• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安倍首相の静かな訪中と読書録

2018年11月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍晋三首相が中国を訪問した。

 様々なメディアのそれぞれの立場の書き手やコメンテーターが、何度も繰り返し強調している通り、日本の首相が中国を訪問するのは、実に7年ぶりのことだ。これは、安倍さん自身が、現政権では一度も中国に足を踏み入れていなかったことを意味している。してみると、今回の訪中は、私たちが思っている以上に重大な転機であったのかもしれない。

 産経新聞は、
《安倍晋三首相は平成24年12月の首相再登板以降の約6年間で延べ149カ国・地域を訪れたが、中国に2国間の枠組みで赴くのは今回が初めてだ。---略---》(こちら)  という書き方で今回の訪中の意義を強調している。

 今回は、中国の話をする。
 というよりも、ありていに言えば、中国についての面白い本を読んだので、その本の感想を書きたいということだ。

 冒頭で安倍訪中の話題を振ったのは、前振りみたいなものだと思ってもらって良い。
 いずれにせよ、今回の訪中に関して多言するつもりはない。

 個人的には、なにはともあれ、先方に足を運んだことだけでも大手柄だったと思っている。というのも、中国に関しては、とにかく、こちらから顔を出すことが何よりも大切だと、前々からそう思っていたからだ。

 彼の地でどんな話をして何を約束するのかといったようなことも、もちろん重要だが、それ以前に、とにかく行って顔つなぎをしてくることに意味がある。まずは、自身の訪中という困難な決断を果たした安倍さんに敬意を表したいと思う。

 ところが、世間の評価は意外なほど冷淡だ。少なくとも私の目にはそう見える。
 ここで言う「冷淡」というのは、「評価が低い」というのとは少し違う。扱いが小さいというのか、思いのほか大きな話題になっていないことを指している。

 実際、ニュース枠のトップ項目の中では、安田純平さんの帰国の話題の方がずっと扱いが大きかった。
 不思議だ。

 どうして安倍訪中は軽視されているのだろうか。

 私自身は、「対中国包囲網」であるとか「地球儀俯瞰外交」みたいな言葉を使って、しきりに中国への警戒心や対抗心を煽ってきたように見える安倍さんが、ここへ来て一転自ら協調路線に踏み出したことには、大きな歴史的転換点としての意味があると思っている。であるからして、今回のニュースについては、さぞや各方面で侃々諤々の議論が展開されるに違いないと考えていた。

 ところ意外や意外、主要メディアの扱いは、いずれもさして大きくない。蜂の巣をつついたような騒ぎになるはずだったネット界隈も静まり返っている。
 なんとも不気味な静けさだ。

コメント51件コメント/レビュー

訪中の扱いが小さいのは当然です。私たちは慰安婦合意とその残念な顛末を見ています。日中国交正常化と今の日中関係。北朝鮮に経済制裁しかできず核を持たせてしまったことや日韓基本条約を無視した徴用工の判決。十分過ぎるほど歴史から学びましたよ。
問題を放置したまま時の政府が合意をし、問題を先送りすれば、後々もっと大きな問題と向き合う羽目になる。もしくは自分に好意的でない相手と約束を交わしてもそれが果たされる保証はない、ということかもしれません。
訪中に期待なんかできませんし、余計な約束をせず、また波風も立てずに帰って欲しいと願ってました。スワップなどは、いざというときにお互いに履行しない理由がつけられる類のものですし、良いのではないでしょうか。(2018/11/09 00:00)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「安倍首相の静かな訪中と読書録」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

訪中の扱いが小さいのは当然です。私たちは慰安婦合意とその残念な顛末を見ています。日中国交正常化と今の日中関係。北朝鮮に経済制裁しかできず核を持たせてしまったことや日韓基本条約を無視した徴用工の判決。十分過ぎるほど歴史から学びましたよ。
問題を放置したまま時の政府が合意をし、問題を先送りすれば、後々もっと大きな問題と向き合う羽目になる。もしくは自分に好意的でない相手と約束を交わしてもそれが果たされる保証はない、ということかもしれません。
訪中に期待なんかできませんし、余計な約束をせず、また波風も立てずに帰って欲しいと願ってました。スワップなどは、いざというときにお互いに履行しない理由がつけられる類のものですし、良いのではないでしょうか。(2018/11/09 00:00)

ま、古代から中国人も日本人も「鼓腹撃壌」ですから。時の為政者がなにしてようが、自分に直接影響がなければ知ったこっちゃない。
それに今回の訪問については、日本人の大部分は、安倍首相は中国に単に挨拶に行っただけ、としか思ってないということでしょう。(2018/11/06 14:51)

モリカケ問題とか薄煕来氏や周永康氏の件などを見るに、田中氏の視点を借りると、スジが表の社会で裏の面子を表にしようとしているトップ、メンツーが表の社会で裏の筋を表にしようとしているトップ、どちらも独裁的手法なのが興味深い。
良書の紹介ありがとうございます。(2018/11/05 17:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長