• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

我々には外側が必要だ

2018年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 選手諸君がこの展開にいくぶん浮き足立ったかもしれないことを、私は責めない。

 というのも、遠く何千キロも離れた日本のテレビの前で画面を眺めていただけの一局外者である私にしてからが、思いがけない2得点の瞬間を目撃して、浮き足立つどころか、ほとんど中空を浮遊する霊魂となって後半の45分を観戦していたからだ。当事者に落ち着けというのはおよそ無茶な注文だ。

 で、有頂天になったからなのか、浮き足立ったからなのか、あるいはかえって静かな心になってしまったからなのか、理由はわからないが、とにかく、2つのゴールを決めたあとの30分ほどの間に、わたしたちの代表は、3つの失点を喫することになる。

 経過については詳しく述べない。
 分析もしない。
 わかるはずがないからだ。

 というのも、私は、ただただ嬉しさと誇らしさに浮かれて有頂天になって、そのすぐ後に悲しみと悔しさと落胆の底に沈み込み、そのまたしばらく後に気を取り直して、とにかく自分をここまで夢中にさせてくれた代表選手に感謝の気持ちを抱くに至っているというだけで、得点経過や戦術を分析できるような観戦のしかたはついぞできなかったからだ。

 とにかく、私としては、選手諸君に感謝の気持ちを伝えたい一心でこの原稿を書いている。その他のことは余談に過ぎない。

 試合が終了した後、実況アナの言葉を聴いて我に返った。

 実況アナウンサー氏は、試合後のピッチを選手たちが引き上げるなか、インタビュー取材の映像と音声がはいってくるまでの間、日本代表の今大会での活躍をたたえ、その戦いぶりを振り返る話で、時間をつないでいた。

 そのとりとめのない時間つなぎの語りのなかで、彼は、今回の代表チームの成り立ちについて

「監督が代わってオールジャパンで挑んだ今大会です」

 と言ったのだ。

 私は、この時の言葉をとらえて、

NHKのアナウンサー「監督が代わってオールジャパンで挑んだワールドカップ」っていう言い草はないんじゃないか?

 というツイートを書き込んだ。

 このツイートには60件ほどのリプライ(返事)が返されてきた。
 リプライの中には、3割ほど、私の考え過ぎをたしなめる主旨のものが含まれている。

 つまり、アナウンサーが、単に一丸となって戦っている日本代表の気持ちを描写する意味で、なんとなく使った「オールジャパン」という言葉を、ことさらに外国人排斥の意味にとらえたオダジマの読解の仕方がひねくれているのであって、普通にあの言葉を聴いていた人は、特に抵抗を感じなかったはずだという主張だ。

 たしかに、実況アナ氏は、私が引用した言葉のすぐ後に

 「長友は、いまはチームが一つになっている。いまが一番いい状態ではないかという話をしていました」

 「われわれにもチームの一体感は、ほんとにこの4試合伝わってきました」

 と言っている。

 とすれば、彼の言っていた「オールジャパン」という言葉のニュアンスは、「日本国籍を持っている日本人だけで構成されている、混じりけのない日本人だけのチーム」ということではなく、「日本の力を結集してみんなで頑張る日本代表」といった程度の意味で言っただけの言葉だったと考えた方が自然だろう。

 だとすれば、アナウンサー氏の言葉に対して

つまりアレか? 監督が外国人だとオールジャパンじゃないという認識なわけか?

 という反応をしたオダジマの感覚が、むしろ過剰反応だったということでもある。

 この点は、ご指摘の通りだ。
 私は、過剰反応していたようだ。
 ただ、私が過剰反応してしまったことには、それなりの理由がある。

コメント86件コメント/レビュー

小田嶋さんの主張は、良く判りました。いつも、書かれている内容とほぼ同じと受け止めます。
しかしながら、ハリル前監督の解任は正しい判断だったと、私は解任直後から思っています(と言うより、2年ぐらい前からズーと監督を早く変えるべきと思っていました)。ハリル前監督は、確かにW杯出場の切符は手に入れましたが、彼が志向(嗜好)しているフットボールは、黒人や白人には向きますが、日本人に向くフットボールでは明らかに有りません。ハリル前監督が主張していたように、デュエルはもちろん必要。しかしながら、向かないフットボールをして、同じ土俵でアジア圏以外のチームとやって勝てる確立は非常に少ない。代表監督は国籍にこだわる必要は無いとは思いますが、日本人の体質・気質・特徴を良く知っている監督にするべきです。
 根本的には、Jリーグ以下の国内のフットボール環境を変える事をJFAはやるべきと思います。①パススピードを今の1.3倍~1.5倍にする。②J1・J2において、敵陣では基本を、ワンタッチプレーに限定する。③接触プレーでのフリーキック・イエローカード・レッドカードの数を前年比で半分にする(逆に、すぐに倒れる選手にはイエローカードを出す):レフリーが大変になりますが。
このくらい非常識なことをやって、各選手の基礎能力を今一歩引上げないと、戦術以前に世界一になれるとは思えません。色々な戦術については、当然・別途の訓練が必要ですが、日本人の特徴を生かすスキルアップの為には、この様な非常識なことを行わないと、日本全体のレベルアップには繋がらないと覆います。
 最後に、田嶋幸三会長の監督交代の決断は大いに支持しますが、判断が非常に遅いのと、説明責任を果たしていない事は、典型的な日本型組織の典型だと思っています。最低限、説明責任として「ハリル前監督の能力のが劣っていたので解任した」ときちんとした説明をすべきだったと思っています。(2018/07/11 17:47)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「我々には外側が必要だ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小田嶋さんの主張は、良く判りました。いつも、書かれている内容とほぼ同じと受け止めます。
しかしながら、ハリル前監督の解任は正しい判断だったと、私は解任直後から思っています(と言うより、2年ぐらい前からズーと監督を早く変えるべきと思っていました)。ハリル前監督は、確かにW杯出場の切符は手に入れましたが、彼が志向(嗜好)しているフットボールは、黒人や白人には向きますが、日本人に向くフットボールでは明らかに有りません。ハリル前監督が主張していたように、デュエルはもちろん必要。しかしながら、向かないフットボールをして、同じ土俵でアジア圏以外のチームとやって勝てる確立は非常に少ない。代表監督は国籍にこだわる必要は無いとは思いますが、日本人の体質・気質・特徴を良く知っている監督にするべきです。
 根本的には、Jリーグ以下の国内のフットボール環境を変える事をJFAはやるべきと思います。①パススピードを今の1.3倍~1.5倍にする。②J1・J2において、敵陣では基本を、ワンタッチプレーに限定する。③接触プレーでのフリーキック・イエローカード・レッドカードの数を前年比で半分にする(逆に、すぐに倒れる選手にはイエローカードを出す):レフリーが大変になりますが。
このくらい非常識なことをやって、各選手の基礎能力を今一歩引上げないと、戦術以前に世界一になれるとは思えません。色々な戦術については、当然・別途の訓練が必要ですが、日本人の特徴を生かすスキルアップの為には、この様な非常識なことを行わないと、日本全体のレベルアップには繋がらないと覆います。
 最後に、田嶋幸三会長の監督交代の決断は大いに支持しますが、判断が非常に遅いのと、説明責任を果たしていない事は、典型的な日本型組織の典型だと思っています。最低限、説明責任として「ハリル前監督の能力のが劣っていたので解任した」ときちんとした説明をすべきだったと思っています。(2018/07/11 17:47)

「コックリさんみたいな意思決定」に笑いました。
ベルギー戦は残念でしたね。
試合後、インタビュアーが西野監督に「日本らしいサッカーを見せられたと思います。日本らしいサッカーとはどんなものですか」みたいなことを言っていてズッコケました。
まるで「あなたはソクラテスみたいですね。ソクラテスとは誰ですか」みたいな自己矛盾。
日本ニッポンにっぽんNIPPON、うるさいっちゅーの。
オダジマさん同様、次の監督には、Air-Breaking Coach(ABC)を望みます。(2018/07/11 11:50)

(2018/07/09 15:37)
ナニをいっているのかな?
アナウンサーは、お知らせするのが仕事、声や喋りの質が大事だと思います。

>教養が乏しい人が増えた。ものを知らない。よって、表現が稚拙で仕方がない。

これは、必ずしも責められない。

原稿を用意する方と、聞く方のレベルがそれなりだと言う事だろう?
アナウンサーにコメンテーターや解説者の仕事をさせるのはどうかと思うし
コメンテーターや解説者としてのレベルを批判するが、そういうの使う局側が悪いわ。

ニュースとかでも変に知識も無い所に感情的な問題だけで感想を話させるのやめろと
解説者とか使っても御用解説者を使った煽りや印象操作するばかりで
本当の意味で解説したり、視聴者のレベルを上げるようなことはしない。(2018/07/10 21:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長