• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー

2018年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年の大晦日は、紅白歌合戦を見なかった。

 感想を求めるタイプの仕事の発生に備えて、一応、録画予約はしておいたのだが、その録画も未見のままだ。おそらく、この先も見ることはないだろう。

 経験上、1週間以内に再生されなかった録画の99%は一生涯視聴されない。

 というのも、録画予約は、録画した番組を視聴するための予備動作であるよりは、放送中の番組をリアルタイムで見ないことを自分に納得させるための手続きみたいなものだからだ。かくして、われら21世紀のテレビ視聴者は、配信されている映像作品を視聴することによってではなく、録画済みの未視聴番組をファイルとして蓄積することで満足感を得る、読まない蔵書家みたいなものに変貌している。この先10年もすれば、録画やファイリングという旧世代による指しゃぶり行動も廃れて、コモディティ化したオンデマンドの動画素材に対して、誰も飢餓と欲望を抱いていないウソみたいにクールな時代がやってくるのだろう。

 それでも、例年、紅白歌合戦については、自分が日本人であることの最後の砦を守るみたいな気持ちで、飛ばし飛ばしにではあっても、なんとかリアルタイムで見ることを自らに課していたのだが、いよいよ私も本格的に浮世離れしはじめたようで、今回は、あっさりと見過ごしてしまった。

 2017年の最後の夜は、DropBoxの中に散逸して行方不明になったいくつかの画像ファイルを捜索しているうちに、いつの間にか過ぎ去っていた。

 まあ、成果の乏しかった一年にふさわしい年越しだったと言えばその通りで、当方としては、なんとも申し上げようがない。

 その、一年の最後の日の夜に配信された番組のひとつが、年明けになって炎上している。
 現在は、炎上がひとまわりして、騒いでいた人たちがわれに返って沈黙している段階だ。

 つまり、炎上そのものは既に沈静化したと言っていいわけで、振り返るには良いタイミングだ。
 ということで、今回は、大晦日に放送された炎上案件についてあらためて考えてみることにする。

 炎上したのは、31日の夜に日本テレビ系列で放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』という番組の中の一コーナーだ。

 実を言うと、今回とりあげるつもりでいる「ベッキータイキック(タレントのベッキーさんに対する、タイ式ボクシングのボクサーによる回し蹴り)」案件とは別に、もうひとつ、出演者の一人である浜田雅功さん(以下出演者については敬称を省略いたします)が、映画「ビバリーヒルズコップ」のコスプレとして、顔を黒塗りにして登場したことが、別の文脈で炎上している。この件に関しても、個人的に色々と思うところがないわけでもないのだが、話題の拡散を防ぐ意味で、今回はスルーしておく。また別の機会に書くことがあるかもしれない。

コメント102件コメント/レビュー

嫌なら見るなとか、昔のお笑いよりもマシ、とか、お笑いだからとか、見当違いです。「は?何言ってんの?知らねー。だって自分にはカンケーねーし」って思うんでしょうか。ひと昔前の個人主義?
こういう笑いって擁護しちゃいけないよな。正当な暴力ってどうなの?子供見てるんだよ。とは思わないですかね?

ニュースになった22歳アメリカ人ユーチューバーが、日本滞在時に撮った日本をバカにした映像見ましたか? ああいうのも、笑いととるんでしょうか。 私は不快感しかなかったんですけどね。彼のサイトに広告を出してるスポンサーも軽蔑したくなります。金もうけとか、出世のために何やっても良いってことはないから。そういうのって、視聴者が発信するしかないと思うんだけどな。(2018/01/26 11:32)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

嫌なら見るなとか、昔のお笑いよりもマシ、とか、お笑いだからとか、見当違いです。「は?何言ってんの?知らねー。だって自分にはカンケーねーし」って思うんでしょうか。ひと昔前の個人主義?
こういう笑いって擁護しちゃいけないよな。正当な暴力ってどうなの?子供見てるんだよ。とは思わないですかね?

ニュースになった22歳アメリカ人ユーチューバーが、日本滞在時に撮った日本をバカにした映像見ましたか? ああいうのも、笑いととるんでしょうか。 私は不快感しかなかったんですけどね。彼のサイトに広告を出してるスポンサーも軽蔑したくなります。金もうけとか、出世のために何やっても良いってことはないから。そういうのって、視聴者が発信するしかないと思うんだけどな。(2018/01/26 11:32)

TVの番組を『倫理』で審判するBPO、放送倫理委員会は政府の機関ではないんだね。アメリカだと一応FCCという政府の機関があってこのような一方的暴力を見せしめにする番組は即停止。
まあ、倫理感=民度レベルでしょう。(2018/01/25 03:50)

お笑いというジャンルの中での「暴力」を歪曲されているようなので、確認しておきます。つっこみで相手の頭を叩く、アツアツのおでんを頬張る、熱湯に落とされる等は、いじめや暴力といった一方的な構図では成り立たななくて、全ては両社合意の元での演出じゃないのでしょうか。たぶん表情や間などで笑いのタイミングを計算してます。ベッキーが後にありがたかったと口述しているのも、こうなるであろう「笑いの約束」に乗っかったもので、当然仕掛ける側も彼女のキャラクターを踏まえての事と察します(例の件の後も何度かダウンタウンとは絡んでます)。それと暴力が禊という通過点だったと捉える観点も誤解されているように思います。やくざが指を詰める(痛みを負わすこと)で禊とする事と同一視しているような厭な違和感を感じます。同番組で山崎さんが見せる痛そうな顔で取る笑いは、決していじめる側がいじめられる側を見て笑うような卑屈な笑いを意図していないと思います。結局最後は不快に思うなら見るなになるんでしょうか。録画された紅白歌合戦のように。(2018/01/20 10:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私がじゃなくて、神様が見ても、 誰が見たって(リニアは)いけるんです。

葛西 敬之 東海旅客鉄道名誉会長