• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

豊田章男社長と大明神との出会いと「肩透かし」

第416回 藤原大明神新春降臨祭其弐

2018年1月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 藤原大明神降臨祭、お楽しみいただけておりますでしょうか?

 年末ネタをいくつか。
 クリスマス直後に、日本のフードシーンを牽引し、さらに海外に飛び出した稲本健一氏と、世界的デザイナーの森田恭通氏の50歳の誕生日を祝う合同誕生会が開かれたので参加してきました。

私がタキシードを着ると、必ずボーイに間違えられます。この日もテレビでよく見るご婦人に「トイレはどこ?」と聞かれました。僕も客なんですけど……と説明するのも面倒なので、突き当たりを左です、とボーイ面でご案内申し上げました。

 「この日世界中で開かれている全てのパーティーのなかで、最もクールなもの」というコンセプトのもとに開催された誕生日祝賀会。実際に本当に楽しくクールなものでありました。来賓客もすごかったな。ここに飛行機が墜落したら、間違いなく日本の機能が麻痺してしまうような方々が集っておられました。

こうして二人並んでいると、まるでゲイの結婚式のようですが、お二人とも筋金入りのストレートであります(笑)。

 GT-R田村宏志さん主催の恒例忘年会。日産の若い衆、田村さんの走り屋仲間が集っております。門前仲町の飲み屋で盛り上がった後に、ポリフォニー・デジタル社の忘年会に流れる、というのが毎年のコースです。

恒例のGT-R田村さん忘年会。自動車評論家の河口まなぶ氏、渡辺敏史氏も一緒に。
こちらはポリフォニー・デジタル総帥、山内一典氏。最新作は「グランツーリスモSPORT」。これはもう映画の世界です。PS4を買わなくちゃなぁ。

 ということで本編へと参りましょう。
 藤原大明神降臨祭第二弾です!

コメント19件コメント/レビュー

「欧米勢が(最近は中国勢も)進んで先陣を切らんとするのに対して、日本勢は横並び意識や他人任せな風潮がはびこっていてお寒い限りです。」というコメントに違和感を感じてしまいました。

欧米は進んで先陣を切るというより、国ぐるみで主導権を取ろうと動いている印象です。
日本勢は、例えばトヨタはHVが鼻で笑われたような時代から我慢してプリウスを作り続け、現在の様にHVを世に浸透させました。また、FCVも量産化しました。ホンダもトヨタ同様、HV、FCVの先駆者で、両者は次世代動力の先陣を切ろうと競ってきました。マツダは内燃機関の燃焼向上をひたすら行い、本当にクリーンなディーゼル、SKYACTIVE-Dを成功させ、ガソリンではHCCIの研究を進め、SPCCIのSKIACTIVE-Xを発表しました。
ドイツ勢はCO2削減にHVに対抗してディーゼルで対処しようとして国内メーカーで連合しBOSCHに頼り切った結果、失敗。そうしたら今度はPHEV優遇を規制におりこむ欺瞞を行いました。
私は、欧州勢に対して、新しいおもちゃにはすぐ飛びつく印象はありますが、先陣を切って新しい時代を作る、といった印象はありません。(2018/01/17 10:47)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「豊田章男社長と大明神との出会いと「肩透かし」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「欧米勢が(最近は中国勢も)進んで先陣を切らんとするのに対して、日本勢は横並び意識や他人任せな風潮がはびこっていてお寒い限りです。」というコメントに違和感を感じてしまいました。

欧米は進んで先陣を切るというより、国ぐるみで主導権を取ろうと動いている印象です。
日本勢は、例えばトヨタはHVが鼻で笑われたような時代から我慢してプリウスを作り続け、現在の様にHVを世に浸透させました。また、FCVも量産化しました。ホンダもトヨタ同様、HV、FCVの先駆者で、両者は次世代動力の先陣を切ろうと競ってきました。マツダは内燃機関の燃焼向上をひたすら行い、本当にクリーンなディーゼル、SKYACTIVE-Dを成功させ、ガソリンではHCCIの研究を進め、SPCCIのSKIACTIVE-Xを発表しました。
ドイツ勢はCO2削減にHVに対抗してディーゼルで対処しようとして国内メーカーで連合しBOSCHに頼り切った結果、失敗。そうしたら今度はPHEV優遇を規制におりこむ欺瞞を行いました。
私は、欧州勢に対して、新しいおもちゃにはすぐ飛びつく印象はありますが、先陣を切って新しい時代を作る、といった印象はありません。(2018/01/17 10:47)

私も定期的に「あの辺」の記事を読み返すクチですが、非常に探しにくいです。(2018/01/16 21:01)

1万5千キロの新車Gクラスのプレゼント応募があると聞いて…

毎日のマツダ祭なら大歓迎です。
明日も楽しみにしています。(2018/01/16 20:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官