• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ZOZO球団構想を球界改革の機会に

新規参入には「富の分配」が不可欠

2018年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年7月、アパレル通販サイト「ZOZOタウン」を運営する株式会社ZOZOの前澤友作さんがツイッターを通じてプロ野球の球団経営への意欲を明らかにしたことを覚えている方も少なくないと思います。同氏は「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」として、新球団への意見を広く募りました。

プロ野球団の経営に意欲をみせるZOZOの前澤友作さん(写真:ロイター/アフロ)

 これに刺激される形で、プロ野球の球団数を現在の12から16に増やす「16球団構想」がまた世間を賑わすことになりました。16球団構想は、2014年にも自民党の日本経済再生本部が作成した「日本再生ビジョン」の中で地域活性化の起爆剤として提案され、物議を醸した経緯があります。

 野球協約では新規球団は参入希望シーズン前年の11月30日までに実行委員会およびオーナー会議の承認を得る必要があるため、残念ながらZOZOの来季からの球界参入の可能性はなくなりました。とはいえ、将来的に16球団構想がまた注目される時が来るかもしれません。いい機会ですので、今回のコラムでは球団増設(エクスパンション)を行う前提として長期的視野からの球界発展のために整えておく必要のある施策を整理してみようと思います。

球団が倍増したMLB、変わらぬ日本プロ野球

 アメリカン・リーグとナショナル・リーグの合併により1901年に設立された米メジャーリーグ(MLB)は、その後約半世紀に渡り(1952年まで)新規参入も球団移転もない「16球団安定期」を過ごします。その後、6回のエクスパンションの実施により球団数を徐々に増やし、1998年に現行の30球団体制になりました。

 一方、日本のプロ野球(NPB)は、1957年に高橋ユニオンズが大映スターズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に吸収合併されて以来、60年以上に渡り現行の12球団体制が維持されています。経済成長を取り込みながら野球マーケットを着実に拡大し、球団数を増やしていったMLBとはいささか対照的です。こうした背景もあり、日本でも球団数を増やすことで野球市場を拡大できるのではないかというのが、エクスパンション推進派の考えでしょう。

 ところで、人口約3億2570万人の米国の名目GDP(国内総生産)は19.5兆ドル(2017年)。一方、人口約1億2680万人の日本の名目GDPは4.9兆ドルですから、GDPでざっくり比較した場合、日本対米国は1:4の比率になっています。少々乱暴ですが、国力から考えると米国(MLB)30球団に対して日本(NPB)12球団というのは、むしろ球団数として多すぎると見ることもできます。

 しかし、米国には二軍に当たるトリプルA球団から、八軍に当たるルーキー球団まで7つの階層に260以上のマイナー球団が存在します。さらに、MLBと提携関係にない独立リーグが8つもあり、その傘下に60以上の球団が存在します。

コメント3件コメント/レビュー

米国MLBと日本NPBの違いや、他球技の例えばサッカー(Jリーグ)やバスケット(Bリーグ)とプロ野球との違いを何となく感じます。
NPBのチーム数拡張は面白い発想ですが、今の12球団だからある程度拮抗したゲームが観られる気もします。(今季は優勝チームと他チームでゲーム差開きましたが)。
異論を述べて申し訳ありませんが、有力選手が分散してチームや試合の質・レベルが下がらないか心配されます。(2018/12/08 02:21)

オススメ情報

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「ZOZO球団構想を球界改革の機会に」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国MLBと日本NPBの違いや、他球技の例えばサッカー(Jリーグ)やバスケット(Bリーグ)とプロ野球との違いを何となく感じます。
NPBのチーム数拡張は面白い発想ですが、今の12球団だからある程度拮抗したゲームが観られる気もします。(今季は優勝チームと他チームでゲーム差開きましたが)。
異論を述べて申し訳ありませんが、有力選手が分散してチームや試合の質・レベルが下がらないか心配されます。(2018/12/08 02:21)

MLBでは当たり前の収益分配制度ですが、日本では巨額の権益を失う巨人などの反対により、長らく実現できていません。

収益を失う巨人側からすれば当然の話ですが、ここに興味深い話があります。

サッカースペインリーグでは、2大クラブ(レアルマドリード、FCバルセロナ)のみに莫大な放映権料が入る仕組みを維持してきましたが、その結果、クラブの戦力差が拡大し、リーグとしての魅力が薄れてしまいました。

一方、格差をなくす分配方式を採用しているプレミアリーグは放映権料が高騰、下位チームでもスペインの2大クラブと遜色ないレベルの収入が得られるようになりました。

NPB全体の収入が伸び悩む一方、MLBが収入を7倍に伸ばしていることを考えると、NPBの一匹狼方式とMLBの護送船団方式のどちらにメリットがあるか、答えは既に出ているのではないでしょうか。(2018/12/07 14:00)

本記事の趣旨には全面的に同意します。ただ、事例として取り上げているピッツバーグについて、「ピッツバーグ市の人口は約30万人で、日本で言えば秋田市や那覇市などと同じような規模の都市」という比較の記述はいただけません。ピッツバーグは単独の都市人口ではたしかに約30万人ですが、ウィーリングぐらいまでを含む都市圏人口は260万ぐらいあります。逆に、那覇も都市圏人口ですと約80万人、本島全体で約130万人あります。

私は沖縄県民ではないですが、もしNPBで収益再分配が機能しエクスパンションチームを作る機運になったら、是非那覇に新チームができると良いのではと考える次第です。NFLのグリーンベイのように、小都市ながら熱烈な地元ファン層を中心に成立するチームが増えれば良いなと思います。(2018/12/07 12:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長