• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

政治ネタが減っているとお嘆きの諸兄へ

2018年3月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年にはいってから、あるいはもっと以前からなのかもしれないが、当欄では、リアルな政治の話題を、直接に扱うことをはばかっている。

 読んでいるみなさんは、特段にそういう印象を抱いていないかもしれないが、書いている当事者である私の側では「政治から距離を置いている」という自覚を持っている。

 理由は、簡単に言えば、めんどうくさいからだ。

 政治向きの話題は、それらについて観察を続けること自体がそもそもやっかいな作業であるわけなのだが、それ以上に、事実関係や背景を調べるのにいちいち煩瑣な手続きを求められる泥んこ仕事だったりする。記事として仕上げるのにもそれなりの手間がかかる。なにより読解力の低い読者や、狂犬みたいなアカウントからの定型的な反応に対応することが、死ぬほどめんどうくさい。

 そんなわけなので、多少気になるといった程度の話題には、自然と食指が動かなくなる。これは以前、自分でもこうなるだろうと予想していた事態で、まことによろしくない。

 一方で、政治の話題を遠ざけていると、コメント欄にその点を高く評価するご意見が思い出したように寄せられたりして、私としては、そこのところに微妙なひっかかりを感じている。

 「なるほど。オダジマが政治ネタ離れすることを喜ぶ読者層が一定数存在しているわけだな」

 と思うと、面白くないわけだ。
 ツイッターのアカウントにも、その種の反応が届く。

 要約すれば、

 「あんたは身辺雑記を書き飛ばしている限りにおいてはわりと読ませるライターだけど、政治向きの話題を扱うととたんにバカさ加減を露呈することになっているから、その点は自覚したほうがいいぞ」

 といった感じの見方を、わざわざ本人に伝えてくるアカウントが、定期的にあらわれるということだ。

 今回は、オダジマに政治の話題を書かせたくない人たちについて考えてみることにする。

 政権支持層の中に、反政権的ないしは反安倍的な記事やツイートを、とにかく全面的に排除しにかかる活動的な人々が含まれていることは、ずっと昔からはっきりしている。

 彼らの罵倒には慣れている。
 風物詩みたいなものだとすら思っている。
 なので、気になっているのはそこではない。

 私が、しばらく前から対応に苦慮しているのは、必ずしも安倍シンパだったり自民党支持層ではない集合の中に、私を政治的な話題から遠ざけようと試みる人たちが少なくないことだ。

 これは、実は、当欄のテキストを書く時にだけ感じている感覚ではない。

 とにかく私としては、私が多少なりともかかわっているあらゆる社会的な場面で、私とやりとりするすべての人々が、私の発言を穏当な範囲に誘導するべく粘り強くはたらきかけてきている感じを抱いている……と、こうやって自分のアタマの中にある考えを文字に起こしたものをあらためて読んでみると、まるっきりの被害妄想に見える。とすると、あるいは私は精神のバランスを失いはじめているのかもしれない。

 「あらゆる人間がオレを黙らせようとしている」
 「オレの思考回路を非政治的な話題に誘導するための秘密組織が暗躍している」

 とは、さすがに思っていない。

コメント77件コメント/レビュー

こんなに極端に悪意あるコメントやワンパターンの言葉遣いで非難するコメントが増えたのは、ここ一年くらいなのではと思う。

ユニークな視点とユーモアセンスがあるから現代のコラムニストとしては凄く貴重です。毎回楽しみにしております。(2018/03/15 22:36)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「政治ネタが減っているとお嘆きの諸兄へ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こんなに極端に悪意あるコメントやワンパターンの言葉遣いで非難するコメントが増えたのは、ここ一年くらいなのではと思う。

ユニークな視点とユーモアセンスがあるから現代のコラムニストとしては凄く貴重です。毎回楽しみにしております。(2018/03/15 22:36)

私は小田嶋さんの政治ネタ好きですし、
楽しみにしています。
そういう人のほうがたくさんいると思います。
執拗で、無礼コメントを書くことが生き甲斐な人達は極々一部でしょう(2018/03/15 18:55)

コメント増やすに苦労はいらぬ
政権批判でネトウヨぞろぞろ

>「政権支持層の中に、反政権的ないしは反安倍的な記事やツイートを、とにかく全面的に排除しにかかる活動的な人々が含まれている」
>これが左翼の勘違いで多い。

勘違いじゃないと思う。
政権批判の記事になると、世論調査で8割が政権に批判的なことでも、擁護コメントが8割になる。
量だけでなく、まず最初からいくつかののコメントは政権擁護のコメントである。
小田嶋エッセイを監視し、待ち構えていて、すばやく対応していることが非常に良くわかる。
ここのコメント欄を見てるだけでもネトサポの動員力のすごさに驚く。(2018/03/14 12:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問