• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バックトゥザ1960年代

2018年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 関西方面から台風の被害を伝える映像が届けられている中、今度は、北海道を大きな地震が襲っている。

 適切な言葉が出てこない。
 天災は、説明できない。
 分析もできない。

 アナハイムでは大谷翔平選手の肘に新たな靭帯の部分断裂が発覚したらしい。
 このニュースもつらい。
 どう論評して良いのやら、見当がつかない。

 とにかく、災害の話題には触れないことにする。
 何ができるわけでもない以上、余計なことを言わずにおくことだけで精一杯だからだ。

 今回は、麻生さんの「名誉白人発言」(←いま命名しました)について考えたい。
 私はがっかりしている。  麻生さん個人に、というよりは、自分を含めた日本人全般に対して失望に似た感情を抱きはじめている。  とてもヘビーな気持ちだ。

 当該の発言を振り返っておく。
 朝日新聞によれば、経緯はこうだ。

《 麻生太郎副総理兼財務相は5日、盛岡市内で開かれた「安倍晋三自民党総裁を応援する会」で、「G7の国の中で、我々は唯一の有色人種であり、アジア人で出ているのは日本だけ」と述べた上で、「今日までその地位を確実にして、世界からの関心が日本に集まっている」と語った。日本以外のG7構成国にも様々な人種がおり、かつてはオバマ氏も米大統領としてG7サミットに参加していた。

 麻生氏は、リーマン・ショックの際も日本が国際通貨基金(IMF)に多大なお金を払って金融危機を乗り越えた、と主張し、日本が世界から注目されていると話した。そんな中、「問題はトランプの発言、行動。これに振り回されている」と述べる一方、トランプ米大統領の信頼を勝ち得たのが安倍氏だとして、総裁選での支持を訴えた。---略--- 》(ソースはこちら

 以上、文意を正確に伝えるべく長々と引用した。

 記事を読み終わって、驚愕した。
 いくらなんでも、21世紀のこの時代に、総理経験者でもある重要閣僚が、公の場所で「人種」をベースにした国家観をあからさまに開陳するとは思っていなかったからだ。

 記事の文体の冷静さというのか、そっけなさにも驚かされた。
 記者は、麻生さんの発言に論評を加えていない。
 発言の事実だけを伝えてパソコン(スマホかもしれませんが)を畳んでいる。
 まるで、政治家が飼っている犬について語ったことを伝えるみたいな、いかにも淡々とした調子で記事をしめくくっている。

 ここのところに、つまり、あえて一切の補足説明を省略したところに、書き手の強い決意のようなものを感じる。

コメント113件コメント/レビュー

 2018.9.13 金沢大学法学類教授 仲正昌樹氏のDOL特別レポートを拝見して 若年層の自民党支持の主な要因が理解できました。
1970年代中盤以降に生まれた人の大学時代にはすでに冷戦構造は終結しており、本格的なイデオロギー対決を目の当たりにして、熱くなるという経験をしておらず、高度成長やバブルの恩恵を受けたこともありません。加えて、具体的な見通しがないまま、正義の原理で社会の基本構造をいじると、ろくなことにならないという実例を民主党政権が作ってしまったことが、決定打になり、社会全体がいい方向に大転換する可能性がないのなら、せめて悪化させないよう現状維持し、自分の将来の生活を保障してほしいと思う。そう考える人がいまや社会の中核になっているということです。
そういった功利主義的なメンタリティーが最も強く反映されるのは、“経済政策”に対する評価です。アベノミクスが一定の効果を上げているかどうかについてはさまざまな議論がありますが、「経済学オタク」ではない普通の若者に関心があるのは、マクロ経済の分析ではなく、失業率や有効求人倍率、大卒者の就職内定率、官公庁や大企業の募集定員など、自分たちに直接、関係のある身近な指標の数字でしょう。
憲法や民主主義の大原則(理想)から多少、逸脱しても、政治は自分たちの生活や利益につながり、効率的に問題を処理してくれればいい、という功利主義的なメンタリティーを理解することにより、若年層が現政権を支持す状況が納得できました。(2018/09/15 12:46)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「バックトゥザ1960年代」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 2018.9.13 金沢大学法学類教授 仲正昌樹氏のDOL特別レポートを拝見して 若年層の自民党支持の主な要因が理解できました。
1970年代中盤以降に生まれた人の大学時代にはすでに冷戦構造は終結しており、本格的なイデオロギー対決を目の当たりにして、熱くなるという経験をしておらず、高度成長やバブルの恩恵を受けたこともありません。加えて、具体的な見通しがないまま、正義の原理で社会の基本構造をいじると、ろくなことにならないという実例を民主党政権が作ってしまったことが、決定打になり、社会全体がいい方向に大転換する可能性がないのなら、せめて悪化させないよう現状維持し、自分の将来の生活を保障してほしいと思う。そう考える人がいまや社会の中核になっているということです。
そういった功利主義的なメンタリティーが最も強く反映されるのは、“経済政策”に対する評価です。アベノミクスが一定の効果を上げているかどうかについてはさまざまな議論がありますが、「経済学オタク」ではない普通の若者に関心があるのは、マクロ経済の分析ではなく、失業率や有効求人倍率、大卒者の就職内定率、官公庁や大企業の募集定員など、自分たちに直接、関係のある身近な指標の数字でしょう。
憲法や民主主義の大原則(理想)から多少、逸脱しても、政治は自分たちの生活や利益につながり、効率的に問題を処理してくれればいい、という功利主義的なメンタリティーを理解することにより、若年層が現政権を支持す状況が納得できました。(2018/09/15 12:46)

「墓石的、化石的なことをまたいう人ですね。」というようなルビを振るべきでしょうか。

なるほど、おバカなことは有識者にはわかっているが、知らない人はえらい爺さんんが言っているので、信じるかもしれない。

そんな人に政治運営を許している国はリスク回避で円高になるということにも関係あるのかもしれません。(2018/09/15 12:14)

つまり、理解されないとわかりつつも、誰かわかってくれる人がいるかも知れないから、匿名掲示板に書き込む、ということが現実的な方法ですか?


まぁ、サヨクとか日教組とか書き込んでる時点でお里がしれますが。(2018/09/14 12:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当か嘘か、定かではありませんが、宴会が 日本で一番多い会社といわれているようです。

足立 正之 堀場製作所社長