• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 政治ネタが減っているとお嘆きの諸兄へ

レビュー

とても参考になった
 

70%

まあ参考になった
 

5%

参考にならなかった
 

23%

ぜひ読むべき
 

68%

読んだほうがよい
 

6%

どちらでもよい
 

25%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

こんなに極端に悪意あるコメントやワンパターンの言葉遣いで非難するコメントが増えたのは、ここ一年くらいなのではと思う。

ユニークな視点とユーモアセンスがあるから現代のコラムニストとしては凄く貴重です。毎回楽しみにしております。(2018/03/15 22:36)

私は小田嶋さんの政治ネタ好きですし、
楽しみにしています。
そういう人のほうがたくさんいると思います。
執拗で、無礼コメントを書くことが生き甲斐な人達は極々一部でしょう(2018/03/15 18:55)

コメント増やすに苦労はいらぬ
政権批判でネトウヨぞろぞろ

>「政権支持層の中に、反政権的ないしは反安倍的な記事やツイートを、とにかく全面的に排除しにかかる活動的な人々が含まれている」
>これが左翼の勘違いで多い。

勘違いじゃないと思う。
政権批判の記事になると、世論調査で8割が政権に批判的なことでも、擁護コメントが8割になる。
量だけでなく、まず最初からいくつかののコメントは政権擁護のコメントである。
小田嶋エッセイを監視し、待ち構えていて、すばやく対応していることが非常に良くわかる。
ここのコメント欄を見てるだけでもネトサポの動員力のすごさに驚く。(2018/03/14 12:52)

前から疑問に思っていたことがよく分かるコラムでした。
これからも遠慮なく書いてください。
コメントは匿名ですから、内容はともかく、結局は管理者のクリック一発でオール消去されるレベルのものです。
記事は署名ですから、その価値は違います。
多重アカウントっぽい似たようなコメントが多いのは、それだけ注目されている証拠です。遥さんのようにコメント禁止でない所がいいです。(2018/03/13 12:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授