• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

FINANCIAL TIMES テスラのトレーラー、充電に4000戸分の電力必要

レビュー

とても参考になった
 

70%

まあ参考になった
 

27%

参考にならなかった
 

2%

ぜひ読むべき
 

71%

読んだほうがよい
 

22%

どちらでもよい
 

5%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

>この記事で重要なのは、30分で充電できるだけの電圧を掛けても、車の充電池が劣化しないという点です。

諸外国では単純に複数の充電器を同時に使う事で大電流の急速充電をまかなう例があります。
なので、技術的にはどれだけ大きな充電池でも急速充電は可能でしょう。
インフラ側にキャパシタ等で蓄電して置く事も可能でしょう。
ただ、太陽電池を使うにしても、利用される電気量×安全率分を常時用意しておかないといけない事に変わりはないです。
現状では内燃機だけを搭載するより、シリーズ化したパワーユニットを使うのが一番効率が良いようで、ピュアEVは電池のエネルギー密度がもっと改善されない限り内燃機を置き換えるのは難しいでしょう。
忘れがちですが、モータは内燃機より本来自動車向きのパワーユニットです。
ゼロ発進時のトルク等は内燃機よりはるかに太いですから、加速性能はダンチですし、制御性も非常に高いです。
これで、エネルギー密度と急速充放電による劣化さえ改善されればいいのですが。

あと、「テスラが燃える」事故が0になると良いのですが。(2018/05/01 18:31)

隠し撮りの猛者が撮影した動画によると端子数が9。おそらく400kW x 4系統 = 1600kWなのではないか。記事の予測のようにバッテリーを4つの群に分けて別々に同時充電するイメージではないかと。

子会社(製造はパナ)から調達するソーラーパネルで作るメガソーラーで発電し、2,3日分の電力を貯められる蓄電池システム、10台以上のメガチャージャーでひとつのメガ充電所を構成。そして送電に高圧直流送電技術を用いることで間の直交・交直変換を廃したシームレスな連携でコスト削減+効率向上を狙う。

以上、個人的な憶測。(2017/12/12 05:30)

E.マスクは電力事業もやっているから、これもその金儲けの戦略の一端に過ぎないでしょ。
彼は稀代の戦略家だとは思う。金儲けのね。
実質的にはまだ何も完成していないに等しいのに、既に億万長者。(2017/12/11 17:52)

EVEVと言っても、エネルギー保存の法則は覆しようがありません
電気の使用量が増えれば、化石燃料や原子力の比率は飛躍的に高まる訳で
再生エネルギーでは到底賄いきれないのは現在の電気使用状況から明らかでしょう

はっきり言って
一部の人間がEVを使用する状況と、大多数の人間がEVを使用する状況は
根本的にモデルが違う訳です
箱庭で通用するから実際の都市でも通用するなんて事は有るはずが無い

その時になって誰が責任を取るんでしょうか
当然、テスラは逃げますよ
自動運転とか言って、実際の事故では人間に責任を押しつけた会社ですよ
いい加減、金儲けの投資の夢世界から現実に戻ってもいいのではないでしょうかね(2017/12/09 17:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

命令や恫喝では人は動かせません。

関家 一馬 ディスコ社長兼CEO