• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「女王蜂」上司が女性部下を潰す不都合な真実

男性陣も嘆く女性幹部が増えない真の原因とは?

2018年3月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:Ardea/アフロ)

 書こうか書くまいか、この期に及んで悩んでいる。

 先日、女性上司を持つ30代の女性たち数人にフォーカスインタビューを行ったのだが、その内容がかなり衝撃的で……。書き方をちょっとでも間違えると、ややこしい問題に発展しそうな気がしているのだ。

 テーマは「女王蜂症候群」──。
 もちろん、銀座のクラブの名前ではない。

 「女王蜂症候群(クインビーシンドローム)」は、今から50年近く前の1970年代、米ミシガン大学のグラハム・ステインズ、トビー・エプステイン・ジャヤラトナ、キャロル・タブリスの研究論文「The queen bee syndrome」( Psychology Today, 1974)で使われた言葉で、男社会で成功した女性が、自分の地位を守るために他の女性の活躍を快く思わない心情を表している。

 “女王蜂”は、男社会の中で必死で頑張ってきたエリート。育児も仕事も完璧にこなすスーパーウーマンで、仕事もできるし、身体もタフ。職場のマチョタイム(会社人間時間)に適応し、夫とも対等な関係を築いている。

 「この地位を手に入れられたのは、自分ががんばってきたからだ」という自負が強く、今の地位も気に入っているので女性全体の地位向上には至極冷淡というのが当時の解釈だった。

 で、数年前。米国で再び「女王蜂症候群」という言葉が注目され、様々なメディアで特集が組まれるほど話題となる。

 そのきっかけのひとつが2013年3月に出版され、瞬く間にベストセラーになった『Lean In: Women, Work, and the Will to Lead (邦訳:リーン・イン:女性、仕事、リーダーへの意欲)』。

 著者のシェリル・サンドバーグ氏は2012年、Facebook初の女性役員に就任し、同年『タイム』誌が選ぶ、世界で最も有力な100人に選出されている超エリートである。

 米ハーバード大学経済学部を首席で卒業し、ハーバード・ビジネス・スクールを修了後、米マッキンゼー・アンド・カンパニーで勤務。ビル・クリントン大統領時代に財務長官のラリー・サマーズの下で働き、2001年にGoogleに移籍。2008年にFacebookに引き抜かれた。

 と、書いているだけでため息が出るような華々しい経歴なのだが、やさしい夫(2015年に他界)、2人の子どももいて、facebookなどの保有株で10億ドル以上の資産を持つとされるなど、仕事も家庭も社会的地位も、すべてを手に入れているような女性である。

 その彼女が、
「男女平等を実現するには、リーダーとなる女性がもっと増えなければならない。働く女性たちはもっとキャリア構築に前のめりになるべきだ」と説き、「女性が自分の野心を成し遂げたいなら、対等な立場のパートナーが必要」
 と断言。

 前のめり……か。個人的には、ほっといてくれ、と思うが、キャリア志向の高い女性たちからは圧倒的な支持を得た。

コメント81件コメント/レビュー

女性上司の下で働いたことはないが、女性部下を持った経験は豊富にあるので実感を言わせていただくと、彼女たちは総じて責任を負いたがらない。
これは差別ではなく、自分の経験上では確実な傾向であり、統計である。

もちろん男性にしても、ただ責任を負うことだけを進んで引き受ける者は居ないだろう。
しかし上昇志向の強さから、あえて自ら責任を負おうとする者が、男性社員には一定の割合でいる。責任をチャンスと捉える者だ。
その反面、女性社員でそうした振る舞いを見せた者は、今までの私の経験上では居ない。

管理者の話ではないが、一例を挙げよう。
5年程前に、派遣社員の正社員登用のチャンスがあった。
5人の女性派遣社員に話をしたが、誰一人として希望するものは居なかった。
理由は皆、異口同音に「正社員になると責任が重くなるから。」
その直後に派遣法改正があり、今度は全員が正社員になりたがったが、既に会社のドアは閉ざされていた。結局全員、会社の方針で3年以内に辞めてもらうしかなかった。
皆、非常に優秀な社員であったので、私としても「何故あの時言ってくれなかった」という気持ちで一杯だった。
ちなみに最初の正社員登用の話に、男性の派遣社員は皆希望して来た。
残ったのはその時の男性社員のみだ。

やはり管理職に就くべき資格(能力)とは、このような点にあるのではないか。
私の会社は完全な理系企業であるので尚更かもしれないが、学生時代からのマイノリティでは、リーダーたる心構えもその経験や教育も難しいことが推測される。
まずはリケジョ比率を高めるところから始めないと無理があるのでは。

クォータ制による庇護は数値上の効果はあっても、業務的には逆効果だろう。
むしろ、将来の反動を危惧する。(2018/03/09 18:33)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女王蜂」上司が女性部下を潰す不都合な真実」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

女性上司の下で働いたことはないが、女性部下を持った経験は豊富にあるので実感を言わせていただくと、彼女たちは総じて責任を負いたがらない。
これは差別ではなく、自分の経験上では確実な傾向であり、統計である。

もちろん男性にしても、ただ責任を負うことだけを進んで引き受ける者は居ないだろう。
しかし上昇志向の強さから、あえて自ら責任を負おうとする者が、男性社員には一定の割合でいる。責任をチャンスと捉える者だ。
その反面、女性社員でそうした振る舞いを見せた者は、今までの私の経験上では居ない。

管理者の話ではないが、一例を挙げよう。
5年程前に、派遣社員の正社員登用のチャンスがあった。
5人の女性派遣社員に話をしたが、誰一人として希望するものは居なかった。
理由は皆、異口同音に「正社員になると責任が重くなるから。」
その直後に派遣法改正があり、今度は全員が正社員になりたがったが、既に会社のドアは閉ざされていた。結局全員、会社の方針で3年以内に辞めてもらうしかなかった。
皆、非常に優秀な社員であったので、私としても「何故あの時言ってくれなかった」という気持ちで一杯だった。
ちなみに最初の正社員登用の話に、男性の派遣社員は皆希望して来た。
残ったのはその時の男性社員のみだ。

やはり管理職に就くべき資格(能力)とは、このような点にあるのではないか。
私の会社は完全な理系企業であるので尚更かもしれないが、学生時代からのマイノリティでは、リーダーたる心構えもその経験や教育も難しいことが推測される。
まずはリケジョ比率を高めるところから始めないと無理があるのでは。

クォータ制による庇護は数値上の効果はあっても、業務的には逆効果だろう。
むしろ、将来の反動を危惧する。(2018/03/09 18:33)

>男女格差の順位が下がり続けて144か国中114位

どこの調査機関の、どのような項目の調査でしょうか。
まさか内戦での大虐殺や男性の海外出稼ぎによる否応無しの女性活躍でも上位になる指標ではないですよね?「それでも男女格差が無い社会なら日本よりマシ」と考えていらっしゃるなら本末転倒と言うものでは。(2018/03/09 16:44)

『「女王蜂上司」が女性部下を潰す不都合な真実』というセンセーショナルなタイトルに惹かれて、ついつい読んでしまいました。結局、このタイトルが女性の一般的な性質で、真だとするならば、女性を幹部登用するときには部下は必ず男性にしなければならないということが結論になると思います。また、文章の構成は、「女王蜂上司」の定義から始まって、女性部下を潰す実態の報告があってから、そこから生じる矛盾の数々が述べられて不都合極まりないとの結論に達する、という流れになるのかと想像してました。しかし、実際の文章はタイトルとはかけ離れたもので、例えばタイトルの”潰された部下”は文章中には全く現れてはおらず、なんだあこれはと思いました。”潰す”というのは、男性社会では”過労死”させるとか、”体を壊して長期の入院治療”が必要なようにするとか、”精神的に異常な状態”にするとかを指し、インタビューで文句が言えるような状態を意味しません。用語の使い方にも男女間の差があり、女性上司なら”潰す”と言われても、笑ってやり過ごせそうです。ちなみに、当方は男性上司から”おまえを潰す”と宣言されて、その結果、後一歩で”過労死”となりそうでしたが、わずかに届かず、”体を壊して長期の入院治療”が必要な状態で留まりました。文章に記載程度の”潰す状態”で済むのなら、心の底から、女性上司の方が良かったなあと思います。死なないですから。(2018/03/09 15:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

影響力がある方々の発信力や突破力につないで実現にこぎ着けるほうが多かった。

保岡 興治 元法相、自民党憲法改正推進本部特別顧問