• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

それは大阪市長がやるべき仕事なのか

2018年10月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪市が、サンフランシスコ市との間で取り結んでいた姉妹都市の提携を解消するのだそうだ。

 伝えられているところでは、吉村洋文大阪市長は、10月2日付けで姉妹都市の解消を決断し、その旨を公開書簡として、サンフランシスコ市長宛てに送付したのだそうだ(こちら。公開書簡やその和訳はこちらから)。

 この情報を、私は、吉村市長ご自身のツイッターへの書き込みを通じて知った(こちら)。

 なるほど。
 姉妹都市を解消するというのは、具体的にどういう意味を持った措置なのだろうか。
 「お姉妹ってことじゃないか?」
 ちがうと思う。
 姉妹が縁を切っても、いきなりおしまいにはならない。
 そんな簡単な話ではない。

 タイムラインに流れてきた市長のツイートを読んだ当初、正直な話、私は、市長の意図するところが理解できなかった。

 この3年ほど、慰安婦像の設置をめぐって、大阪市とサンフランシスコ市の間でやりとりが続いていたことは承知していた。
 ただ、私はこの交渉を重視していなかった。
 というよりも
 「どうせパフォーマンスだろ」
 と思って、タカをくくっていた。

 ありていに言えば、吉村市長がサンフランシスコ市議会や市長宛てに説明を求める書簡を送っているのは、コアな支持層に向けて演じてみせている軽歌劇みたいなものなのだろうと考えていた次第だ。

 それが、ここへ来て、書簡への返事が来ないことを理由に、いきなり姉妹都市の提携を解消する決断に踏み切る事態に発展している。

 この展開には少なからず驚かされた。
 引っ込みがつかなくなって暴走したということなのだろうか。
 それとも、
 「ほんまにお姉妹やで」
 という洒落のつもりだろうか。

 起こっていることの全体像をなんとか把握できるようになったのは、各方面のサイトや情報源を当たって、そこに書いてある様々な記事を読み進めた後の話なのだが、正直なところ、いまだに疑問点だらけだ。自分の中でうまく整理できていない。

コメント204件コメント/レビュー

小田嶋氏の考え方で考えると、

慰安婦像を米国内で建てまくろうと活動している在米中国人や在米韓国人は元々米国で生活していた在米中国人・韓国人ではなく、

元々米国で生活していた在米中国人・韓国人らは慰安婦像を米国内で建てまくろうと活動している在米中国人や在米韓国人を揉め事を起こす傍迷惑な連中であると認識していそうなのですが、

実態はどうなんでしょうね?(2018/10/15 00:55)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「それは大阪市長がやるべき仕事なのか」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小田嶋氏の考え方で考えると、

慰安婦像を米国内で建てまくろうと活動している在米中国人や在米韓国人は元々米国で生活していた在米中国人・韓国人ではなく、

元々米国で生活していた在米中国人・韓国人らは慰安婦像を米国内で建てまくろうと活動している在米中国人や在米韓国人を揉め事を起こす傍迷惑な連中であると認識していそうなのですが、

実態はどうなんでしょうね?(2018/10/15 00:55)

この回の小田嶋さんは歯切れ悪く、笑えませんでした。
リベラルは「自分が生まれ育った国を愛して何故悪い?」という素朴な問いに答えられない為、日本社会で支持を失ってきたということは十分承知のはずなのですが、それを承知の上で最早切れ味を失った古い刀を振り回している、という自覚が十分にある故と感じました。

一方、大阪市長の手紙も残念でした。
「歴史を否定する日本の右翼」という先方の偏見を補強する形になってしまっています。
*慰安婦像建立活動は、日本人に対する偏見と差別を煽る結果になっている事。
*21世紀に生まれた子供達に、過去の責任を背負わせるような活動は到底是認できない事。
*活動家たちが女性の人権被害の回復になど興味が無いことは、日本人慰安婦に言及する者が一人もいない事から明らかである事。
冒頭にこういう誰も反論できない正論を大書しておけば、向こうも違った反応を示したでしょう。事実関係の話はその後です。

21世紀に生まれた子供達が日本人として誇りをもって生きていける世を作る為の戦いは、自らの出自に少しでも日本要素を自認する人であれば、誰でも参加資格はあると思います。(2018/10/13 17:51)

酷いコラム。

ネトウヨもパヨクも関係ない。
大阪市長は「他人のケンカに第三者が首を突っ込むな」と言っただけ。
まあ、「姉妹都市解消」は悪手だとは思うけどね。(2018/10/12 17:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問