• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

まさか俺が…追い出し部屋行きは“運”かもね?

いい意味で「無責任」が案外出世する

2017年4月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週、週刊現代の「三越伊勢丹『恐怖の追い出し部屋』でいま起きていること」という記事がネット(「現代ビジネス」)で公開された。

 三越伊勢丹といえば、大西洋前社長が「解任」されたばかり。個人的には大西さんが社長に就任してからの三越伊勢丹は、いい意味で「ちょっと変わったなぁ」と感じていたのでショックだった。

 2014年4月に公開された「伊勢丹タンタン」は見てるだけで楽しかったし、営業時間の短縮、2月・8月の定休日、新年3日初売りなど、「社員が元気じゃなきゃ、いいサービスはできない」という考え方には至極共感していたのだ。

 その大西体制が崩壊した直後の「社内一掃セール」(記事から引用してます)。

 私自身、記事の冒頭を読み始めたときは「マジ?? 恐っ!」と思わず呟いてしまったし、ネットの反応も「ひどい」「不買運動だ!」「買い物が楽しくなくなるよ」などなど否定的なものがほとんどだった。

 でも、記事を読み進めて行くうちに、以前、インタビューしたある会社(三越伊勢丹ではありません)の、役員の方が言っていたことを思い出した。

 「追い出し部屋に行かされるのは、出来の悪い社員とは限らない。そのときの上司との関係や仕事への考え方の違いがきっかけになることもある。なんていうのかなぁ。要は、“運”みたいことがあってね。そうね、運なんですよね」と。

 というわけで、今回は「追い出し部屋に行かされるのは、“運”しだいかもね?」というテーマで、アレコレ考えてみようと思う。

あなたはどう見る、「追い出し部屋」

 まずは記事に書かれていた、「追い出し部屋」に関する内容のみ簡単に紹介する(以下、私の視点で要約させていただきます。元記事はこちら→「三越伊勢丹『恐怖の追い出し部屋』でいま起きていること」)。

 4月1日に、人事部付の「サポートチーム」という新部署ができ、部長クラスから30代まで、総勢50人以上に異動の辞令が下りた。異動と共に降格された人が多く、部長は管理職をはずされ100万円近く年収が減る人もいるのだという。

 新部署はビルのワンフロアで、

・20~30脚の椅子、PC4台、キャビネットが設置、
・部屋は私物置き場と、連絡の場としてのみ利用可。

 また、

・仕事は旗艦店3店舗での販売応援で(お客様の整列、棚の整理など)
・辞令のメールには「今後の会社人生について考えるよう促す」個人面談にも言及していた。

 同僚がサポートチームに追いやられた社員によると……、

 「サポートチームに追いやられた同僚は、さっそく三越日本橋本店の売り場の『お手伝い』をさせられた。お得意様の営業をやっていた奴が、新入社員がやるような棚の整理なんかをやらされる。『なんで俺なんだよ。もっとほかに来るべき奴がいるだろ』と嘆いていた」

 とのこと。
 さらに、

 「大西さんの退陣と同時に大西派の幹部も一斉に粛清したので、社内の“大西派”の社員は、追い出し部屋に戦戦恐恐としている。同期に一割しかなれない部長職まで上りつめても追い出し部屋に行かされたのは、『どんな役職の人間も容赦はしない』というメッセージだ。せっかく出世しても、ついていた上司を間違えただけで左遷かと思うと、やるせない」

 とコメント。

 ちなみに同社は週刊現代の取材に対し、

 「各部署への適正な要員配置と生産性向上のため導入。従業員の雇用確保を大原則としている」と、追い出し部屋を否定している。

 さて、この“在庫一掃セール”、どうなんでしょ?

コメント42件コメント/レビュー

「追い出し部屋」は、久しぶりに聞いた言葉だった。しかし、会社員の自身の出世には多くの従業員の関心事だ。私自身50半ばにして、社内営業には長けていなかったので、会社内での上が見えてきた状況に置かれている。ここまでくると割り切っているが、人員削減に追い込まれている会社に勤めていると社員は哀れだ。そもそも三越という会社は百貨店業界の中でも、苦しい立場に置かれているように見える。それは、経営陣の責任が大きいのではないか。河合様の最後のコメント、「食っていける力を持っておけば、必ずや「運」が味方してくれる。」言うは易く行うは難し。ただ、普段から、会社に従属されて務めるのではなく、会社と対等の立場で働く、会社に貸をつくるつもりで働くことで、仕事力は格段に上がる気がします。(2017/05/04 14:25)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「まさか俺が…追い出し部屋行きは“運”かもね?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「追い出し部屋」は、久しぶりに聞いた言葉だった。しかし、会社員の自身の出世には多くの従業員の関心事だ。私自身50半ばにして、社内営業には長けていなかったので、会社内での上が見えてきた状況に置かれている。ここまでくると割り切っているが、人員削減に追い込まれている会社に勤めていると社員は哀れだ。そもそも三越という会社は百貨店業界の中でも、苦しい立場に置かれているように見える。それは、経営陣の責任が大きいのではないか。河合様の最後のコメント、「食っていける力を持っておけば、必ずや「運」が味方してくれる。」言うは易く行うは難し。ただ、普段から、会社に従属されて務めるのではなく、会社と対等の立場で働く、会社に貸をつくるつもりで働くことで、仕事力は格段に上がる気がします。(2017/05/04 14:25)

両親が離婚したあと、母親の生活レベルをみていると、離婚しても食べていける力があるのは大事だと思います。(これは男女関係なしに、人が独立するためには必要なものかと)
ただし、相手が離婚しても食べていけるという自身があれば、離婚すること自体あまり気にならなくなってしまいますが、こうなると離婚・再婚(会社でいうと転職)が増えるばかりですね。。。これが、新しい時代の文化になってしまうのでしょうか?(2017/05/01 14:07)

視点が評価される側だと、「自分は優秀なのに何でこんな境遇なのか?」になり、評価する側だと、人員を削りたいときには「君は経営に貢献していないのでさっさと自主的に辞めて欲しい」になる。評価される側の人間が、何を言っても虚しいだけで、タイトルの「まさか俺が…追い出し部屋行きは“運”かもね?」は評価される側のやるせなさを感じさせる良いタイトルだと思う。簡単に言えば、評価する側に廻らないと、いつ何時そんな境遇に陥るかは不定だよ、ということなのだろう。あの時こうしていればと考えても、不定なことに答えはない。評価する側に廻ることしか、避ける道は無いのでは?従って、過去主流派に居た時点では評価する側に廻っていたが、トップが交代すると非主流派の評価される側に廻るのは、帰属人間の暗黙のルールで、そこまで行けただけでも出世したといえるのではないだろうか?そこにも加われない人間の方が遥かに多い。(2017/04/28 17:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長