• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

弟子の尼僧が中国仏教協会会長をセクハラ告発

その背後に習近平の影響?

2018年8月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント5件コメント/レビュー

中国の様々な問題の根幹にあるのは中国共産党の存在でしょうね。恐ろしいことに今じゃ地球規模で災いをまき散らしています。(2018/08/23 14:01)

オススメ情報

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「弟子の尼僧が中国仏教協会会長をセクハラ告発」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国の様々な問題の根幹にあるのは中国共産党の存在でしょうね。恐ろしいことに今じゃ地球規模で災いをまき散らしています。(2018/08/23 14:01)

 「すでに中国仏教界の最高責任者がセクハラ問題で告発されたことは世界中に報道されており、習近平という後ろ盾があろうとも問題の解決を迫られたのである。」
 日本で報道されていますかね?
 中国では宗教組織でも人事権すら中共の承認制ですね。共産党一党独裁の必然的帰結で、絶対的権力が絶対的に腐敗している、ということでしょうね。我が国のモリカケ問題など、悪質度とスケールで遥かに凌駕していますね。(2018/08/11 01:21)

一点だけ是非とも修正をお願いします。
「あの少林寺拳法で名高い少林寺」と書かれておりますが、

「少林寺拳法」は日本発祥の武道です。
少林寺の武術は、「少林拳」です。

ちなみに少林寺拳法の本部は、香川県多度津町だったと思います。(2018/08/10 11:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外のクラウドサーバーに データを預けると、企業秘密がその国に筒抜けになりかねない。

太田 大州 富士通シニアエバンジェリスト