• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「幸せな国」発言と持てる者の自己責任論

「環境との相互作用」を忘れている

2018年7月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

幼少期の「機会奪略」はその後の人生の選択にも大きな影響を与える(写真はイメージ)

 今回は「リソースの欠損」というテーマでアレコレ考えてみようと思う。

 リソースに関する説明は後でするが、持てる者と持たざる者といいますか。モヤモヤする出来事が、新聞で、テレビで、リアル世界で相次ぎ、暗たんたる気持ちになってしまったのだ。

以下、もろもろ“連打”しますので、皆さんも一緒にお考えいただけば幸いです。

●6月25日付で「低所得者世帯の乳児発育不全リスク 高所得者世帯の1.3倍」との見出しで、北里大学の研究結果を日本経済新聞が報じた。

 2001年生まれと、10年生まれの子供約5万5800人を追跡。1歳半までに標準的な体重に達していない乳児の割合と、親の所得との相関関係を調べた結果……

  • 所得が下位4分の1(平均279万円)の世帯の乳児は、所得が上位4分の1(平均924万円)の世帯の乳児と比べ、体重の増加不良になる割合が1.3倍となった(01年、10年ともに)。

●6月26日付で「低所得ほど長時間 老老介護 支援の情報届きにくく」との見出しで、国立長寿医療研究センターの調査結果を、これまた日本経済新聞が報じた。

 在宅介護をしている65歳以上の男女1598人を所得で分け、介護時間を測定し分析。1日平均で10時間以上(週72時間以上)の介護をしなければならないリスクは、「318万円以上」を1とすると……、

  • 「200―318万円未満」では1.63倍、「130-200万円未満」では1.86倍、「生活保護受給者」では2.68倍となり、所得が低いほど介護する時間が長くなる傾向が見られた。
  • さらに1日平均で5時間以上(週36時間以上)の介護をしなければならないリスクなどについても同様の傾向が見られた。

 在宅介護時間が長いと介護者の心身にも悪影響が出る。収入が低くなると有効な情報が入りづらくなったり、頼れる他者がおらず孤立している可能性がある。

 また、筑波大などの研究チームが滋賀県内に住む65歳以上の8434人を11年から6年間追跡したところ、「経済的に困窮」「近所づきあいがない」「独居」「ボランティアなど社会参加していない」の4項目のうち2つ以上が該当する人は、全く当てはまらない人より1.7倍、要介護・死亡リスクが高いこともわかっている。

コメント60件コメント/レビュー

イジメより経済的困難で将来を悲観して自殺する方が多いなんて知らなかったです。
そんな社会なんて、それこそ絶望社会ですよ!
政治の責任です。親の責任もあるでしょうが、目の前にそのような子供達がいるのなら助ける、そのようなことが出来ない政治ってなんなんでしょうか。
政治の優先度が、子供の未来に向いてないんですね。
だからと言って、教育無償化には反対です。一律では解決しないと思います。(2018/07/23 20:45)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「幸せな国」発言と持てる者の自己責任論」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

イジメより経済的困難で将来を悲観して自殺する方が多いなんて知らなかったです。
そんな社会なんて、それこそ絶望社会ですよ!
政治の責任です。親の責任もあるでしょうが、目の前にそのような子供達がいるのなら助ける、そのようなことが出来ない政治ってなんなんでしょうか。
政治の優先度が、子供の未来に向いてないんですね。
だからと言って、教育無償化には反対です。一律では解決しないと思います。(2018/07/23 20:45)

「同じ『自己責任論』でも、機会すら与えられない場合と与えられても活かそうとしない場合と区別すべき」のコメントにちょっと反応してしまいましたw
ならば、乳幼児期から子ども自身に『子どもの権利条約』や彼らに関わる法制度を教えるべきです。圧倒的な養育者の庇護下にある非力な小さな人たちに、ルールに基づいた知恵と勇気を持ってもらうのです。例えば15歳になったから機会を活かせるのではなく、機会を活かす意識から遠ざけられて養育される不合理を河合さんは言われていると思いますよ。(2018/07/23 14:18)

過ぎたるは及ばざるがごとし。
思考停止した自己責任論の批判は、思考停止した自己責任論の信仰と同じことです。

自己責任という考え方そのものが間違ってるわけじゃない。

親にも先生にも勉強しろと言われたけど、朝から晩までゲームしてたら、クラスで最下位の成績になった。就職にも失敗した。ハイ、自己責任。
医者に酒タバコ駄目と言われたのに聞かずに、酔って妻子を殴りつけ、自分も何度も体を壊して他人の金で病院に行く。ハイ、悪質な自己責任。

自己責任否定派は、こういう連中までかばう気ですか?
だから、こういう連中の「被害者」が怒る。
真性の自己責任なヤカラの周りには、「被害者」がいるんですよ。殴られる妻子だったり、金をタカられる弱者だったり。

逆に、自己責任信仰の間違いは、

テストの成績が悪くて就職できないコは、学生時代、遊びほうけていた自己責任。
体を壊して何度も病院に行く人は、生活習慣に問題のある自己責任。

こんな風に、因果関係を逆転させて決めつけてしまう頭の悪い人。

勉強しても他のコほど伸びないコはいる。
「ウサギとカメ」でカメが勝てるのは、ウサギが昼寝したからであって、本気で走るウサギにカメはウサギだけに不幸な事故がない限り(トラに食われるなど)勝てやしない。
生まれつき病弱な人もいる。
体の強さには個人差があるのに、役人が勝手に決めた平均に基づいた労働を強要すれば、弱者が何度も病院送りになるのは役人側の自己責任。

そこわかってない、頭の悪いヤツが霞が関に多いのは悲劇だと思いますけどね。(2018/07/22 06:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官