• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

命名責任からランナウェイしたあの駅名

2018年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 田町と品川の間に設置されることになる山手線の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まった。

 はしごをはずされた印象を抱いた人が多いはずだ。
 私もその一人だ。
 拍子抜けしたというのか、毒気を抜かれたというのか、正直な話、どう反応して良いものなのか、困惑している。

 件の新駅については、今年の6月から駅名が一般公募されていたのだそうだ。

 結果は、1位が「高輪」で8398件、2位が「芝浦」の4265件、3位の「芝浜」が3497件、以下10位まで「新品川」&「泉岳寺」(2422)、「新高輪」(1275)、「港南」(1224)、「高輪泉岳寺」(1009)、「JR泉岳寺」(749)、「品田」(635)となっている。

 で、結果的に選ばれることになった「高輪ゲートウェイ」には36件の応募が寄せられたのだという。ちなみにこの応募件数は、順位としては130位に相当する。

 個人的には、1位から10位までのどの名前でも特段に問題はなかったと思っている。
 細かいことを言えばそれぞれ一長一短はある。ツッコミどころも相応にある。そういう意味では、万人を満足させる駅名は無いといえば無い。

 ただ、山手線の駅のような公共的な施設の名称は、多くの人々が許容できるものであればOKなわけで、その意味からして、少なくとも公募件数のベスト3に上がってきている駅名を選んでおけば大過はなかったはずだ。

 にもかかわらずJR東日本(以下JR東)は、「高輪ゲートウェイ」を選んだ。

 ……と、たったいま「選んだ」という動詞を使ってはみたものの、実は、私自身、彼らがこの名前を「選んだ」のだとは思っていない。
 選ぶも何も、彼らの目にははじめからほかの選択肢は見えていなかったのだろうと考えている。

 というのも、公募という手順を経た以上、あえてランキング130位の名前を選ばなければならない必然性はなかったはずだからだ。
 逆に言えば、新名称を選択する立場にある人々がはじめから100位以下の不人気名称を選ぶような選考基準を共有していたのだとすれば、そもそも公募を実施する必要がなかったということでもある。

 もっといえば、私は、「高輪ゲートウェイ」という珍奇な(というよりも、あらかじめ特定の意図を持った人間でなければ発案することが不可能であるような)名前を応募した人間が36人もいたこと自体、「仕込み」だったのではなかろうかと疑っている。

 では、どうしてJR東の偉い人たちは、はじめから結果を尊重するつもりもないのに、わざわざ公募という手段に打って出たのであろうか。

 ここから先は私の憶測だが、おそらく、駅名を決定する権限と責任を持っている人々は、その一方で新駅の名称を、自分たちの責任において名付けることから逃避したかったのだと思う。

 だから、彼らは「公募」に逃げた。
 こうしておけば、自分たちが一方的に上から決めたのではなくて、「広くご利用客の皆様のご意見をうかがったうえで総合的な見地から判断して」新名称を決定するに至ったという外形を整えることができるからだ。

 もっとも、逃避であれ責任回避であれ、公募の結果を尊重するのであればそれはそれで間違ってはいない。
 自分たちだけの決定権ですべてを決めてかかる責任の重さを自覚して、広く公論を求める選択肢を選んだのはひとつの見識だし、立派な態度でさえあると思う。

コメント118件コメント/レビュー

使わない降りない駅なのでどうでもいいし、言う程奇妙な名前でもない。それと、こんなローカル駅の駅名決める人がそこまで色々「大衆」だの「市民」だのと考えてるとも思えないかな。
記事自体はいつも面白いのですがやはり、ちょっと些末なことを気にしすぎ、全部を体制批判方向に持っていきすぎかな。(2018/12/14 09:29)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「命名責任からランナウェイしたあの駅名」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

使わない降りない駅なのでどうでもいいし、言う程奇妙な名前でもない。それと、こんなローカル駅の駅名決める人がそこまで色々「大衆」だの「市民」だのと考えてるとも思えないかな。
記事自体はいつも面白いのですがやはり、ちょっと些末なことを気にしすぎ、全部を体制批判方向に持っていきすぎかな。(2018/12/14 09:29)

我が母校、東京都立大学も、「首都大学東京」略してクビ大、から都立大に戻ることになりました!
これで安心して死ねる。

時の権力者の浅知恵なんぞ、その気になればひっくり返せるというお手本はいくつかあるので、高輪ゲートウェイも、決め方が気に入らないのであれば、五輪エンブレムや、国立競技場と同様、変えられないことはないと思う。(2018/12/12 15:25)

「responsibility」の意図することや背景、他者より求められるもの、自ら求めるもの、といった諸々なことを「責任」という単語を見ているだけで理解できるのかは分からないのですが、本当これ、どうするのでしょうねぇ。
「なんでこの駅名にしたの?」から始まり「それはなぜ?」で連ねられていく質問に、どう説明していくのでしょうかねぇ。

レアケース、特異に限定された前提、個人の感想を背景とする理屈…そんな微妙すぎる道理、それは詭弁というのですが、そんなものを連ねる説明しかできないでしょうねぇ。
「10人程度の関係者の中では最初からそうしようと決めていた。少なくとも得票数ゼロとはならないよう、各自で家族名義も含めて投票した」みたいな話でもされた方が納得感が得られそうですねぇ。(2018/12/12 13:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)