• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ミシュラン副社長「タイヤ無駄遣いする日本人」

第356回 ミシュラン副社長ベルナール・デルマス氏インタビュー(その3)

2016年11月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「日本では、スリップサインが出る前に車を買い替えてしまう」

「日本は路面が良い、気候もそれほど厳しくない。だから3年以上乗ってもタイヤは大丈夫です」

前回から読む)

デルマス氏(以下、デルマス):天然ゴムの問題、合成ゴムの問題。タイヤの原料の問題も有りますが、我々がもっと深く考えなければいけないのは使い方の問題です。タイヤの使い方の問題。

 今まであまり注目されず、また議論もされて来なかったのですが、これからはもっと深く考えなければいけません。みなさん御存知の通り、タイヤには1.6ミリのトレッドウェア、摩耗のインジケーターがありますね。

F:スリップサインのことですね。これが出たら擦り減りすぎて危ないから交換しましょうというサイン。

デルマス:そうそう。でも日本でこれが出るまで使う人は滅多にいない。みんなその前にクルマを買い替えてしまうから(笑)。クルマを買い替えないにしても、日本のユーザーはそれほど長距離を乗らないでしょう、1年で1万キロ以下の人がたくさんいる。

F:スリップサインが出るよりも前に、タイヤの寿命が来てしまう。ゴムの劣化が進んで。

デルマス:そこです。そこをユーザーの皆さんにも知って頂かねばなりません。

F:たとえ擦り減っていなくても、3年経ったら交換しましょう、と聞いています。見た目は良くとも、やはりゴムが劣化しているので危ないと。

デルマス:日本は路面が良い、気候もそれほど厳しくない。だからもっと長く乗っても大丈夫です。もちろんお金持ちの人は経済的に自由だから、クルマを買い替えたり、タイヤを交換したり出来るのだけど、これからの社会、それをみんながやったらどうなりますか。未来のことを考えると、それは良くないことではありませんか。

F:うーん。まだ使えるけれども、経済的に余裕があるから、どんどん新しいのに換えちゃえ、ということでは無いですよね。

タイヤの金型。この型を転写してタイヤのパターンが形成されるのだ。

デルマス:ええ、違います。この前我々はシミュレーションをしてみました。世界中のマーケットのタイヤ交換頻度を比較してみたんです。

 そうしたら面白い結果が出てきました。日本はもちろん1.6ミリまで使わない。溝がまだ3.5から4ミリも残っているところで交換してしまう。世界のアベレージがだいたい3ミリくらい。日本は特別に早いけれども、ワールドワイドで見ても、やはり1.6ミリのところまで使っていない。みんなその前に新しいのに交換してしまう。みんなが1.6ミリまで使ってくれたらどうなります。

F:ゴムの使用量は半分になり、当然廃棄物も半分になる。でもそれじゃミシュランが困っちゃいますよね。売り上げが激減してしまう(笑)

デルマス:ミシュランの来季の利益だけを考えたらそうかもしれない。しかし、50年後のミシュランのことを考えたら、それはやったほうがいい。やるべきです。会社のためにもやったほうが良いし、未来の社会のためにもやったほうが良い。

F:うーん……。

コメント59件コメント/レビュー

他の方も指摘されているように、モザイク云々という話ではありません。
ぼかした自分の写真を掲載するくらいなら、最初から自分を除いた写真を掲載する方が、
よほど自然で普通だと思うのですが、なぜあのやり方にこだわるのでしょうか?
あの表示方法に嫌悪感を覚える人はいても、好感を抱く人は皆無だと思います。(2017/01/23 10:17)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ミシュラン副社長「タイヤ無駄遣いする日本人」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

他の方も指摘されているように、モザイク云々という話ではありません。
ぼかした自分の写真を掲載するくらいなら、最初から自分を除いた写真を掲載する方が、
よほど自然で普通だと思うのですが、なぜあのやり方にこだわるのでしょうか?
あの表示方法に嫌悪感を覚える人はいても、好感を抱く人は皆無だと思います。(2017/01/23 10:17)

普段は読み流ししておりコメント欄を参照したこともありませんでしたが、
今回は言わせて下さい。
フェルディナント・ヤマグチ氏がご自身の顔の掲載を避ける意図が全く理解
できません。 おそらく、著名な方々との記念撮影にもかかわらず、とても
ふざけた表情で同じ画像に入られている方を憤慨させるほどではないかと
心配になるほどです。

フェルディナント・ヤマグチさん、あなたほど素敵な記事を投稿される方なら
既にお分かりのはずです。 炎上する前にご自身の顔をそのままの姿で現して下さい。(2016/12/22 09:30)

このコラムの筆者、フェルディナント・ヤマグチ氏は 自身の写真のぼかしについて、読者の批判の趣旨がわからないらしい。 おなじ過ちをしているのに、自覚出来ないのは恥ずかしいと思いますけれど、もう少し地に足をつけてお考えになったら如何でしょう。(2016/11/21 18:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

上が細かい所まで知りすぎると 下はごまかしがきかない。ただ事業の スピードは上がります。

髙橋 和夫 東京急行電鉄社長