• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「女は大学行くな」で考える男の言い訳

6歳の少女が教えてくれた会社が変らない理由

2018年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

しんどさを乗り越える強さを人間は持っている。そして乗り越えられた時に「変革の担い手」になれる(写真=Asia Images/アフロ)

 今回は「ミドルたちのこれから」についてアレコレ考えてみる。

 突然ですが、 
 「あなたはあなたを知っているか?」 そして、 「あなたは変革を担っているだろうか?」

「もう50年以上自分と付き合ってるんだから、知ってるも何もないだろ?」
「少なくとも会社での自分のポジションは、よ~くわかっているぞ(苦笑)」
「そうそう。オレたちの時代は終わったってことは知ってる(笑)」
「あとは下の世代に迷惑かけないように、息を潜めるだけ」
「こんな自分でもさ~、若いときは色々夢見たけどね」
「かっこつけて起業とかしても、あんまり上手くいってるヤツいないしな~」
「まぁ、給料減っても65歳までは一応いられるんで」

 ……なんてことを思っているのであるまいか?

 実は冒頭のメッセージの発信者は、神戸女学院大学と津田塾大学。
 言うまでもなくどちらも女子大である。つまり、これらは若い女性たちに送ったもの。が、私は「私たちの世代」へのメッセージとして受け止めるべきと感じた。  少なくとも私は自問した。「私は私をホントに知っているのか? 私は変革を担っているか?」と。

 例えば、こちらが神戸女学院大のメッセージの全文である。

 JRと阪急電車の車内広告に掲載されているので、ご覧になった方もいるかもしれない。
 「女は大学に行くな、」とは、数年前に物議をかわした曽野綾子さんの「女は子どもができたらお辞めなさい」(忘れちゃった方はこちらをどうぞ)を彷彿させるコピーだが、全文を読めば全く真意が異なることがわかる。

 大学の広報担当者はWebニュースのインタビューに、次のように話している。

 「伝えたいのは『正解がない。その不確かさを、不安ではなく、自由として謳歌するために。』というところです。
 大学時代だけではなくその後の人生においても学び続けていってほしいと願っています」

○当たり前に囚われる存在(=ジジイ)が、会社の残念度合いを上げる。
 痛快でありながら、「自然とそうなる」階層組織の闇に恐怖すら感じました。 「ウソをつく」「無責任」「頑迷」でありながら自覚がない、悪気もない存在を  どう処していくのか、考えさせられます」

(一般企業勤務 40代)

○現場、人間に対するリスペクト、その可能性を信じている著者の一貫した想い、
 愛情が伝わってきました。本書で書かれていた「合言葉」と「道具 」、 「仕事の意義、価値の伝道師」が教育担当を務める私の行動指針であることを教えていただき、 改めて自分のスタンスが確認でき、勇気をいただきました。」

(早期退職後再就職 56歳)

本書は、

  • 自分は責任感が強い!
  • 自分は女子力は高い!
  • 自分は会社や上司に一切不満がない!
という人には役に立たない本です。

コメント17件コメント/レビュー

少し違うかもしれませんが、「私は私を知っているか」については、若いころから、内側から見る自分自身は私が一番知っているが、他人からどの様に見られているかはわからない。また他人からどの様に見てもらいたいかを考えると精神的におかしくなると考えてきました。
変革に関しては、ある外国の人からSNSで送られてきた言葉「世界を変えることは難しい。しかしたった一人であっても、その人の世界を変えることができれば素晴らしい」(記憶に頼っているので正確ではないですが)が好きです。
今年古稀を迎えますが、趣味とボランティアを中心に、怒らずいつも笑顔で、ポジティブに積極的に行動するを心がけています。
退職後の世界は、自分が身につけた技能・経験は役に立ちますが、学歴・会社・地位など全く意味がないことを体験し続けて過ごしています。(2018/04/20 11:52)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「女は大学行くな」で考える男の言い訳」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

少し違うかもしれませんが、「私は私を知っているか」については、若いころから、内側から見る自分自身は私が一番知っているが、他人からどの様に見られているかはわからない。また他人からどの様に見てもらいたいかを考えると精神的におかしくなると考えてきました。
変革に関しては、ある外国の人からSNSで送られてきた言葉「世界を変えることは難しい。しかしたった一人であっても、その人の世界を変えることができれば素晴らしい」(記憶に頼っているので正確ではないですが)が好きです。
今年古稀を迎えますが、趣味とボランティアを中心に、怒らずいつも笑顔で、ポジティブに積極的に行動するを心がけています。
退職後の世界は、自分が身につけた技能・経験は役に立ちますが、学歴・会社・地位など全く意味がないことを体験し続けて過ごしています。(2018/04/20 11:52)

つい、30年前までは、女性は大学を出ても就職先は先生か公務員しか男性と同等の給料で働けない時代でした。男性優先の社会が見えない壁、ガラスの天井を作り上げて来ました。男性の権威が無くなってきた現在。シニア男性の自らを卑下する態度、諦めの生き方が増えてきたように思います。
「年のせい」とついつい周囲に言ってしまったり、「若い人に任せた」と自ら動こうとしなくなったり。自らを厳しく自戒し、常に自己革新、自己変革しようと考えも新たにさせられました。自分を自分で諦めない!(2018/04/19 23:14)

「女は大学行くな」で考える男の言い訳
「女は大学へ行くな」と標記してほしい。最近、主格の助詞を省く傾向にあるが、大人としては恥ずかしいと思う。大学生の会話じゃないんだから、と思う。(2018/04/19 14:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長