• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「子どもは学校に行かなくてもいいんじゃない?」

変化する社会を生きるために必要なスキル

2018年9月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新しい発想を生む視点や思考の組み立て方、その実践方法について、孫泰蔵さんに聞く連載「思考停止を疑え」。今回は「教育」にまつわる思考停止をテーマに聞いた。

(聞き手:日経BP社出版局編集第一部長・中川ヒロミ)

「オフィスと社員はもう要らない」という衝撃的なメッセージから始まった当連載、孫さんが繰り返しおっしゃっているのが「思考停止せず掘り下げよう」という提言です。教育に関してもお考えがある、とのことですが。

孫泰蔵氏(以下、孫):「これまでと同じ行動を取っているほうが安心」という“経路依存性”がはたらいて、教育についても思考停止状態に陥っている人は少なくないように思いますね。

私にも小学生の息子がいますが、親としてどういう教育をわが子にすべきかと不安になります。

:実際、どんな不安があるのでしょう?

小さなところでは「宿題をきちんとやらなくて困った」から始まりますが、集約すると、「将来ちゃんと社会でやっていける大人に育つために、勉強をしてほしいし、できれば就職に有利な学校に進んでほしい。でも、子どもは思い通りにならない」というところでしょうか。

:なるほど。では、さっそく問いを立てていきましょう。まず「ちゃんと社会でやっていく」とはどういう状態なのでしょうね?

「自分でお金を稼いで独力で生活できる」ということでしょうか。経済的に自立し、周りの人とも協調できる力は、やはり身につけてほしいと感じるのが親心なんです。

:ふむ。そうすると、ここで次の問いが立つわけですが、僕らは本当に“独力で”生きていかなきゃいけないんでしょうか? 経済的に自立しなきゃいけないって、誰が決めたんでしょうか? というか、そもそも経済的に本当に自立できている大人って、いますかね? 会社員は経済的に会社に依存しているじゃないですか。会社が潰れた途端に路頭に迷うわけですから。なんとなく、「バイトより正社員のほうが経済的に自立している」ようなイメージがありますが、どっちも同じ、会社に依存している生き方です。

 では自営業はどうでしょうか。自分の裁量で稼いでいるという点では何かに依存しているわけではないように見えます。でも実際には自営業で成功している方ほど「周りのおかげ」とおっしゃいます。

 これは僕の持論として言い切るのですが、人は独力で生きていけるわけがない。皆が支え合わなければ生きられないから社会を構成しているわけです。自分だけではできないことだらけだから、誰かそれを補助してほしい。その対価としてお金が必要で、だからたくさんお金を持つと安心できるという心理が生まれる、というわけですね。他に教育上の不安といえば、何か浮かびますか?

「周りの子と歩調を合わせないといけない」という不安もよく聞かれます。自分の子どもに少しでも不登校の兆候があると「このまま引きこもりになったらどうしよう」と心配になりますし、学校の先生から「昼休みに外に出て友達と遊ばず、1人で教室で過ごしているのが気がかりです」と言われて悩んでいる親もいました。

:その先生にぜひ直接聞いてみたいですね。なぜ昼休みに全員外に出て遊ばないといけないのか? と。「子どもは外に出て遊ぶもの、なんて誰が決めたんですか? あなた、毎日必ず運動場で遊んでましたか?」と問いたい。大人も子どもも関係なく、行きたい時には行くし、行きたくない時には行かない。そんなの人それぞれやんか、という話です。

コメント23件コメント/レビュー

タイムリーで考えさせられる内容だ。完璧を期す事は出来ないにせよ「学校教育とはなんだ」「これから学校教育はどうあるべきか」といった国家、国民的規模の議論に繋がる話だ。学校教育に関する国の歴史も文化も諸外国とは違う。一方で、学校教育による平均教育水準の高さがこれまでの日本の産業をリードする大きなバックボーンとなってきた事も事実だ。教育の効率性を重んじる考え方(日教組がリードして来た。これ抜きに学校教育云々は語れない。)に対して孫さんの様な「個の人間を第一とすべき」といった考え方がこれからは増えるだろう。
今の世の中、効率性はAIを始めとしたテクニカルでかなりの部分がカバーされる。問題は、やはり原点である「学校教育は何で、どうあるべきか」に戻って考えられるかだ。要は、その時、学校教育を受ける側が、嫌々ではダメなんじゃないか、生き生きとした目で弾けんばかりのワクワク感で、その場その時間を楽しめる様にする一つの手段として学校教育がある。もっと言えば 学校教育はこうあるべき なんて言うのはおこがましいのではないか。本来子供には色々な可能性があって(それこそ、世間一般で言われている優秀な奴もいれば、そうでない奴もいる。ただ そうでない奴といった概念は、世間一般の基準であってそんなものは早晩変わる。)それを所謂”教育”の名の元で潰してしまう事こそ国家的な損失だ。既得権に守られた産業としての教育を誰が責任を持って変えて行くのか、理想論の話でなく現実の既得権者との”戦い”の話でもある。(2018/09/09 11:24)

オススメ情報

「孫泰蔵「思考停止を疑え」」のバックナンバー

一覧

「「子どもは学校に行かなくてもいいんじゃない?」」の著者

孫 泰蔵

孫 泰蔵(そん・たいぞう)

Mistletoe社長兼CEO

1972年生まれ。東京大学在学中にインディゴを設立しネット起業家の草分けとして活躍。起業家を育てるシリコンバレーのようなエコシステムを日本に構築することを提唱する。ソフトバンク社長の孫正義氏は実兄。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイムリーで考えさせられる内容だ。完璧を期す事は出来ないにせよ「学校教育とはなんだ」「これから学校教育はどうあるべきか」といった国家、国民的規模の議論に繋がる話だ。学校教育に関する国の歴史も文化も諸外国とは違う。一方で、学校教育による平均教育水準の高さがこれまでの日本の産業をリードする大きなバックボーンとなってきた事も事実だ。教育の効率性を重んじる考え方(日教組がリードして来た。これ抜きに学校教育云々は語れない。)に対して孫さんの様な「個の人間を第一とすべき」といった考え方がこれからは増えるだろう。
今の世の中、効率性はAIを始めとしたテクニカルでかなりの部分がカバーされる。問題は、やはり原点である「学校教育は何で、どうあるべきか」に戻って考えられるかだ。要は、その時、学校教育を受ける側が、嫌々ではダメなんじゃないか、生き生きとした目で弾けんばかりのワクワク感で、その場その時間を楽しめる様にする一つの手段として学校教育がある。もっと言えば 学校教育はこうあるべき なんて言うのはおこがましいのではないか。本来子供には色々な可能性があって(それこそ、世間一般で言われている優秀な奴もいれば、そうでない奴もいる。ただ そうでない奴といった概念は、世間一般の基準であってそんなものは早晩変わる。)それを所謂”教育”の名の元で潰してしまう事こそ国家的な損失だ。既得権に守られた産業としての教育を誰が責任を持って変えて行くのか、理想論の話でなく現実の既得権者との”戦い”の話でもある。(2018/09/09 11:24)

やりたいことにとことん取り組める。とてもいいですね。段々そうなっていくでしょうか。以下の事だけは学んでほしい。幸せを追求してよい。公共の福祉に反しない限り。個人が幸せを追求することが隣の人や地球の幸せにつながっていくとなおいい。以上。これらを学ぶのも学校に限ったことではないということでしょう。(2018/09/09 08:31)

コメントにもあるように、
金持ちの子供に対してなら金を使ってリカバリーも可能なので一つの選択としてあり、

(2018/09/06 07:15)は

自分の子の成功例だけで語りすぎ、記憶力と理解力が世の皆にあれば苦労しない。

義務教育での学校はある程度下の方に合わせた全体の底上げの為、
脳はPCじゃないので、普通はインストールで一発じゃない
繰り返しの反復練習含めて覚え、使えるようになる。
読み書きと単純計算の基礎の部分は土台としてそう構築するのが王道。
そこで正しい論理志向なりが出来る様になれば、初めて考えて応用が出来るようになる。
それと人間は社会的動物で良くも悪くも対人や集団活動の経験が欲しい。
その為にも小中学校の所は大事な所だと思う。

しかしながら、塾や習い事漬けというのも間違っていると思う。
これは学校での教育のレベルややり方が悪いので、
教育者とカリキュラムへの対処の方が重要である。
義務教育の学校だけで十分な素地が出来れば、
教育に金と時間が掛かるなどによる各種派生問題への改善に繋がるであろうし、
学校外の時間をこそ、子供の頃に必要な遊びを含めて使えるようになる。(2018/09/09 00:20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長