• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

警官による犬撲殺事件に見る中国のペット事情

飼育数が急増、求められる愛犬家マナー

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国・北京のゴールデン・レトリバー専門店の店頭で販売されている犬。 看板に”金毛(ゴールデン・レトリバー)”とある(写真:北村豊)

 2018年の干支(えと)は「戌(いぬ)」であるが、この干支に関する限り日本と中国は同一で、日本の「戌年」は中国の“戌年”である。但し、干支と関係がない場合は、日本では「犬」という漢字が用いられるのに対して、中国では“狗(発音:gou)”という漢字が用いられ、“軍犬(軍用犬)”や“牧犬(牧羊犬)”のように熟語になる時だけ“犬”という漢字が用いられる。

 厳密に言うと、中国の干支は旧暦で用いられるので、2018年の“戌年”は春節(旧正月)の元旦である2月16日から始まることになるが、新暦の戌年が始まる前日の12月31日に湖南省の省都“長沙市”の繁華街で10分間に4人をかんだ犬が警官に撲殺される事件が起きた。1月4日付で江西省の新聞「信息日報」が報じた事件の概要は以下の通り。

書き込みにネットユーザー激怒

【1】12月31日の午後、あるネットユーザーが中国版Twitter“微博(weibo)”に次のような書き込みを行った。

 長沙市“芙蓉路”にある上浦園バスターミナルの出入口で、大型犬の“金毛猟犬(ゴールデン・レトリーバー)”が何の原因か分からないが、1人の警官によって4時間も痛めつけられた末に死亡した。数人の通行人が警官を制止しようとしたが、警官は聞く耳を持たず、犬を死に至らしめたのだった。どんな原因があろうとも、このように1匹の犬を死ぬまで痛めつけるのは、見るに堪えない。なお、犬の飼い主はこの間ずっと現れなかった。この記事を読まれた方は転送して多くの人々に見てもらってください。警官ともあろう者がどうしてこのような人間性の無い事をすることができるのか(この微博には、路上に横たわる犬の血みどろな死骸を含む9枚の写真が添付されていた)。

【2】この書き込みを見た全国の微博ユーザーたちは、警官の残虐な行為に憤りを覚え、世論は公安局に事件の詳細を明らかにするよう要求した。これに答えた“長沙市公安局天心分局”は、同日夜に微博の公式アカウント「天心警事」で次のような説明を行った。

 2017年12月31日午後3時頃、天心分局傘下の“金盆嶺派出所”は市民から芙蓉路で犬にかまれたとの通報を受けた。警官が速やかに現場へ駆けつけたところ、通報した市民の“冷某”(男、66歳)が犬に膝をかまれており、市民の“朱某”(男、23歳)も犬から攻撃を受けたが、着衣の厚さに助けられ、負傷はしなかったものの衣類はかみちぎられていた。警官には麻酔銃が配備されておらず、短時間に飼い主を見つけることは困難であり、ピストルを発砲すれば弾丸がはねて人を傷つける恐れがあったことから、当該犬がさらに多くの通行人をかむのを防止するため、警官は棍棒で犬を撲殺したものである。

 『長沙市都市条例飼い犬管理規定』の第16条には、「狂犬病の疑いがある犬については、飼い主は主動して犬を制御あるいは捕殺しなければならない。制御あるいは捕殺ができない犬については、飼い主は直ちに公安機関と動物防疫監督機関へ報告しなければならない」とあることを忘れないでいただきたい。どうか市民は飼い犬の管理を強化し、他人を傷つけないようにしていただきたい。

コメント7件コメント/レビュー

狂犬病は発症したら治療法はなく基本数日で死ぬ訳ですから、エイズよりも恐ろしい病気です。

日本ではずっと発生していませんが、中国では3000人も毎年死んでいるとは恐れ入りました。
攻撃的な犬であれば狂犬病に感染している可能性もある訳ですから、撲殺もやむを得ないです。

私はバンコクで犬に噛まれて病院に即行きましたが、高額の治療費だけでなく定期的に合計5回も注射をしなければ発症を予防できないのです。

旅行中だったので帰国してから注射をしてくれる病院を探すのも一苦労でした。

幸い発症しませんでしたが(死んでいたら書けませんが)、その間の恐怖は大変なものでしたから撲殺した警官を責めるのは筋違いというものです。(2018/05/13 15:35)

オススメ情報

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「警官による犬撲殺事件に見る中国のペット事情」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

狂犬病は発症したら治療法はなく基本数日で死ぬ訳ですから、エイズよりも恐ろしい病気です。

日本ではずっと発生していませんが、中国では3000人も毎年死んでいるとは恐れ入りました。
攻撃的な犬であれば狂犬病に感染している可能性もある訳ですから、撲殺もやむを得ないです。

私はバンコクで犬に噛まれて病院に即行きましたが、高額の治療費だけでなく定期的に合計5回も注射をしなければ発症を予防できないのです。

旅行中だったので帰国してから注射をしてくれる病院を探すのも一苦労でした。

幸い発症しませんでしたが(死んでいたら書けませんが)、その間の恐怖は大変なものでしたから撲殺した警官を責めるのは筋違いというものです。(2018/05/13 15:35)

まるでブランド品を持つ様な感覚でペットを飼う人がいる、これは中華人民共和国に限らず過去(現在もいるのかも?)日本でも多数いた
そして飼えなくなったらまるでゴミを捨てるかのように捨てる輩がいる
だが、中華人民共和国では経済成長と共に生き物を最後まで看取る覚悟もないままに、金が出来たから飼うという短絡的な思考の人が実際に多い
責任を持って飼うという事が出来ない人が多いとも聞く
糞を入れるはずの袋に、ペットその物を入れてゴミ箱へ投げ捨てる人が増えそうで怖い国…

40分間も殴打しないと犬が死なないのか?という疑問が頭をよぎる
幾ら狂犬病が怖いといっても、急所をある程度ちゃんと狙えばそこまでの時間殴打しなくても死ぬはず
ましてや公衆の面前でその行為を続けた警察官も違った意味で危ない気がする…(2018/05/11 17:04)

中国の二級都市に住んでいますが、
この5年ほどで、ペット犬の増加が顕著です。

街中にも到るところに犬を連れた人を見かけます。
中国の犬は日本の犬よりもはるかに飼い主の言うことを聞く印象です。
リード無しでも、飼い主が呼べばすぐに側に戻ります。

犬の糞尿に関しては、飼い主が片付けている姿を見たことはありませんし、
処理用の道具を入れたポーチを手提げしている飼い主を見たこともありません。
(ポケットの中に紙とビニール袋を入れている可能性はありますが)

高級住宅街で、芝生の上あちこちに転がる犬の糞尿にしびれを切らした住民が毒入りのエサを蒔いて、ペット犬が数匹死んだ事件もありました。

他の方のコメントにあるように、高額罰金にした上で厳しく取り締まらないと、無くならないと思います。(2018/05/11 14:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長