• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

謹賀新年!藤原大明神に聞くマツダのEV裏事情

第415回 藤原大明神新春降臨祭其弌

2018年1月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新年明けましておめでとうございます。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 本年もどうぞよろしくお願いします。

 昨年も色々と楽しいことがありました。最大のトピックは何と言ってもトライアスロンで世界選手権の出場権利を獲得したことでしょう。JTU(公益社団法人日本トライアスロン連合)主催のポイント対象大会にコツコツ出場し、何度か入賞したことにより、末席ながらゴールドコーストで開催される2018年ITU世界トライアスロン選手権大会に出場することになったのです。

毎回倒れるほど頑張りましたからね(笑)。世界選手権の本番は9月です。応援よろしくお願いします。

 年代別とは言え、日の丸を背負って走るわけですから、みっともないマネは出来ません。今年こそ地道に練習して行こうと思います。

 今年からまたまた担当編集者が変わります。

 これで何人目になるのでしょう。締め切りを守らない、アレコレと我儘を言う、注文が多い、インポーターやメーカーの広報とモメる、編集部に抗議の電話が来る……とネガティブ要素満載のフェル担当。何でも最近は「フェルの担当になりたいのか!」と言うのが編集長の脅し文句になっているのだとか。これを言われると、編集部の皆さんはビビって何でも言うことを聞くようになるのだそうです。お役に立てて幸いです。人間どんなところで役に立つか分からないものです。

 で、新担当はあの男。そう、あの男が帰ってきます。
 黒いソフトにマドロスくわえ、肩で風切る伊達男。
 クールなタフガイ、マイトのYが満を持しての再登場です。

苦役を終え、めでたく放免となり万歳三唱の前担当Y崎と、宿命大殺界にまさかのフェル担となり号泣するマイトのY。大殺界は3年継続すると言われていますからね。頑張って耐えて下さい。

 冗談はともかく、復活したマイトのY氏、ともかく気合が入っています。
 今まで殆ど素通りだった出稿原稿が、真っ赤になって送り返されてきます。

 「最近のフェルさんは正直タルんでいます。初心に返ってバシッと行きましょう!」と相当厳しいことも言われました。自分としても、確かにフンドシが緩んでいた所も思い当たります。ユルフン締め直してガッと行きます。
 新体制となった「走りながら考える」。どうぞご期待ください。

 さてさて、それではいよいよ本編へと参りましょう。
 フェル+マンちゃん+マイトのYの新体制でお送りする「新生走りながら考える」。とくとご覧あれ。

コメント21件コメント/レビュー

マツダ車のオーナーです。いつも藤原氏の記事には痛快さを感じますが、その一方で以前のインタビューにあった「お客様に選んでいただける」という努力をディーラーにはまあったく感じません。

担当が変わっても挨拶もなければ、整備で来店してもこちらから呼ばないと顔も見せない。何事も「言われたら動きます」であり、これまでいろいろな国内外のメーカーのディーラーとうきあってきましたが。、マツダが一番「冷たい」と思います。これは特定のディーラーの問題なのかもしれませんけれど。

いずれにせよ、仏作って魂入れるには、ディーラーも含めてすべての関わる人が同じ思いでお客様に対応してこそ成し遂げられるもので、多少ヒットはしましたが、まだまだ課題があるぞと、1ファンとしてコメントさせていただきます。(2018/01/18 16:40)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「謹賀新年!藤原大明神に聞くマツダのEV裏事情」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マツダ車のオーナーです。いつも藤原氏の記事には痛快さを感じますが、その一方で以前のインタビューにあった「お客様に選んでいただける」という努力をディーラーにはまあったく感じません。

担当が変わっても挨拶もなければ、整備で来店してもこちらから呼ばないと顔も見せない。何事も「言われたら動きます」であり、これまでいろいろな国内外のメーカーのディーラーとうきあってきましたが。、マツダが一番「冷たい」と思います。これは特定のディーラーの問題なのかもしれませんけれど。

いずれにせよ、仏作って魂入れるには、ディーラーも含めてすべての関わる人が同じ思いでお客様に対応してこそ成し遂げられるもので、多少ヒットはしましたが、まだまだ課題があるぞと、1ファンとしてコメントさせていただきます。(2018/01/18 16:40)

マツダ車のオーナーです。マツダのカスタマーサービスは、委託先ですか。マツダ車と顧客を大切に思う気持ちがちっともないように思います。こちらも改善してほしいです。(2018/01/16 16:10)

7人乗りSUVも今だ発展途上ですね。HVはレクサスの超弩級にしか7人乗りの設定がないし、マツダのCX-8もデカすぎる。
ということで家族構成上どうしても7人が必要な私はアウトランダーのガソリン車にしましたが、身の丈に合って使い勝手には満足しています。(2018/01/16 10:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)