• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

森友問題の病根は“狂った職場”で増殖する

同期の1割を死に追い詰める霞が関の見えないパワー

2018年3月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

佐川宣寿氏は証人喚問で真実を語るのか(写真:つのだよしお/アフロ)

 今日3月27日は、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省決裁文書の改ざんで、当時理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行なわれる。

 「ちゃんと行なわれるのか? 大丈夫なのか?」と、原稿を書きながら心配している(現在、24日土曜日)。

 私だったらムリ。あそこまで露骨に“佐川事件”(by 自民党の西田昌司・参院議員)などと責任を押し付けられたら、参ってしまう。

 「ナニ善人ぶっているんだ! 財務省が悪いんだろう!」
とお叱りを受けるかもしれない。

 でも、自民党の和田政宗・参院議員が太田充・理財局長に対して、「安倍政権をおとしめるため意図的に変な答弁をしているのか」と問い詰めた(太田氏は民主党政権時に野田佳彦元首相の秘書官を務めていた)ことに対し太田氏が
 「いくら何でも、いくら何でも、……いくら何でも。……私は、公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが、仕事なんで。それをやられるとさすがに。いくら何でも、それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」
 と抑え続けられた憤りを噴出させていたのを国会中継で見て、ナニかを感じずにはいられなかった(和田氏は批判を受けて後に発言を撤回)。

 公文書改ざんという問題の本質はさておき、彼ら官僚たちをあそこまでたらしめる“目に見えないパワー”とはナンなのか? 恐ろしくなってしまったのだ。

 先週(3月22日)、「官僚のメンタル休職者は民間の3倍。国会対応、政治家の理不尽に翻弄される」という記事がSNS(交流サイト)上で話題になった(詳細はこちら。

 内容をざっと紹介すると、
・メンタルヘルスで一カ月以上休職している国家公務員(精神及び行動の障害による長期病休者数調査、非常勤職員除く)が全職員の1.26%(全産業の同様の休職者の割合は0.4%)
・自殺者は毎年40人前後(過労自殺含む)
・年間の超過勤務の平均時間は全体で235時間、霞が関本省は366時間(人事院による)
 など、官僚たちの過酷な職場状況を報じた。

 記事では、社員による企業の口コミサイトのコメントも掲載している。「財務省、経産省、国交省に対して、やりがいや人材育成を評価する口コミも多く、あくまで、過酷な職場に対する一部の意見」としつつも、描かれていたのは実に“乾き切った”当事者たちのリアルだった(以下、一部を抜粋)。

コメント60件コメント/レビュー

>時々いっそ全公務員でストライキしてみたいと思うこともあります。きっと面白いことになりそうです。

是非お願いします!参加者は全員懲戒解雇し、使える半数だけ再雇用ということで。
生産性向上+財政改善で一石二鳥、皆ハッピー。(2018/03/30 11:18)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「森友問題の病根は“狂った職場”で増殖する」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>時々いっそ全公務員でストライキしてみたいと思うこともあります。きっと面白いことになりそうです。

是非お願いします!参加者は全員懲戒解雇し、使える半数だけ再雇用ということで。
生産性向上+財政改善で一石二鳥、皆ハッピー。(2018/03/30 11:18)

>>>>>(2018/03/28 16:13)
平成28年 5月16日の衆院予算委員会の議事録で、安倍総理の発言は 『議会については、私は行政府の長であります。・・・』 と、記録されております。
これだけ読んだ人は、当時安倍総理が゛失言した事は窺い知る由もありませんね。(2018/03/30 10:15)

佐川元局長の証人喚問は、肝心な所は訴追の恐れもあるとして回答拒否されました。素人質問ですが、証人喚問は、物事が明らかになる適正な方法なのでしょうか?国民の興味の目にさらされて、茶番劇を見せられている気がしました。官僚の信頼も失った日本ですが、確定申告の提出書類は詳細に領収書を出させるのに、国の大事な文書議事録が正しく残されていない仕組みは厳しく政府と官僚に国民が怒って問い詰め、改めさせるべきです。国民主権の危機ではないでしょうか?(2018/03/29 23:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長