働き方改革法と年収200万円非正規の暗い未来

正社員は過労死と背中合わせの特権階級に

働き方改革法案成立の先に何が待っているのか(イメージ、写真:michio yamauchi/アフロ)

 働き方法案が成立した。

 これまでさんざん、多くの人たちが問題点を指摘し続けたにもかかわらず、全く修正されることもなく成立。私も法案の危険性を吠えていた一人なので深いあきらめの境地に至っている。

 しかも、世間の関心が低い。「自分には関係ない」と思っている人が多いのか、「何をしたところで、今のしんどい状況は変わらない」という諦めなのか、はたまた「サッカー観戦で忙しかった」からなのか、理由は定かではない。が、この温度の低さは少々異常である。

 といっても私自身、深い諦めの境地になっているわけで。正直なところ、働き方改革について書くモチベーションが高まらず困っている。

 が、やはり書きます。「廃案になって欲しい」と願いアレコレ異論を述べてきた自分が、「成立した今」考えていることをそのまま書こうと思う。
 テーマは「働き方改革法案成立の先」だ。

 そして、できることなら、これから書くことが単なる杞憂で、現実にならないことを祈っている。
 「何なんだ! このおどろおどろしい書き方は!?」

 申し訳ない。だが、それほどまでに今回の法案、とりわけ「高度プロフェッショナル制度」は成立させてはならなかった法案なのだ。
 結論を先に述べる。
 もっとも懸念されている「範囲拡大」は現実になり、大多数の会社員は年収200万円ほどの非正規雇用になり、正社員は過労死と背中合わせの特権階級になる。さほど遠い未来ではない。

 その根拠をこれから示していくことにするが、その前に成立した「働き方法案」をざっとおさらいしておこう。
 今回の法案は以下の3つに分けることができる。

残業時間の上限規制
  • 残業は年720時間まで。単月では100時間未満。
  • 違反すると罰則あり(懲役・罰金など)
  • 労基署が指導する際、中小企業には配慮すること
  • 大企業では2019年4月~、中小企業は2020年4月~
同一労働同一賃金
  • 基本給や手当で正社員と非正規の不合理な待遇差を解消
  • 大企業では20年4月~、中小企業は21年4月~
脱時間給制度の導入
  • 年収1075万円以上の一部の専門職を労働時間規制から除外
  • 働いた時間ではなく成果で評価
  • 本人の意思で離脱可能
  • 19年4月~

バックナンバー

著者プロフィール

河合 薫

河合 薫

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

56%

まあ参考になった
 

10%

参考にならなかった
 

32%

ぜひ読むべき
 

60%

読んだほうがよい
 

6%

どちらでもよい
 

33%

いただいたコメントコメント62件

私には高プロに反対する記事を見るたびに思うことがあります。それは、なぜこの人たちは現在施行済みの裁量労働制について声を上げないのだろうか?とういことです。
私の私見ですが、将来年収の制限が下がる可能性があるとしても、年収の制限について規定されている高プロの方が、年収の制限すらない裁量労働制よりはるかにマシだと考えています。裁量労働制では年収300万円台で月100時間以上の残業を余儀なくされている方がいるという実体があります。同じ過重労働をするにしても、平均以上の年収が保証されている方がはるかにマシだと考えますが、皆さんこの点についてはどう考えているのでしょうか?
また一方で、700万円以上の年収になってくると、仮にこの高プロがなくても、管理職扱いとして残業代が支給されない働き方をしている人は数多くいます。実際に高プロを利用して従業員を雇うのは、ほとんどが賃金水準が相対的に高く、労働環境の整った大企業となるであろうことを考え合わせると、実は高プロで新たに問題になる領域など、現状数多ある問題の中で見ればごく小さな話題なのではないかと感じています。中小企業の管理職の働き方も過酷ですよ?
色々書きましたが、そういったわけで、私は皆さん「戦う場所を間違えている」というのが私の見解です。高プロの成立と引き換えに、裁量労働制の見直しなどの要求を飲ませるとういうのが、真に労働者目線の戦い方だったのではないでしょうか?(2018/07/12 13:29)

嫌なら辞めればいい、のが日本以外。
嫌でも辞められない、のが日本。

どこの会社でもすぐ即戦力になれるのが日本以外。
他社ではつぶしが効かないのが日本。

日本で「嫌なら辞めればいい」と言うのは、大半が自己評価過大。(2018/07/12 12:30)

労働は神から与えられた罰である。だから労働はできるだけしないほうが幸せだ。筆者の思想の根底にはこのような考え方があるのだろう。
まあ個人個人の思想や哲学はどうでも良いが、日本人は自分の人生設計やスキルパスを自分で考えるとか、人材マーケットで自分を(極力高く)売るという発想自体持っていない人が多い。
そういう人にはWE制度も(拡大後の)高プロ制度もいやな制度だろうと思う。(2018/07/12 12:21)

コメント(62件)を読む/書く