• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あれれ?セレナの自動運転が突然“職場放棄”

第362回 日産セレナ【試乗編】

2016年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチです。

 本日も明るく楽しくヨタ話から参りましょう。

 「日本一エロいオバサン」としてその名も高い岩井志麻子さん。高須クリニックの高須院長との共著が発売5日後に絶版となり物議を醸した西原理恵子さん。お二人の合同誕生会が開かれたので顔を出してきました。

サイバラ先生原画の素敵なケーキ。こちらは完全な手描きですが、最近は写真を取り込んでケーキ上に印刷する”ピクトケーキ”なるものも有るそうです。

 志麻子センセは最近タレント業が忙しく、何とホリプロに所属しておられるのだとか。「テレビには文化人枠で呼ばれるのでギャラが安い」と嘆いておられました。ヘタな芸人より何倍もハジケた芸風をお持ちなのに。何ともったいない。

同年齢の岩井志麻子さん、西原理恵子さん、中瀬ゆかりさんからなる「熟女キャッツアイ」の面々と。いやもう濃すぎです。帰宅したら謎の高熱にうなされました。

 こちらもまた別の意味で濃いお二人と代々木公園で早朝ラン。

 来年もBMWのご厚意により東京マラソンに出場するんです。そろそろちゃんと走らないとヤバいんです。

世界を股にかけるお二人と。彼女たち、年間で地球を10周位はしているのではないでしょうか。ランも速いし酒も強いし、実に男らしい。やはり帰宅したら発熱してしまいました。

 代々木公園でのランが終わり、駐車していた通りに戻ったら、ちょうどパーキングチケットの集金をしている最中でした。機械の中を覗けることなんてめったに無いですからね。ちょっと話を聞いてみました。

 「ここら界隈では、この装置が一番の売上ですね。大きなイベントなんかが有ると、1日に40回くらいの駐車があります」とのこと。なるほど。チケット式は1台で複数箇所の管理ができるから、一枠一台のパーキングメーターより合理的なんですな。勉強になりました。枠内に停めていても、お金を入れてシールを貼らないと駐車違反になっちゃいますからね。ケチらずキチンと払いましょう。

パーキングチケット券売機の内側。なるほどこうなっていたのか。

 身内の忘年会で堀江貴文氏と。当原稿があるため二次会を辞退したら、「あれくらいの量なら2時間位でササッと書けるでしょう」と。冗談じゃない。その何倍もかけて書いていますぜ。ライター立てて喋るだけの人とはワケが違うのよ、と言ったら、彼も「冗談じゃない!」と。彼の有料メルマガは、ゴーストを立てずに全て自分で書いているのだそうです。おみそれいたしました。

渦中のホリエモンと(笑)。

 さてさて、軽くヨタを飛ばしたところで、そろそろ本編へと参りましょう。

 久し振りの日産車、「プロパイロット」なる「同一車線自動運転技術」を搭載した、5代目セレナの登場であります。

コメント42件コメント/レビュー

脅威だったグーグルカーの開発がストップしたので、これ以上の自動運転技術の進化は不要と考えます。レーンチェンジキープ、GoアンドSTOP機能付きクルコン、だけで十分です。中途半端なプロパイロットの介入はむしろ危険で、スマホをいじりながら運転する人の増加を招くだけかと。

乗り心地がよく、車内が静かで、エンジンの不要や振動が手足に伝わり難くく、数年乗っても内装のビビり音がしない堅牢なボディーであり、何年乗っても素敵だな~と思える内外装、など本質的な部分をしっかり見つめて車両開発をして欲しいですね。小手先の機能を付加して「やっちゃいました」的な課題広告は、ユーザの怒りを買いかねません。(2016/12/17 07:54)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「あれれ?セレナの自動運転が突然“職場放棄”」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

脅威だったグーグルカーの開発がストップしたので、これ以上の自動運転技術の進化は不要と考えます。レーンチェンジキープ、GoアンドSTOP機能付きクルコン、だけで十分です。中途半端なプロパイロットの介入はむしろ危険で、スマホをいじりながら運転する人の増加を招くだけかと。

乗り心地がよく、車内が静かで、エンジンの不要や振動が手足に伝わり難くく、数年乗っても内装のビビり音がしない堅牢なボディーであり、何年乗っても素敵だな~と思える内外装、など本質的な部分をしっかり見つめて車両開発をして欲しいですね。小手先の機能を付加して「やっちゃいました」的な課題広告は、ユーザの怒りを買いかねません。(2016/12/17 07:54)

●自動運転
ちょっと考えてみてください。新幹線は自律走行可能と思えるが、あえて自動運転をあえてしない(ゆりかもめのような都市交通システムは自動運転ですが、新幹線も同様常時監視されている)。航空機も大型旅客機ではかなりの部分が自動操縦ですが、CSで放送されているメーデー(航空機事故とその検証番組)をみていても、人的なミスやプログラムミスで重大な事故をたびたび起こしています。
上記のように軌道上を走る鉄道、飛行領域に事実上、航空機以外の進入物が無い航空機と、自動車が走行する道路状況を比較すれば理解しやすいと思います。
一番分かりやすいのは先端技術である軍事兵器ですね。完全自律動作するものは(ほぼ)無く、リモートコントロールで操縦されている。
あと10数年で完全自動運転が実現、免許が要らなくなるなんて、絵空事に近く事実上不可能でしょう。自動車専用道路でならば可能となるかもしれません。
それから言えば、市街地では完全に歩車分離などを行えば可能になるかもしれません。いずれにせよ道路交通システムの大転換が必要になると思います。
以上から、完全自動運転は想定外の事態が発生し易い状況では、とても可能とは考えることができない。というのが現在、そして近未来の状況だと私は考えています。
(しかし本当に実現できたら、その恩恵は計り知れません!私が生きているうちには無理かな?(笑)のMAZDAファンの自動車曲げオタクより)(2016/12/16 08:49)

自動運転っていつもそう思うんだけど
車だけで対応するんじゃなくてさ・・・
・高精度地図
・道路に車への情報フィードバック
・道路情報を車へ送信
とか、複合的に実現していかないと、カメラやセンサーだけだと
限界がありそうなんだけ、どうなんでしょう?
以前、道に誘導信号を埋め込むような案の自動運転を進めてるとこ
なかったっけ?(2016/12/15 16:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長