• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“ブラック学校”温存させる教育界の無責任地獄

休職者比率は高止まりで、その半数がメンタル不全という現実

2017年1月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「教師の長時間労働を止めるのは、誰なのか?」ということについて、考えてみる。 

 校長?教育委員会?先生自身?いったい誰?

 何人もの教師たちがうつ病などの精神疾患で休職したり、過労死や過労自殺しているというのに、責任は誰、あるいはどこにあるのか?

 ひと月前の12月22日。文科省から「平成27年度公立学校教職員の人事行政状況調査結果」が公表され、2015年度にうつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員が5009人に上ることがわかった。

 これは在職している全教員の0.54%に当たり、病気休職者7954人中6割強を精神疾患が占める。

 以下のグラフは、在職者に占める「精神疾患による病気休職者の比率」と、「精神疾患による病気休職者数」の推移を示したものだ。精神疾患による休職者の比率は、急激に上昇した後、ここ10年近くはほぼ横ばいで、ほとんど改善されていない。また、休職者数の増加は、その大半が精神疾患による休職が原因なのだ。

出所:「公立学校教職員の人事行政の状況調査」

コメント36件コメント/レビュー

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」というタイトルとは全く違う。タイトルは目を引くための釣りなのか? 今回のタイトルもすごいが、「警鐘を鳴らす」だけ。このような三面記事を毎回連載させる編集部は、
日経ビジネスのレベルを落としているのだと分からないのだろうか?(2017/03/22 15:58)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“ブラック学校”温存させる教育界の無責任地獄」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」というタイトルとは全く違う。タイトルは目を引くための釣りなのか? 今回のタイトルもすごいが、「警鐘を鳴らす」だけ。このような三面記事を毎回連載させる編集部は、
日経ビジネスのレベルを落としているのだと分からないのだろうか?(2017/03/22 15:58)

責任を持って動けるポジションの明確化は、教育委員会に求めたいが、まず無理でしょう。


プレミアムフライデーもそうでしたが、民間には求めるのに、自分たち(経産省や文科省)は忙しいからやらない。というスタンス?

現場は休めるけど、役人は動き続けているから、現場も働け。という自分たちの時間管理の無さ?

PDCまでやっても、Aはしない(現場に見えないだけ?)のに、調査は来る。
授業の準備と、授業と、授業の片付けに時間を使いたいのに、議会の突発対応など急な調査が入ると、現場の手は止まる。
それでも現場の作業範囲はやりきらないと明日の授業ができない。

どうにかして欲しいと声を上げても、実効策は皆無・・・(2017/02/28 12:52)

教師の数が足りないことを認めたがらない人が多いですね。
日本しか知らない人はそうでしょう。
システムが悪い以上に、絶対的人数が足りないのです。
コストをかけなければ、成果は得られません。
日本ほど教育が大事だと考えている国はないのですが、それが精神論になっている。
戦前の日本軍を馬鹿にできませんね。(2017/01/31 16:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社全体を見ているのが、 私しかいない。

樫尾 和宏 カシオ計算機社長