• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日大アメフト選手に学ぶ“不正の後始末”

権力は強さではなく弱さに宿る、困難乗り越える

2018年5月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

記者会見に臨む日大アメフト部の宮川泰介選手(写真:AP/アフロ)

 このコラムが公開される頃、日大アメフト部の問題はどうなっているのだろうか?

 権力、不正、服従、正当化、自己保身、ウソ、無責任、密室性、心理的抑圧etc……。
 これまで研究者たちが検証を試みた「心のメカニズム」が、見事なまでに再現された“事件”だった。
 内田正人前監督と井上奨コーチの節操なき会見は、「権力が強さではなく弱さに宿る」ことを知らしめる象徴的な会見だったし、先だって行なわれた日大アメフト部の選手の言葉には、「不安という感情が人を弱くも強くもする」ことが赤裸々に表れ、切なかった。

 今回のような事件は、どこの組織でも起きるし、起きてきた。過去には何人もの、“内田氏”、“井上コーチ”、“日大アメフト選手”がいたし、“外野席”にいる私たちも例外じゃない。

 そして、手を染めてしまった“あと”を、左右するもの。
 SOC。Sense Of Coherence。直訳すると「首尾一貫感覚」。

 SOC とは人生であまねく存在する困難や危機に対処し、人生を通じて元気でいられるように作用する「人間のポジティブな心理的機能」。このコラムで何回か書いてきたとおり、SOCは生きる力であり、ストレス対処力だ。

 平たく言うと、どんな状況の中でも、半歩でも、4分の1歩でもいいから、前に進もうとする、すべての人間に宿るたくましさだ。

 真のポジティブな感情は、どん底の感情の下で熟成される。この究極の悲観論の上に成立しているのが、SOC理論である。

 勇気ある20歳のアメフト選手の言動は、SOCを理解する上で最良の教材である。

 そこで今回は、「アメフト事件に学ぶたくましさと愚かさ」をテーマにアレコレ考えてみる。

 本題に入る前に、
 なぜ、権力者はのうのうとウソをつくのか?
 なぜ、権力者に従ってしまうのか?
 について、説明しておく。

 まず、前提として権力者が度々ウソをつくことは、世界の膨大な研究結果が一貫して証明している。

 私たちは一般的に、「ウソをつき、責任を回避すると、イヤな気持ちになる」と考える。ところが、ウソを貫き通すことができると、次第に“チーターズ・ハイ”と呼ばれる高揚感に満たされた状態に陥り、どんどん自分が正しいと思い込んでいくのだ。

 権力者の周辺に漂う「もの言えぬ空気」が、権力者の権力を助長し、やがて権力者自身がルールとなり、彼らは「このウソは必要」だと考え、正当化する。その確信が強まれば強まるほど、チーターズ・ハイに酔いしれ、共感も罪悪感などいっさい抱かない「権力の乱用」が横行するのである。

コメント30件コメント/レビュー

反則した日大の選手の謝罪記者会見は、過ちと自らの弱さを反省と共に謝罪し、見ていて感動さえ覚えました。関西学院の選手についても、個人の過ちを追求せず、組織としての有方を日大側に問いかけて、また、フィールドに返ってきて正々堂々と戦いたいとのコメントは素晴らしかったです。日大には危機管理学部という専門の研究をする学部がありながら、すべてまずい対応となっているのは皮肉です。様々なメディアで本件が取り上げられ、ビジネス上の教訓としても格好の事例となっています。この先も注目したい事件でした。(2018/05/31 13:08)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「日大アメフト選手に学ぶ“不正の後始末”」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

反則した日大の選手の謝罪記者会見は、過ちと自らの弱さを反省と共に謝罪し、見ていて感動さえ覚えました。関西学院の選手についても、個人の過ちを追求せず、組織としての有方を日大側に問いかけて、また、フィールドに返ってきて正々堂々と戦いたいとのコメントは素晴らしかったです。日大には危機管理学部という専門の研究をする学部がありながら、すべてまずい対応となっているのは皮肉です。様々なメディアで本件が取り上げられ、ビジネス上の教訓としても格好の事例となっています。この先も注目したい事件でした。(2018/05/31 13:08)

今回はかつての社会心理学畑にとって頷きまくる内容でした。本事件は「心理学的に当り前の事象」と「社会学的に当り前の事象」(認知)のマトリックスが人によって異なっていて、「感情は別」として観察対象としては「これが人間集団」だと思う事件内容で、分析も自然で視点を選ぶセンスに尊敬を感じ、感謝すら申し上げたいような。
>40代以上で「自己受容」ができている人は、例外なくSOCが高い。一方、10代や20代で自己受容できている人は、幼少期での親子関係が極めて大きな役割を果たしていた。
少し気になったのは、上記表現意図的にひっくり返してらっしゃいませんか。自己受容は割と相関の絡みでデータが出づらいですが「受容」の維持は「SOC」が必要で、それは視覚的には「闇の中の光」です。(ちなみにその折のデータで高校生大学生に差はなかった)。「闇の中の光」の方向性は凄く怖いもので、こればかりは個人差も大きく今回の事件の要因の一つと言えるかもしれない、と感じました。(2018/05/31 11:47)

普通の企業の危機管理の面から言えば、日大から納得できる【再発防止策】が無い限り
日大と金輪際、練習試合をする大学は無いでしょう。
自分の学生を壊されては、たまったものではありません。
日大は信用を失った自覚があるのでしょうか。(2018/05/30 12:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問