• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ホンダらしい走りとは何か?」

第367回 ホンダ・フリード【試乗編】

2017年1月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今週も明るく楽しくヨタ話から参りましょう。

 雪不足に泣くスキー場ですが、泣いているのは何もスキー場だけではありません。スキー用具のインポーター、また販売店なども同様にヒクヒク泣きじゃくっておられます。

 そのなかで一人気を吐くのがHEAD JAPANの関口社長。スキー事業の落ち込みも、同業他社と比べれば悪くない。その上HEADにはテニスがありますからね。テニスの競技人口は現在完全にサチっておりますが、HEAD製ラケットは着実に売り上げを伸ばしている。

 さらにイタリアのダイビング用品の老舗MARESも傘下に収め、ますます意気盛んであります。今日は、週末に訪れる北海道へ向けて、パウダー用の板の相談にやって来たのです。最近は圧雪ばかり滑っているからなー。上手く滑れるのでしょうか。まあ大人のスキーは道具で逃げられますからね(笑)

これ本当はギリギリの写真です(笑)。2018年モデルのエキップ群。エンバーゴは2月中旬の予定です。早くも来年の板のセールスが始まるんですな。

 ブッシュJr.米大統領が来日した際、小泉総理と会食したことでその名も高い創作和食の権八。今や権八は寿司、蕎麦、天ぷら、串焼きと複数の業態で展開しておりまして、店舗数は10店にまで増えている。今日は11店となる、浅草吾妻橋店のソフトオープンに行ってきました。

権八 浅草吾妻橋店。吾妻橋の袂に建つ銅葺きの見事な建物。地下鉄の入り口まで徒歩2秒と交通至便な場所にあります。

 何しろ場所がすごい。店からはスカイツリーとアサヒビールの金色ウンコが一望できて、ウンコの金、スカイツリーの銀、そして権八の銅と、金銀銅が揃った実に目出度い眺めなのであります。

 で、浅草の店の白眉は、二階の手巻き寿司スペースに在ります。

 注文が入る都度に炙る海苔がべらぼうに旨い。海苔は二種類から選ぶことが出来て、普通の方でもフツーに最上級なのですが、有明産「こんとびブラック」なるスペシャル海苔を頼むと、その芳香の豊かなことと言ったらありません。

注文が入る都度に炙る極上海苔。炙るのがガスでなく電熱器というのもさすがです。ガスは余計な水分が付いてしまい、パリパリ感が薄まるんですよね。

 折角ならと同じ寿司ネタで海苔の食べ比べをしてみたのですが、パリッと噛んだときの味は正直大して変わりません。しかし海苔を口に含み、鼻から息を吐くときの香りが全く違う。海苔だけで価格差100円以上は一瞬躊躇する設定ですが、その価値は十分にあります。

 もちろん従前からの名物海老しんじょう等も食すべきですが、こちらに来たら迷わずこの手巻き寿司を、そしてこの”こんとびブラック“を注文するべきでしょう。この芳香はなかなヨソでは愉しめないと思います。外人さんを接待する機会があれば、観音様にお参りした帰りに寄ってみて下さい。大喜びすること請け合いです。正式オープンは1月16日。お!ちょうど今日じゃないですか。

グローバルダイニングの長谷川社長と経営企画の美人マネージャー福島さん。ご多忙な長谷川社長を独占して話し込んでしまいましたが、いやはやスゴいお方です。その昔、代官山のモンスーンには足繁く通ったものです。100回以上は行ったかな。

 銀座の名店、青木さんで美味しい鮨を食べてきました。

 こちらのご主人、何とライザップで30キロの減量に成功し、しかもリバウンドすることもなく、それをキッチリと維持されているのだそうで。

銀座の鮨の名店、青木。ご主人はライザップに通い超人的なダイエットに成功した。

「いや、ライザップは本当に効きますよ。看板に偽りナシです」

ライザップに行っても痩せないよ、と太鼓腹を突き出してみせるP君。こんなに太ってしまいましたが、彼は一緒にトライアスロンを始めた当初、私よりも速かったんです。人間変われば変わるものです。

 大将がこう言うと、一緒に食べに行った友人P君は「そうなかぁ……」と。

「僕もライザップに通ったけど、期間中痩せるどころか200グラム体重が増えました」

 しかし詳しく聞くと、マジメにスタジオに行かないわ、トレーニング中に「辛いから回数を減らしてくれ」とダダをこねるわ、食べたものを虚偽申告するわで、そりゃ痩せる訳がありません。

 さてさて、それでは本編へと参りましょう。
 今週からお届けするのは、ホンダの小型ミニバン、フリードであります。

コメント26件コメント/レビュー

ホンダらしい走りとは何か?
ある意味、これを今更問うタイトルを付けた時点で、ホンダの迷走を誰もが感じているところだと思います。
ホンダらしさが無くなり、かつてホンダらしさがあった時代の強気の営業マンと悪しき管理職だけが
残った。

今のホンダは、そうした事を聞けば、真摯に受け取るどころか激怒するかもしれない。

韓国人デザイナーにレジェンドのデザインを作らせたあたりからおかしくなった。
卵型デザインが、車体強度と室内空間が最大になると言う話は、2000年以前のホンダで語られた話。
それを全面に押し出し、フィットやフリードが作られている。

即ちそれは、20年前から進化していない、古臭いホンダが今に居残り。
当時の本当にホンダを盛り上げ様としたホンダ技術者に失礼なホンダが今のホンダを動かし
コンピュータ設計に頼り切り、無能な管理職が作ったルールが機能し、ホンダ魂は
殺されている証拠だと思う。

にわかに、昔回帰の雰囲気を見せるが、トヨタの様に、スバルやその他とコラボもない。
トヨタは、社長自ら、乗ってダメ出しをして、本気で車と対話しながら物作りに挑んでる。

本気の社長と、古臭いルールに縛られ、新しく何かを作り出せなくなったホンダとでは、
延命が出来たとしても、今の社会でそれ程持たないと思う。

フィットのリコール。タカタの問題も個人的には、ホンダがコスト削減の中で
本質を理解していない結果だと思えてならない。
今のホンダは、生きるか死ぬかの瀬戸際だと思う。(2017/01/21 11:20)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「ホンダらしい走りとは何か?」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ホンダらしい走りとは何か?
ある意味、これを今更問うタイトルを付けた時点で、ホンダの迷走を誰もが感じているところだと思います。
ホンダらしさが無くなり、かつてホンダらしさがあった時代の強気の営業マンと悪しき管理職だけが
残った。

今のホンダは、そうした事を聞けば、真摯に受け取るどころか激怒するかもしれない。

韓国人デザイナーにレジェンドのデザインを作らせたあたりからおかしくなった。
卵型デザインが、車体強度と室内空間が最大になると言う話は、2000年以前のホンダで語られた話。
それを全面に押し出し、フィットやフリードが作られている。

即ちそれは、20年前から進化していない、古臭いホンダが今に居残り。
当時の本当にホンダを盛り上げ様としたホンダ技術者に失礼なホンダが今のホンダを動かし
コンピュータ設計に頼り切り、無能な管理職が作ったルールが機能し、ホンダ魂は
殺されている証拠だと思う。

にわかに、昔回帰の雰囲気を見せるが、トヨタの様に、スバルやその他とコラボもない。
トヨタは、社長自ら、乗ってダメ出しをして、本気で車と対話しながら物作りに挑んでる。

本気の社長と、古臭いルールに縛られ、新しく何かを作り出せなくなったホンダとでは、
延命が出来たとしても、今の社会でそれ程持たないと思う。

フィットのリコール。タカタの問題も個人的には、ホンダがコスト削減の中で
本質を理解していない結果だと思えてならない。
今のホンダは、生きるか死ぬかの瀬戸際だと思う。(2017/01/21 11:20)

ホンダ党が一部におられるみたいですが、この記事に読む価値が無いと言う大多数のクリック支持の結論から言えば、テールゲートの不具合は、ごく一部に過ぎない事。
ホンダの店に行くと高飛車な営業マンが、これで良く売れるな?
と思う接客で対応しているのを見ると、一部サクラとおぼしき投稿は、ホンダ党のホンダは良いと
言う脳内変換が大きい様に思う。

ジャンルは異なるけれど、ワコールが、そうだった。
トヨタも、クラウンやマークXの購買者層が高齢化している危機に、ワコールの悩みと同じ
危機感で対処し、努力している。

しかし。今回のデカテールゲートやサイドラインの自画自賛。フェル氏のやっつけ仕事的な
本記事、記事が参考にならないと言う内容を見れば、そもそも第三者は関心が無いことがよくわかる。

今後高齢化していくホンダ党がホンダをどこまで支えられるのか観戦していきたい。(2017/01/21 11:02)

名指しでご指名を頂いた者ですが、せっかくのコメントのご趣旨が不明です。何か気に障る事を書いておしかりを受けたのか、ご賛同いただいたのかすら良く判りませんでした。ちなみに私はフリードの先代に当たるモビリオのテールゲートも相当大きいが、すぐ慣れた実体験から書いた事を申し添えておきます。(2017/01/19 20:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)