• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 商売にならないのでスミマセン、とは言えんです

レビュー

とても参考になった
 

66%

まあ参考になった
 

20%

参考にならなかった
 

12%

ぜひ読むべき
 

56%

読んだほうがよい
 

20%

どちらでもよい
 

22%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

マツダがミニバンやめたのはスカイアクティブ採用で
大きな排気管の採用のためにエンジンルームが大きくなって、
スペース効率が悪化したからです。

FFロングノーズのハッチバック、セダン、SUVは良くても
ロングノーズミニバンは成立しませんからね。

勿論、スカイアクティブ展開時にはマツダのビジネス的な判断として
折り込み済みだったのは言うまでもありませんが。(2018/06/11 11:15)

マツダがミニバンをやめたのもビジネス上の理由でしょう。
ビジネスで継続的に利益を得るためにミニバンが合わないイメージ戦略を選択し、個々の売り上げでは無く全体の経営戦略から判断してミニバンを切り捨てた。結局は商売上の理由です。

そしてマツダは3列シートが必要なユーザーのためにCX-8を用意し、トヨタはハイラックスが必要なユーザーのために日本での販売を復活させた。両社ともビジネスとユーザーの思いを両立させる努力をしていると思います。

スポーツカーは苦しくても売り続けなければダメ…なんて86の多田さんは言ってませんよね。
多田さんが言ってたのは、損をして他のクルマで帳尻合わせしてたら経営状態が悪くなった時に真っ先にブチ切られる。そうやってトヨタはスポーツカーをやめてきた経緯があるから、継続的に作り続けるために損をしないようにしなければならない、ということですよね。今までの経緯から学び、そうならないよう考えたわけです。この姿勢が白々しいかは過去の事から判断すべきではなく、今後から判断すべきですね。(2018/04/20 10:53)

商売にならないからやめるのと、マツダがミニバンやめたのは違いでしょう。

前者はドライに金だけの理由、
後者は目指すものに適合しなかったからであって、売上的には持っていても良かった。

やめたという事実が同じというだけで同じと見るのは、パクリ坊と同じでは(2018/04/18 21:05)

〉「スポーツカーは苦しくても売り続けなければダメなんです!」と言ってた86主査の言葉と同じく白々しく感じてしまう。

あの頃のトヨタとは違うと見守ってあげましょうよ。ニュースだとターボとか言ってるが。(2018/04/18 20:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長