• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「オフィスと社員はもう要らない」

「経路依存性」という悪習慣

2018年8月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

その「常識」は本当に必要? 「あたりまえ」から踏み出して新しい発想を生む視点や思考の組み立て方、その実践方法について、スタートアップを支援する投資家、アクセラレーターとして活躍する孫泰蔵さんに聞いた。

(聞き手:日経BP社出版局編集第一部長・中川ヒロミ)

初回のテーマは、「オフィスと社員はもう要らない」。いきなり衝撃的ですが……。

孫泰蔵氏(以下、孫):大げさでなく、その通りだと考えています。この取材を受けている今日は2018年7月で、場所は僕が5年前に設立した会社、Mistletoe(ミスルトウ)が3年前に開設したオフィスですが、実は今月末にここのオフィスを完全閉鎖することを決めました。

ええ! Mistletoeのオフィスといえば、孫さんが支援するスタートアップ企業が集まる最先端のコワーキングスペースとしても知られていますが。広さもかなりありますよね。

:400坪ありますが、サッパリ消滅します。決めたのは今年の4月頃。ちょうど更新の時期で、家主から「更新しますよね?」という問い合わせが来た時に、「うーん、やめますか」と(笑)。相手も「え?」って驚いてましたが、社内であらためて話し合って、「やっぱりやめよう」ということになったんです。

皆さん、すぐに納得したんでしょうか?

:いえ、かなり議論しました。もともと環境整備について考える定例会で度々上がっていたテーマではあったんですね。事業の流れとしてはむしろ拡大方向にあるのに、それに逆行する形でオフィスをなくすことへの抵抗は少なからずありました。現時点で200人くらいが出入りしているオフィスですしね。

孫さんが「オフィスは不要」と決定できた理由を教えてください。

:ゼロベースで問いを立てていくと、自然とそう結論づいたというだけです。まず、そもそもオフィスとは何か? と考えてみました。広いフロアに机と椅子が整然と並んで、ミーティングスペースがあって、食堂や休憩室がある。多少の違いはあれど、まぁ、それが基本形ですよね。つまり、オフィスの機能とは「仕事をする場所」でした。

 でも、ホワイトカラーの仕事に関して言えば、今や「仕事をする場所」は自宅やカフェ、どこでも可能になってきているわけです。会議もオンライン化が加速的に進んでいます。「そうは言っても、リアルなコミュニケーションには勝てないでしょ?」と疑う人は多いかもしれませんが、技術面の現実的な予測として、5年後にはリモートワークのストレスはほぼゼロになります。実際、目の網膜に直接映像を投影する技術の開発が進んでいて、360度の視界に映像の合成投影ができる環境はいずれ実現します。人間の目は5Kを超える映像は現実と区別できないと言われているので、「目の前で商談していると信じ切っていた相手が、実はジャカルタにいた」なんてことがざらになるでしょう。

コメント25件コメント/レビュー

ポールマッカトニーが来日していて、作品的にはレノン・マッカトニーの軋轢があった時のほうが良い作品を出していたのではと個人的には思う。
というのは、個人的には、いわゆる一級建築士で、大組織でワンマンな社長がいて、あうだこうだと言いながら、会社に入りたての新人だったけれど(新人でも発想は認めてくれた)、乞われて法人が設計事務所を作りたいと謂われ、移動して、始めてみたけれど、妙に、スカスカした印象があった。実はあの社長との対立、対話が楽しかったのかと思う。
コマーシャルで、ネットで、世界各地でパートパートごとに演奏するたころを編集して、繋ぎ合わせる曲があったけど、在宅勤務って、そんな感じに似ているのかもしれない。
日本語に背中を見て育つとあるけれど、論旨はわかるけれど、浪花節的なところがあって人は育つし、音楽にも、ソロ、バンドとあるけれど、組織としてするのであればバンドで、刺激しあいお互い成長していくには、クラウドでしていくには課題があるような気がするし、取材のなかのサロン的な部分だけでよいのかどうか、今後の進展、成果に興味がある。
最近では、マイクオールドフィルードという人が、新人のボーカリストを発掘し、自分はバハマ、新人はロンドンでスカイプで練習したけれど、最終的にはバハマで作品をまとめた。(2018/11/04 01:45)

オススメ情報

「孫泰蔵「思考停止を疑え」」のバックナンバー

一覧

「「オフィスと社員はもう要らない」」の著者

孫 泰蔵

孫 泰蔵(そん・たいぞう)

Mistletoe社長兼CEO

1972年生まれ。東京大学在学中にインディゴを設立しネット起業家の草分けとして活躍。起業家を育てるシリコンバレーのようなエコシステムを日本に構築することを提唱する。ソフトバンク社長の孫正義氏は実兄。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ポールマッカトニーが来日していて、作品的にはレノン・マッカトニーの軋轢があった時のほうが良い作品を出していたのではと個人的には思う。
というのは、個人的には、いわゆる一級建築士で、大組織でワンマンな社長がいて、あうだこうだと言いながら、会社に入りたての新人だったけれど(新人でも発想は認めてくれた)、乞われて法人が設計事務所を作りたいと謂われ、移動して、始めてみたけれど、妙に、スカスカした印象があった。実はあの社長との対立、対話が楽しかったのかと思う。
コマーシャルで、ネットで、世界各地でパートパートごとに演奏するたころを編集して、繋ぎ合わせる曲があったけど、在宅勤務って、そんな感じに似ているのかもしれない。
日本語に背中を見て育つとあるけれど、論旨はわかるけれど、浪花節的なところがあって人は育つし、音楽にも、ソロ、バンドとあるけれど、組織としてするのであればバンドで、刺激しあいお互い成長していくには、クラウドでしていくには課題があるような気がするし、取材のなかのサロン的な部分だけでよいのかどうか、今後の進展、成果に興味がある。
最近では、マイクオールドフィルードという人が、新人のボーカリストを発掘し、自分はバハマ、新人はロンドンでスカイプで練習したけれど、最終的にはバハマで作品をまとめた。(2018/11/04 01:45)

良い記事だと思う。これを一般の会社で議論したら賛否両論でおそらくまとまらないだろう。強いカリスマがリードしてはじめて実現できるし、それに賛同する社員?が集まってなせる技だ。思考停止では社会で生き残れないし、必ずface to face会議が必要とする今までの親方日の丸の在り方が今後も続くとは思えない。世は国際化、ボーダレスなんて当たり前で今やどうやって個々の存在意義を高めていくか、もっと言えば何のために自分はそこにいて働くかの意識が色々な局面で問われていく世の中になっていくと思う。日本だけ例外なんてありえない。それを考えると、極端過ぎると思えるくらいがちょうどいい(刺激があって、少し危機感も煽られて)。人は基本群れたがるし、コンサバだ。それをわきまえて行動しないと改革なんてありえない。(改革不要という考え方もあるかもしれないがそれは人類の進歩に逆行し、人類共通の幸福の追求に反する。)(2018/09/08 07:41)

他の方のコメントを流用しますが、
正社員であるが故の失業保険や健保、年金などの負担がなくなる経営者としてのメリット。。

本来会社が負担するコストを、社会に押し付ける発想はブラックそのものです。何を身勝手な事と腹立たしく思います。
ただ実際はそんなはずがないので、記者のコメントを引き出し力が不足しているのでしょう。
説明不足ゆえの勘違いでしょうが、フリーランスと言うなら、大門未知子なみの報酬がないと誰もやらないでしょう。(2018/09/04 12:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当か嘘か、定かではありませんが、宴会が 日本で一番多い会社といわれているようです。

足立 正之 堀場製作所社長