日本時間7月3日の未明に行われたサッカーのFIFAワールドカップ(以下W杯)決勝トーナメント第1戦、日本代表vsベルギー代表のゲームは、読者諸兄もすでにご存知の通り、3対2のスコアで、ベルギー代表の勝利に終わった。

 残念な結果だが、力及ばずとはいえ、見事な戦いぶりだった。
 まずは、力を尽くしてくれた代表選手ならびに監督をはじめとするチームスタッフの労をねぎらいたい。

 今回もサッカーの話につきあっていただくことになる。

 特段に大音声で呼ばわりたい主張があるわけでもないのだが、ほかにまとまったことが考えられないのだからしかたがない。大会が終わるまでの間、いましばらくのご辛抱をお願いしたい。

 大会前の時点での正直なところを述べるに、私は、日本代表の戦いぶりについて、3連敗でグループリーグを去ることもあり得ると考えていた。

 特に、コロンビア代表に対しては100%勝てないだろうと踏んでいた。
 結果は、ご案内の通り。わがチームの完勝だった。
 ひとことで言って、完全な私の認識不足だった。
 私は自分の国の代表チームの底力を見誤っていた。
 各方面におわびを申し上げたい。

 今大会を通じて、私が見誤っていたのは日本代表のチーム力だけではない。ほかの国の代表チーム同士の試合も、ほとんど神秘的なほどに予想を違えている。

 戦前に抱いていた予想と、現実に残されたゲームのスコアを見比べてみてあらためて思うのは、自分がFIFAランキングという、過去の戦績から機械的に算出しただけの数値を絶対視しているそこいらへんのド素人に過ぎなかったということだ。

 データ重視がどうしたとか、エビデンスがハチのアタマだとか、聞いたふうなことを言い散らして歩いている人間のほとんどすべてがそうであるように、私もまた、世間の多数派が唱える通説に従っているだけの哀れな風見鶏だった。

 別の言葉で言えば、私は無定見な権威主義者だったということだ。

 よって、強豪と言われているチームの実績と貫禄にただただひれ伏すばかりの、卑屈にして独立心を欠く私の予測は、新しいゲームがスコアを記録する度に、毎度裏切られなければならなかった。

 日本対ベルギーのゲームがはじまる前にも、私は、韓国がドイツを倒し、フランスがアルゼンチンを下し、ロシアがスペインを突き放す様子を、唖然としながら見送っていた。

 どの結果も、私の予断の逆を行っていた。
 それでもなお私は、わが日本代表がベルギーに勝つ可能性を考えなかった。
 なにしろ相手は、FIFAランキング世界第3位のスター軍団だ。
 引き比べてわれらはアジアの小天狗に過ぎない。
 戦うまでもなく結果はわかりきっているじゃないか、と、かように考えていた。

 で、できれば2-0くらいまでの恥の少ないスコアで舞台を去れたら上出来であろうなどという罰当たりな祈りを胸に、ゲーム前の仮眠に沈んでいたのである。

 自国の期待を背負って戦いに臨む誇り高い選手たちがひとたび芝の上に立てば、FIFAランキングが示唆する数字は、たいした意味を持たない参考資料に化けてしまう。このことを、今大会の20試合ほどの結果を通じて、あれほど何度も思い知らされていたにもかかわらず、それでもなお私は、過去の幻影に囚われていたわけだ。

 反省せねばならない。

 試合のホイッスルが鳴ってみると、われらが代表チームは、ほとんどまったく相手に引けをとらない堂々たるボール回しで前半をスコアレスのまま折り返した。

 そして、後半に入るや、焦りを見せて攻め急いだベルギーのスキを突くカタチで、カウンターから望外の2点を奪ってみせたのである。

 なんと。
 ベルギーから2点だ。
 私は平常心を失った。

バックナンバー

著者プロフィール

小田嶋 隆

小田嶋 隆

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

76%

まあ参考になった
 

7%

参考にならなかった
 

16%

ぜひ読むべき
 

74%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

20%

いただいたコメントコメント86件

小田嶋さんの主張は、良く判りました。いつも、書かれている内容とほぼ同じと受け止めます。
しかしながら、ハリル前監督の解任は正しい判断だったと、私は解任直後から思っています(と言うより、2年ぐらい前からズーと監督を早く変えるべきと思っていました)。ハリル前監督は、確かにW杯出場の切符は手に入れましたが、彼が志向(嗜好)しているフットボールは、黒人や白人には向きますが、日本人に向くフットボールでは明らかに有りません。ハリル前監督が主張していたように、デュエルはもちろん必要。しかしながら、向かないフットボールをして、同じ土俵でアジア圏以外のチームとやって勝てる確立は非常に少ない。代表監督は国籍にこだわる必要は無いとは思いますが、日本人の体質・気質・特徴を良く知っている監督にするべきです。
 根本的には、Jリーグ以下の国内のフットボール環境を変える事をJFAはやるべきと思います。①パススピードを今の1.3倍~1.5倍にする。②J1・J2において、敵陣では基本を、ワンタッチプレーに限定する。③接触プレーでのフリーキック・イエローカード・レッドカードの数を前年比で半分にする(逆に、すぐに倒れる選手にはイエローカードを出す):レフリーが大変になりますが。
このくらい非常識なことをやって、各選手の基礎能力を今一歩引上げないと、戦術以前に世界一になれるとは思えません。色々な戦術については、当然・別途の訓練が必要ですが、日本人の特徴を生かすスキルアップの為には、この様な非常識なことを行わないと、日本全体のレベルアップには繋がらないと覆います。
 最後に、田嶋幸三会長の監督交代の決断は大いに支持しますが、判断が非常に遅いのと、説明責任を果たしていない事は、典型的な日本型組織の典型だと思っています。最低限、説明責任として「ハリル前監督の能力のが劣っていたので解任した」ときちんとした説明をすべきだったと思っています。(2018/07/11 17:47)

「コックリさんみたいな意思決定」に笑いました。
ベルギー戦は残念でしたね。
試合後、インタビュアーが西野監督に「日本らしいサッカーを見せられたと思います。日本らしいサッカーとはどんなものですか」みたいなことを言っていてズッコケました。
まるで「あなたはソクラテスみたいですね。ソクラテスとは誰ですか」みたいな自己矛盾。
日本ニッポンにっぽんNIPPON、うるさいっちゅーの。
オダジマさん同様、次の監督には、Air-Breaking Coach(ABC)を望みます。(2018/07/11 11:50)

(2018/07/09 15:37)
ナニをいっているのかな?
アナウンサーは、お知らせするのが仕事、声や喋りの質が大事だと思います。

>教養が乏しい人が増えた。ものを知らない。よって、表現が稚拙で仕方がない。

これは、必ずしも責められない。

原稿を用意する方と、聞く方のレベルがそれなりだと言う事だろう?
アナウンサーにコメンテーターや解説者の仕事をさせるのはどうかと思うし
コメンテーターや解説者としてのレベルを批判するが、そういうの使う局側が悪いわ。

ニュースとかでも変に知識も無い所に感情的な問題だけで感想を話させるのやめろと
解説者とか使っても御用解説者を使った煽りや印象操作するばかりで
本当の意味で解説したり、視聴者のレベルを上げるようなことはしない。(2018/07/10 21:33)

コメント(86件)を読む/書く