• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 我々には外側が必要だ

レビュー

とても参考になった
 

76%

まあ参考になった
 

7%

参考にならなかった
 

16%

ぜひ読むべき
 

74%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

20%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

小田嶋さんの主張は、良く判りました。いつも、書かれている内容とほぼ同じと受け止めます。
しかしながら、ハリル前監督の解任は正しい判断だったと、私は解任直後から思っています(と言うより、2年ぐらい前からズーと監督を早く変えるべきと思っていました)。ハリル前監督は、確かにW杯出場の切符は手に入れましたが、彼が志向(嗜好)しているフットボールは、黒人や白人には向きますが、日本人に向くフットボールでは明らかに有りません。ハリル前監督が主張していたように、デュエルはもちろん必要。しかしながら、向かないフットボールをして、同じ土俵でアジア圏以外のチームとやって勝てる確立は非常に少ない。代表監督は国籍にこだわる必要は無いとは思いますが、日本人の体質・気質・特徴を良く知っている監督にするべきです。
 根本的には、Jリーグ以下の国内のフットボール環境を変える事をJFAはやるべきと思います。①パススピードを今の1.3倍~1.5倍にする。②J1・J2において、敵陣では基本を、ワンタッチプレーに限定する。③接触プレーでのフリーキック・イエローカード・レッドカードの数を前年比で半分にする(逆に、すぐに倒れる選手にはイエローカードを出す):レフリーが大変になりますが。
このくらい非常識なことをやって、各選手の基礎能力を今一歩引上げないと、戦術以前に世界一になれるとは思えません。色々な戦術については、当然・別途の訓練が必要ですが、日本人の特徴を生かすスキルアップの為には、この様な非常識なことを行わないと、日本全体のレベルアップには繋がらないと覆います。
 最後に、田嶋幸三会長の監督交代の決断は大いに支持しますが、判断が非常に遅いのと、説明責任を果たしていない事は、典型的な日本型組織の典型だと思っています。最低限、説明責任として「ハリル前監督の能力のが劣っていたので解任した」ときちんとした説明をすべきだったと思っています。(2018/07/11 17:47)

「コックリさんみたいな意思決定」に笑いました。
ベルギー戦は残念でしたね。
試合後、インタビュアーが西野監督に「日本らしいサッカーを見せられたと思います。日本らしいサッカーとはどんなものですか」みたいなことを言っていてズッコケました。
まるで「あなたはソクラテスみたいですね。ソクラテスとは誰ですか」みたいな自己矛盾。
日本ニッポンにっぽんNIPPON、うるさいっちゅーの。
オダジマさん同様、次の監督には、Air-Breaking Coach(ABC)を望みます。(2018/07/11 11:50)

(2018/07/09 15:37)
ナニをいっているのかな?
アナウンサーは、お知らせするのが仕事、声や喋りの質が大事だと思います。

>教養が乏しい人が増えた。ものを知らない。よって、表現が稚拙で仕方がない。

これは、必ずしも責められない。

原稿を用意する方と、聞く方のレベルがそれなりだと言う事だろう?
アナウンサーにコメンテーターや解説者の仕事をさせるのはどうかと思うし
コメンテーターや解説者としてのレベルを批判するが、そういうの使う局側が悪いわ。

ニュースとかでも変に知識も無い所に感情的な問題だけで感想を話させるのやめろと
解説者とか使っても御用解説者を使った煽りや印象操作するばかりで
本当の意味で解説したり、視聴者のレベルを上げるようなことはしない。(2018/07/10 21:33)

今回の日本代表は「世界を知っている選手が数多くいる」ことで外からの視点が確保されていました。この状態が続くなら、監督が外国人である必要はありません。
日本代表としてどのようなサッカーを目指すのか、というところをきちんと検証した上で、それを実現できる方なら、国籍は関係ありません。日本人でも外国人でもいいと思います。
「でなければならない」という固定観念は捨て去るべきかと思います。
今回の主要先発メンバーは、海外のトップリーグで活躍しているメンバーであり、それこそ世界でもまれているメンバーです。彼らを生かせないメンバーの選択、戦術、フォーメーションを頑固に押し通そうとする監督であれば、日本人だろうが外国人だろうが失格でした。
(若い世代を育てるためのワールドカップなんてありません。本当に世界で戦って、きちんと力がある選手がでるべきです。育てるのは、ワールドカップ以前の問題です。
その上に、さらに、選手それぞれの戦う気持ち、デュエル、走りぬく気持ち、そういったものが重なって、あの結果を生んでいると思います。)
まずは、世界で戦える選手をもっと増やすこと、そしてそれらの選手を生かせる選手選考、そして彼らが戦える環境を整え、戦術オプションをそろえられる監督、なかなかいないかもしれませんが、探してほしいです。ビッグネームならよいというわけではないですし、本当に今名前が出ている人がそういうことができる人かどうか、協会はきちんと見極めてほしいです。(2018/07/10 07:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長