• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

杉田水脈議員の発言と教育パパ増加の不気味

新中間階級は決まって「あちら側の人」を区別する

2018年8月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

教育パパの増加は何を意味するのだろうか

 「教育ママ」ならぬ「教育パパ」なるものが、最近増えているらしい。

 “らしい”とは文字通りあくまでも伝聞であり、「僕、教育パパなんっすよ!」と暴露する当人に会ったわけではない。この数カ月の間にインタビューに応じてくれた男性会社員と中学教師、仕事関係の知人などが、立て続けに「エリートが子供の教育に熱中している」と教えてくれたのだ。

 むろんエリートだろうとなんだろうと、男性が子供の教育に積極的なのは悪いことではない。むしろ喜ばしいことで、父親の教育参加は「お父さん効果(The Father Effect)」と呼ばれ、近年関心が高まっている。

 父親から絵本を読み聞かされて育った子供は言語表現が豊かになったり、父親との会話が多い子供は言語能力が高まる可能性が指摘されているのだ。

 ところが、である。

 教育パパ事情を教えてくれた面々によれば、教育パパたちは「子煩悩というレベル」でもなければ、「育メン」などというきれいごとでもない。「子供の教育に過剰にのめり込んでいて、子育てに依存しているパパも少なくない」のだという。

 「依存」とは少々物騒な物言いだが、私は彼らの話を聞き……なんだかとてもいやな気分になった。教育パパたちの暴走の裏に垣間見えるモノが、例の女性議員の「LGBT発言」を想起させたのだ(理由はのちほど)。

 というわけで今回は、「教育パパと生産性」について考えてみようと思う。

コメント53件コメント/レビュー

親なら子供が将来お金で苦労しないように心配するのは当たり前と思うのですが…

ちょっと強引な印象を受けました。(2018/08/23 18:07)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「杉田水脈議員の発言と教育パパ増加の不気味」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

親なら子供が将来お金で苦労しないように心配するのは当たり前と思うのですが…

ちょっと強引な印象を受けました。(2018/08/23 18:07)

21日のコメントの方の、”それを感じていないようなコメントが多くて驚きます。
感じる力・読み解く力・考える力が無い人、周囲に対して無関心な人が多くなっていると思いますし、”に共感しました。優しい言葉ながらよく説明していらっしゃるなあ。

また、いっぺん落ちたら「あっち側の人」になっちゃう。そして年収1千万~のサラリーマン層などから存在しない者扱いされるのは、私の実体験からは本当です。私自身都内の学校を出て”一流企業”に就職したが健康上の問題ですぐ退職、体調の問題があり二度とまともな【就職】はできませんで、右往左往して、フリーで開業するまでに12年経ってました。

なるべく困難な目にあわないよう、「同じ階級」の同質の集団内で心地よく生きていけるよう、
お金でもコネでも裏口でも使って、四方八方の機嫌を取って、絶対に「階級」を落とさないように必死な方々がうじゃうじゃしてるのもわかります。

いちおう、階級の外にも「人間」は生きているのだけどなあ~東京の大組織にいると見えなくなる、見たくない、あんな雑魚の集団なんて! いや、ゾンビ集団くらいには見えている? そうだろうなあゾンビなんだろうなあ。。。(2018/08/23 14:50)

=>「無節操な資本主義、極端な拝金主義のブレーキはどうしたら掛けられるのでしょう。根底はそこにある様に思います。」

賛成。そういうこと。日本はそもそも歴史的に金を中心に生きている国だと思う。休日が増えると消費が増える、というように、休息よりも金儲けを優先して考えている。それでは、なかなか幸せには成れないと思う。別のドイツの労働事情の記事のようなお互い様の妥協がなければ、自由な幸せはないと思う。 哲学や倫理学が軽視されているから、人間についてよく考える機会も意識もないんですよね。(2018/08/23 11:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

特徴が伝わり、ついでにクスッと笑える名前がいい。

包行 均 キャニコム会長