• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

9月1日、生徒の自殺は急増し、教師は灰になる

10代の自殺防止には、大人社会の“治療”が不可欠

2016年9月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「学校が死ぬほどつらい子は図書館へいらっしゃい」

 神奈川県鎌倉市立の図書館の公式ツイッターが、13時間で4万回以上もリツイートされたのは今からちょうど一年前。

If you feel like shooting yourself , don’t .Come library for help instead.

 米国の図書館に貼られている、ピストルを自分の頭に突きつけている男とその周囲に本がたくさん積まれているポスターに書かれていたフレーズを思い出し、図書館司書の女性はつぶやいた。

 夏休み明けに自分を追いつめる子どもが増えることを知り、「図書館には問題解決のヒントや人生を支える何かがあるよ」と、メッセージを送りたかったのだそうだ。

 平成27年版自殺対策白書によると、1972~2013年の42年間の18歳以下の自殺者を日付別にまとめたところ、9月1日が131人で最多だった。春休み明けや大型連休明けも100人近い日があり、長期休暇が終わった直後の自殺が目立つ。

18歳までの日別自殺者数
(出所:平成27年版自殺対策白書)

 学校でしんどい思いをしていた子どもが「学校に戻ること」のプレッシャーに耐えられなくなったり、夏休み中に元気を取り戻した子どもが、「何も変わっていない現実」にショックを受けたり……。「生きていても仕方がない」、そんな風に自分を追いつめてしまうのである。

 ちなみに、2015年に自殺という悲しすぎる選択をした子どもは、小学生6人、中学生102人、高校生241人で(厚生労働省調べ)、全自殺者数の約2%を占める。また、10~14歳では死亡者数の約20%、15~19歳では約36%が「自殺」で亡くなっていて、15歳から39歳までの年齢層の死因のトップは、すべて「自殺」だ(平成27年版自殺対策白書)。

平成25年における死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合
(出所:平成27年版自殺対策白書)

 数年前、小学3年生の子がベランダで首を吊って自殺するという事件があった。まだ10歳の子が命を断つ社会。これは異常と言わざるをえない。

コメント30件コメント/レビュー

学校は賞味期限を切れている。抜本的に改善しないと日本の将来が危うい。
私は、子どもたちが学校と教師を自由に選択できるようにすれば一気に解決するような気がする。
そうすればテストは廃止、宿題も廃止、つまらない授業はなくなり、本当に役に立つ授業をする先生だけが残ることになり、自殺もいじめもなくなると思えてならない。
なぜそういえるかといえば、息子は今フリースクールにいて先生たちととてもいい関係を持っている。授業は選択制で受けても受けなくてもいいし、テストもない。それでは毎日遊んでいるかといえば、自分の受けたい授業は真剣に受けている。授業は楽しいかと聞くと、「うん、とっても面白い」と答える。
いろんな形の学校や先生がいればそれに合わせた色々な子供たちが集まってくる。仮に毎日遊んでいてもそこから学ぶことも多いのだ。というより、座学で学ぶより遊びを通じた学びこそ本当の学びだと思う。
社会が激変しているのだから、学校も変わるべきだし、変わらないなら無くなったほうがいい。優秀な教師以外は失業するけれど。(2016/11/22 14:06)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「9月1日、生徒の自殺は急増し、教師は灰になる」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

学校は賞味期限を切れている。抜本的に改善しないと日本の将来が危うい。
私は、子どもたちが学校と教師を自由に選択できるようにすれば一気に解決するような気がする。
そうすればテストは廃止、宿題も廃止、つまらない授業はなくなり、本当に役に立つ授業をする先生だけが残ることになり、自殺もいじめもなくなると思えてならない。
なぜそういえるかといえば、息子は今フリースクールにいて先生たちととてもいい関係を持っている。授業は選択制で受けても受けなくてもいいし、テストもない。それでは毎日遊んでいるかといえば、自分の受けたい授業は真剣に受けている。授業は楽しいかと聞くと、「うん、とっても面白い」と答える。
いろんな形の学校や先生がいればそれに合わせた色々な子供たちが集まってくる。仮に毎日遊んでいてもそこから学ぶことも多いのだ。というより、座学で学ぶより遊びを通じた学びこそ本当の学びだと思う。
社会が激変しているのだから、学校も変わるべきだし、変わらないなら無くなったほうがいい。優秀な教師以外は失業するけれど。(2016/11/22 14:06)

民間企業で当たり前のように外部リソースを活用している諸々の業務を担任教師一人で抱えるんですからそりゃオーバーワークで潰れますわな。友人に教師がいますが、教職の方はどんなにちゃらんぽらんに見えても根はクソ真面目なので自分で自分を追い込んでしまうタイプも多いのかも知れません。コメントで嫌な思い出を書かれている方がいますが「悪貨は良貨を駆逐する」の譬え通り、まともな教師は潰されてしまいトンデモ教師が跋扈する状況はあると思いますよ。当にブラック企業の典型例ですね。(2016/09/08 09:54)

私も40年前の中学時代の20台の若造教師たちの暴力的な行動について、今はいい思い出だったなどと決して語れない不快感を持ったままこの年齢になりました。20台の修行の足りない若造に人を教えることなど簡単にはできない。だから、もっとシステムを考えるべきなのに、何もしない文部省と配下の教育委員会、校長という構図でしょう。中学時代の数学と国語と理科1の教師はいまだ許せません。(2016/09/07 17:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長