• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

グーグルが見つけた「成功するチームの法則性」

1+1が3にも4にもなる「魔法の空気」の作り方

2018年1月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年末からず~っとスカッパレが続いている(原稿を書こうかなぁ~っとパソコンを開いた1月4日現在です)。
 ホントに気持ちがいい。絶好の原稿日和……である。たぶん(苦笑)。
 というわけで、2018年の一発目は……「職場と感情」について書こうと思う。

 というのも、実は年末からボヤボヤと何を書こうかと思いを巡らせていたのだが、アレコレ思い浮かぶテーマを噛み砕き思考の断片をつなげていったところ、「どの話も、職場での感情のやり取りが上手くいってないせいじゃないかなぁ」という結論にたどり着いた。

「やっぱり××は言えないよね」

 例えば、

 親の介護をしている部長さんは、

 「やっぱ会社には言えないよね。部下に迷惑がかかるでしょ」

 とひとり問題を抱え込んでいたし、
 ミスの多い部下に思い悩んでいた上司は、

「厳しく言わないと、って思うんだけど……、パワハラになりそうで恐い」

 とためらっているうちにめんどくさくなり、その部下を異動させた。
 20代の若手は、

 「ホントは自分では判断できないことがあるんです。でも、そんなこと聞いたら“ダメなヤツ”って烙印を押されてしまう」

 と不安満載で仕事をしていたし、
 年上部下を持つ40代前半の課長さんは、

 「全く心を開いてくれない。やりづらい……っていうか関わるのを避けるようになった」

 と、自分の行動を悔いていた。

 当たり前のことだけれども、仕事をしているのは人。
 人である以上、さまざまな感情を抱く。

 家庭でのしんどい気持ちを引きずりながら、仕事をしなくてはならないこともあれば、上司や部下との関係に悩むこともある。

 特に職場では、楽しい、めんどくさい、イヤといった単純な感情だけでなく、嫉妬、羨望、イライラ、怒り、不安、一体感、共感、恋愛、信頼など、多種多様。職場は感情の宝庫だ。

コメント25件コメント/レビュー

「心理的安全性」を作ろうとしている経営者や人事が増えてきていると思いますが、
様々な制度や施策よりも、
「記事内の、スマイル、アイコンタクト、うなずき、姿勢」の方が同じかそれ以上に重要だと痛感します。


加えて、できるだけ、「指示・命令しない」「善悪をつけない」「審判しない」マネジメント。
マネジメント層の日々の言動が、心理的安全性に、一番作用すると考えています。(2018/01/17 13:18)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「グーグルが見つけた「成功するチームの法則性」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「心理的安全性」を作ろうとしている経営者や人事が増えてきていると思いますが、
様々な制度や施策よりも、
「記事内の、スマイル、アイコンタクト、うなずき、姿勢」の方が同じかそれ以上に重要だと痛感します。


加えて、できるだけ、「指示・命令しない」「善悪をつけない」「審判しない」マネジメント。
マネジメント層の日々の言動が、心理的安全性に、一番作用すると考えています。(2018/01/17 13:18)

コメント返しになりますが、東芝のフラッシュメモリ開発の話は成功するチームの条件と一致していると思いますけどね
(「各自が自分をさらけ出せる」「自然に自分をさらけ出している」が要点な為)

一昔前はそれが許されていた空気はあったけど
今は評価方法も含めて、いかに
1.言われたことを想定通りに実行したか
2.ミスなく効率的に業務を行ったか
3.対人関係で問題が無いか(協調性ともいう)

はっきり言ってロボット(駒ともいう)のような人間が日本社会では求められている
と言う事かと思ってます
また、そんな人間が出世した現状が今の大企業の現状でしょうね(2018/01/16 13:10)

言いたいことを言えない職場というのは言えない人の主観であることが多いと思う。要は言うべきことが言えないのは、普段から言う努力を怠っている人の言い分なのだと。自分はAさんと同意見なのでいう必要はない。とか、言ったらバカにされる。とか、誰かが言ってくれるから自分は言わないとか。たとえ風通しがいい環境だろうが、発言しない人は発言しない。持病云々自分の弱みをさらす必要性についてはよくわからない。実は自分・・・みたいなのって茶番としか思えない。(2018/01/15 17:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官