• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

SUBARUの開発者が屋根に登りはじめたワケ

第443回 スバル・フォレスター(開発者編)

2018年7月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末は「館山わかしおトライアスロン大会」、通称タテトラに出場してまいりました。

 海上自衛隊館山航空基地内の特設会場で行われる珍しい大会です。
 基地の中ですから勝手に中には入れない。ギャラリーは金網の外から応援することになります。

バイクは基地の中をぐるりと9周回。ランは金網沿いを4周回。こうして見ると刑務所の運動会みたいです。

 鞆ノ浦、沖縄に続いて3週連続となるこの大会。さすがに疲れが溜まってきましたが、短いオリンピックディスタンスなので気合でカバーです。

 前日は道が真っ白になるくらいの大雨で、大会当日も朝からザンザン降りだったのですが、スイムが始まる頃には雨も上がり、以降はグングン気温が上がっていきました。50歳以上は11時スタートなので、9時半スタートの若い選手とはだいぶコンディションが異なります。最後のランはカンカン照りになり、かなり厳しかった。

今回も順調に死にました。応援ありがとうございました。

 トライアスロンはどの大会もゴミのポイ捨てが禁じられているのですが、事実上“放任”という大会も少なくない。ですがここの大会は厳しく取り締まる必要がある。海自の館山航空基地はヘリの基地ですから、選手が捨てたエネルギージェルの袋などがヘリのエンジンに吸い込まれてしまうと大変なことになるからです。

今回は給水に失敗し(バイク走行中にボトルを落としてしまったのです)、苦しいレース展開となりました。本当に死ぬとゴール直後にこうなります……。

 しかしどうしたって走っていればゴミは出る。ならばとコース上のヘリポートから一番遠い場所に大きなビニールシートを敷いて「ゴミ捨て場」を設けている。これは賢い。

 ランに入って慌てて給水したのですが、時既に遅し。結果は無念のエイジ4位に終わりました。3位の選手との差は4分もあるのですから、惜しくもなんとないショボいリザルトです。1週あけて再来週は高松の大会です。ユルフン締め直して頑張ります。

ゴール直後に仲間とパチリ。左側のグルグル巻かれた鉄条網が“基地のレース”であることを示しています。

 さてさて、それでは本編へとまいりましょう。

 SUBARU大特集の第3弾は、先週発表されたばかりの5代目フォレスターの開発者インタビューです。

コメント32件コメント/レビュー

高級車が幅を利かすシンガポールにおいてもスバルのフォレスターは人気で、開発者の熱い思いは理解できました。
たしかにスバルのセールストークのような記事で他社のSUVとの比較なども聞きたかったですが、インタビューなので仕方ないですね。(2018/07/09 14:17)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「SUBARUの開発者が屋根に登りはじめたワケ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

高級車が幅を利かすシンガポールにおいてもスバルのフォレスターは人気で、開発者の熱い思いは理解できました。
たしかにスバルのセールストークのような記事で他社のSUVとの比較なども聞きたかったですが、インタビューなので仕方ないですね。(2018/07/09 14:17)

 XVはワゴンではありません。インプレッサと同じただのハッチバックです。インプレッサが(スポーツ)ワゴンだったのは3代前までです。
 まさにその3代前のモデルに乗っているのですが、この後のモデルは荷室が狭すぎて乗り換えられません。
 プラットフォーム一新を機にインプレッサ、XV、レヴォーグを共通のワゴンボディにすれば良かったのに。
 本当に国内ユーザーから何が求めれているか分かっていないのだな。(2018/07/06 18:32)

2代目フォレスターがちょうどよい大きさで、3代目以降は大きすぎるという人がいた。
現行XVの大きさは、車幅は2代目より大きいが、車高は2代目より少し低いくらい、ホイールベース、車長は2代目より少し大きいくらい。全体のプロポーションは、2台目と良く似ている。

ところがXVは中が狭くて、使えないという。外寸がほぼ同じだが、中が狭いというのは、ボディがインプワゴンの使い回しだからだ。
インプレッサの名前が取れて、XVだけになったのだから、独自のボディを開発すべきである。(2018/07/06 01:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長