月にスタートした中期経営計画の前提が揺らいだ。

 「事業利益が失速した理由は、主に原材料の値上がりや新築着工件数の減少といった外的要因。余分な肉を減らし、効率的に動いていく体制はできた」

 瀬戸は5月7日の決算説明会で熱弁を振るった。だが、株式市場には、「これといった失策はないが、環境の悪化で決して余裕はない」(SMBC日興証券シニアアナリストの川嶋宏樹)といった声もある。

 瀬戸は創業家で取締役会議長の潮田洋一郎に請われ16年6月、LIXILグループのトップに就いた。住友商事を経て工具のネット販売会社MonotaRO(モノタロウ)を創業。東証1部に上場させた実績を買われた。

 瀬戸が潮田の誘いを受ける決断をした15年、LIXILは揺れていた。原因は海外。前任の藤森義明時代に買収した独グローエの中国子会社ジョウユウで会計不祥事が発覚していたからだ。

オススメ情報

「経営教室「反骨のリーダー」」のバックナンバー

一覧

「進化する「プロ経営者」LIXIL瀬戸欣哉社長」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私がじゃなくて、神様が見ても、 誰が見たって(リニアは)いけるんです。

葛西 敬之 東海旅客鉄道名誉会長