• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

建前の価値はそこにある

2018年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 複数の省庁が障害者の雇用率を水増ししていたことが発覚した。

 報道によれば、水増しは複数の省庁で42年間にわたって行われていた大掛かりなものであったのだそうだ(こちら)。

 「久しぶりに出くわしたとんでもないニュースだ」

 と言いたいところなのだが、残念なことに、ニュースの受け手としての私のとんでもなさへの感受性は、順調に麻痺しつつある。

 私は驚かなかった。
 「まあ、そういうこともあるのだろうな」
 と思いながら記事を読み終えた。

 そして、その自分自身のクールな受け止め方と不人情さに、いくばくかの後ろめたさを感じている次第だ。

 42年間にわたって、複数の省庁が障害者雇用率の数値を偽って報告していたことは、これは、何度強調しても足りないことだが、実にとんでもない驚天動地の醜行だ。
 が、その一方で、私たちは、その、おそらくかなり数多くの関係者が感知し得ていたはずの事実について、ずっと知らん顔をしていた当事者でもある。

 42年間も発覚しなかったということは、「巧妙に隠蔽されていた」とか、「関係省庁が全力を挙げて秘密の保持に心を砕いていた」というようなスジのお話ではない。この間の経緯は、どちらかといえば、「公然の秘密」として見てみぬふりをされてきた前提だったことを物語るもので、つまるところ、われわれは、その種のごまかしを半ば「常識」として容認してきたのだ。

 実際
 「そりゃ、お役所だって、きょうびそんなにのんびりした職場じゃないわけだしさ」
 てな調子で「冷徹」な見解をツイートする匿名の論客が活動しはじめている。
 そういうふうに「残酷」に受け止めてみせるのが、普通の人間の普通の感覚だと、彼らはテンから信じてやまない。

 彼らにしてみれば、障害者の排除に憤ってみせている「自称リベラル」こそが、「偽善者」の「お花畑」の「素敵なポエムを唱えていれば世界が素敵なファンタジーランドに変貌すると思い込んでいる夢想家」だというお話になる。

 彼らが想定している「あたりまえな世間」では、中学校の公民の教科書に載っているテの話をわざわざ持ち出すタイプの人間は、この世界のリアルと、教科書が教えていたお上品な建前の区別をつけることができない低能ぐらいな扱いになる。あるいは「おリベラル」「おサヨクさま」といった調子の尊称まじりの呼びかけ方で揶揄する対象に過ぎない。いずれにしても、マトモな人間としては扱われない。

 「あんたたちが学校の教室で吹き込まれてきた理念だの理想だのは、校門の外に出たら通用しないんだぜ」
 「な、いいかげんに学習してくれよ。学校の教室で勉強ができたという君たちのその栄光の物語は、卒業した時点でとっくに終わってるんだから」
 「そんなわけなんで、あんたらのその人権アヒャアヒャ踊りの輪は、どうか仲間うちだけで静かにやってくれるとうれしい。当方からは以上だ」

 ネット上に盤踞する冷笑系の空論家でなくても、われら一般国民にしたところで、役所の人事採用が額面通りに障害者に門戸を開いていないことに薄々気づいていながらそれを黙認していた人間たちではあるわけで、つまるところ、われわれは、駅のベンチにうずくまって苦しんでいる人のそばを通り過ぎる通勤客みたいな調子で、知らん顔をしていたのである。

コメント101件コメント/レビュー

毎日小学生新聞の、まっとうな記事に、感激いたしました。
しかし、どれだけの子供さんたちがこのような良質なメディアの薫陶を受けられているのか? むしろ、低劣な、ネトウョ言説が、影響力を持つのではないかと、しんぱいです。(2018/09/22 01:12)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「建前の価値はそこにある」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

毎日小学生新聞の、まっとうな記事に、感激いたしました。
しかし、どれだけの子供さんたちがこのような良質なメディアの薫陶を受けられているのか? むしろ、低劣な、ネトウョ言説が、影響力を持つのではないかと、しんぱいです。(2018/09/22 01:12)

杉田議員の話題を蒸し返すとは思いませんでしたが、あえて言えばあの報道は全体趣旨を捻じ曲げて「部分」を切り出した悪意ある報道だと感じています。
(もちろんふだんの言動がそのように思わせる物がありますが)

かつて「米百俵」が話題になったことがあります。
わずかな原資を広く皆で、今食いつぶしてしまうより、将来ある子供たちに教育を施すために集中的に【効率的に】使おう。という趣旨だと記憶しています。この考え方は大いに賛同を受けたのではなかったでしょうか。

杉田議員の主張はややバイアスがかかっているものの、限りある原資を将来の社会を担う子供を増やす施策に振り向けるべき。という趣旨に受け取っています。

ところで、ふと思い立って障害者と認定されている人は増えているのか減っているのか。人口比と連動しているのか。

検索して見て驚きました。http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h28hakusho/zenbun/siryo_02.html
この急激な増加はどうしたことなんでしょうか。
このままいったら国が滅びるレベルにすぐに到達することでしょう。
理由がわかりませんが、かつては助からなかった命を助けられる医療技術が進んだせいなのでしょうか?
それとも生きずらい社会構造がメンタルに影響した結果でしょうか。


蛇口から漏れる水をどこに溜めるのか。という議論より、早急に漏れる水を止めることを考えないと!

「アルジャーノンに花束を」映画にもTVドラマにもなったようですが、かつて小説を読みました。
そして、既に年金を受け取る世代になって、この小説を我事のように恐ろしく思い出しいています。
少しずつ自分の精神が滅んでいく恐怖。それを自覚する恐怖。(2018/09/15 15:25)

「「(2018/08/28 12:56)  > 総合的な生産性が低いから、社会的な弱者を助けたり支えたりする余裕がなくなっているんですよ。
それではお伺いいたします。GDPは上昇している。人口は減少している。なのになぜ貧困層、生活保護家庭は増加し続けるのですか?」」

この質問者の考えと、最初の意見の後半とは同じことを言っているように思うが。。。。
個人で助けろと言われたって、無理、政治の仕事でしょうと。。(2018/09/05 11:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社は大きくなるほど、 ダメになる確率が高いと思います。

池野 隆光 ウエルシアホールディングス会長