• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

司令官たちの戦争、僕らの働き方改革

2018年2月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今国会は「働き方改革国会」と位置づけられているのだそうで、なるほど、進行中の国会審議では、働き方改革関連法案をめぐる議論が行ったり来たりしている。

 現今の主たる争点は、政府がこれまで裁量労働制で働く人の労働時間について「一般労働者より短いデータもある」としていた国会答弁を、安倍晋三首相が撤回したところだ(こちら)。

 この問題を、時事通信は「データ誤用」という言葉を使って記事化している(こちら)。

 「データ誤用」の具体的な中身は、日刊ゲンダイのまとめではこのとおりだ。

-略- 同省(厚労省)は19日、根拠としたデータ(2013年度労働時間等総合実態調査)を精査した結果を公表。それによると、一般労働者の残業時間については、1カ月のうち「最も長い日」のデータに法定労働時間の8時間を単純に加えて1日の労働時間を算出した一方、裁量労働制は通常の1日の労働時間を用いて比較していたという。(ソースはこちら

 ということだ。つまり、二つの働き方を比べるにあたって、それぞれ前提の違うデータを持ち出して比較していたことになる。これは、悪意を疑われても仕方のないところだろう。

 日刊ゲンダイの記事はさらに、

-略- 塩崎恭久前厚労相は2015年7月の衆院厚労委、17年2月の衆院予算委でそれぞれ、〈厚生労働省自身の調査によりますと、裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、平均的な方で比べますと一般労働者よりも短いというデータもございまして、例えば一般の平均的な方が9時間37分働いていらっしゃいますが、企画業務型の裁量労働制の方は9時間16分ということで、約20分短いというデータもございます〉と答弁していた。 -略-

 と、3年前の国会審議から、一貫して同じデータが引用されていた点を指摘している。

 ともあれ、3年間にわたって引用され、議論の基礎となってきたデータ自体が「捏造」とは言わないまでも、明らかな「誤用」ではあったわけで、とすると、これまで積み上げてきた議論の前提自体が崩れてしまう事態は避けられない。

 前述のリンクにある日刊ゲンダイの記事では、

《-略- 野党6党が国会内で開いた合同会議では、厚労省の担当者が「異なるやり方で選んだ数値を比較したことは、不適切だった」と頭を下げた。 -略-》

 ことになっているが、これはアタマを下げればそれで済む問題ではない。

 ベースとなる説明のデータが「誤用」だったことがはっきりした以上、法案そのものをリセットするか、審議をゼロに戻すか、でなければ、今国会での法案の成立そのものを断念するのがスジだ。

 しかし、たぶんそんなことにはならない。
 法案は、間違いなく成立する。
 私はそう確信している。

 私が法案の成立を確信する理由は、表向きには、与党勢力が衆参両院においてともに過半数を超える議席を確保しているからなのだが、私の内心を圧迫している理由は、実は、それだけではない。

 個人的には、目先の議席数の多寡よりも、そっちの理由の方が本質的だと考えている。
 今回は、その話をする。

 私がなんとなく観察している範囲では、国会の議席数とは別に、世論は、政府の働き方改革の内容、というより気分を、大筋において支持している。

 気分というのは、働き方改革を働き方改革ならしめている設計思想の部分というのか、「日本の企業の収益力を高めるためには、労働者にある程度泣いてもらわなければならない」といった感じの、「割り切り」ないしは「切り捨て」の部分に、思いのほか広範な支持が集まっているように見える、ということだ。

コメント131件コメント/レビュー

問題は、ロックやお笑いが大勢に寄り添ってしまっていることではなく、
あまりにも、あまりにも反体制側がカッコ悪すぎるだけだと思う。

今の政権が強引でリスキーなのは良く分かってるが、
それに対抗すべき野党が比べようもなくひどすぎて、こんなカッコ悪い奴らになりたくない、と思われているのが、根本だろう。(2018/04/17 18:11)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「司令官たちの戦争、僕らの働き方改革」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

問題は、ロックやお笑いが大勢に寄り添ってしまっていることではなく、
あまりにも、あまりにも反体制側がカッコ悪すぎるだけだと思う。

今の政権が強引でリスキーなのは良く分かってるが、
それに対抗すべき野党が比べようもなくひどすぎて、こんなカッコ悪い奴らになりたくない、と思われているのが、根本だろう。(2018/04/17 18:11)

揶揄や嘲笑とは無縁の、”良質”な落語家さんたちもたくさんいます。そうした芸は、慎ましやかで、ほかの音にかき消されていってしまうのですね、、(2018/03/25 16:57)

小田嶋さんの提起されている視点は非常に大切だと感じ入りました。私は還暦を迎え、昔は頭で忌避していた「中庸」を見直す心持ちにもなってきています。どちらが正しくどちらが間違っているという白黒主義は社会問題においては解決にならない。何事にも「程度問題」がありますね。裁量労働制議論のデータの取扱いもそうですが、データ分析から真実に迫ることの重要性がますます高まっていると思います。いささかSFチックですが、AIが政策の最適化を図るなんて時代が来ても、ミクロには幸不幸(最大多数の最大幸福)がついて回りトリアージの必要性はなくならない。政策討論にあっては、今回議論するポイントは何かという同一の前提を双方が理解したうえで建設的な「非」白黒議論をすべきですね。国会議員の質が重要になりますが、有権者が正しく選べないならばAIも有りって未来もありえると思います。乱筆乱文ご容赦ください。(2018/03/06 17:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長