• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界でイッキにビシッとなんてムリですよ

第432回 トヨタ ハイラックス【開発者編・その4】

2018年4月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 ウルグアイ大使の任を終えて帰国された田中径子閣下を囲んでのお食事会。

 田中さんにはカルロス・ゴーン社長(当時)や、ジヤトコの秦孝之社長(当時)の取材で散々お世話になりましたからね。当時担当編集としてタッグを組んでいた日経BPの伊藤さん、コナカの湖中謙介社長とともに。

浅草の「壽」で鴨を堪能いたしました。4月に入ると「脂が乗っていないからイマイチ」との声もありますが、どうしてどうして。極上のお味でございました。
しかしスーツを何の気づかいもナシで丸洗いできる時代が来るとは……。丸洗い&ノーアイロンが実現できた秘密は「特殊芯地」にあるそうです。洋服の技術開発なんてのも取材すると面白いかもしれません。

 商売熱心な湖中社長は、新製品のPRに余念がありません。この店は排煙設備がなく、部屋の中が煙でモクモクになるのですが、「そんなときこそコレです!」と。

 コナカの新製品「ULTRA WASH SUIT(PDFファイルはこちら)」です。いままでも丸洗いできるスーツはありましたが、これはモノが違う。洗濯ネットなしで洗濯機に放り込め、他の服と一緒にザブザブ洗えるのだそうです。

 しかも洗い終わったらそのまま乾燥機で乾かせる。乾き終わったらノーアイロンで着用可能と、まるでTシャツ感覚でスーツを扱えてしまうのです。いや、技術の進歩というのはエラいものです。

 週末は月山にスキーに行ってきました。

雪深い月山は、この時期になりようやく山開きです。

 雪深いのは結構ですが、今年は雪が多過ぎて、リフトの支柱がその重みに耐えかねて傾いてしまい、運行できなくなってしまいました。リフトが動かなければスキーは滑れない。ハイクアップするほどの山男でもありません。さてどうしたものでしょう……。

 運転を交代しながら、クルマでピストン輸送することにしました。

 上の駐車場から林の中に入り、雪の壁が低くなっている部分を狙って滑り降りる。リフトより断然距離が長いし、我々以外に人はいないし、これは楽しかった。

こういう時に四駆のハイエースは無敵です。や、ハイエースの取材も面白そうだな。

 東京に戻ってマガジンハウスOBの遠藤成さんと、anan編集部の中西陽子嬢とローストの名店でお食事会。遠藤さんは私がTarzanで連載していた「Muscle Investment」の初代担当編集者。中西嬢は、さるイベントで私を“発掘”してTarzanでの連載を実現して下さった敏腕編集者。10年続いた連載が終了したので、慰労会を開いて下さいました。

文春砲を食らったようなお二人ですが、別にデキているワケではありません。多分(笑)。

 しかしこの店の焼き物は本当に美味しかった。「まだ始めたばかりで、キッチンも一人でやっているから……」とのことなので店の詳細は書けませんが、食べログなどでは既に相当な高評価が出ています。ananからの取材もヤンワリとお断りされたそうです。いや、堪能いたしました。

ご覧ください、この見事な焼き加減。紹興酒が無限に飲めます。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。
 13年ぶりに国内販売が復活したハイラックスの開発責任者、トヨタ自動車 新興国小型車カンパニープレジデントで常務役員の前田昌彦さんへのインタビュー、4回目です。

コメント10件コメント/レビュー

覆面キャラと言う色物を生かして、取材対象も商用車とかトラクターとか防衛省の乗り物とか色物を記事にして下さい。
ポルシェとかの王道の記事は他でも読めるし、フェルトさんの記事としては面白くないものが多いです。(2018/04/29 21:40)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「世界でイッキにビシッとなんてムリですよ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

覆面キャラと言う色物を生かして、取材対象も商用車とかトラクターとか防衛省の乗り物とか色物を記事にして下さい。
ポルシェとかの王道の記事は他でも読めるし、フェルトさんの記事としては面白くないものが多いです。(2018/04/29 21:40)

宮古島で撃沈してきました(笑
私もハイエースの取材希望です。最強のトランポという意味でも、トヨタ車で唯一欲しいと思う車です。いや、プロボックスもここの記事がきっかけでちょっと気になってますが・・・(2018/04/26 15:52)

>これは「ハイラックス日本復活秘話」と呼んで差し支えないだろう。
>ディーゼルゲート事件でヨーロッパの排ガス規制がより厳しくなり、それがディーゼルを積んだハイラックスの国内市場復活の一助となったのだ。

フェルさん、勇み足ですね。
記事の話としては面白いけど、
日本のポスト新長期規制の導入が2009年、
その数値を下回る欧州Euro6導入は2014年9月
ディーゼルゲートと呼ばれたVWの不正が明らかになったのが2015年9月、
つまりディーゼルゲートによって規制が厳しくなって日本の基準をクリアできたわけではなさそうですね。(2018/04/26 05:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長