• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子どもの「陰湿いじめ」生む大人社会のパワハラ

はびこる日本型「非暴力いじめ」の源流

2016年12月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「日本では「仲間外れ」「無視」「陰口」といった暴力を伴わないいじめの割合が高い」

 子どものいじめ問題に関する報道が後を絶たない中、先日、朝日新聞でこんな内容の記事が報じられた。

 おおまかには以下のとおりだ(抜粋し要約)。

日本では「仲間外れ」「無視」「陰口」といった暴力を伴わないいじめの割合が高い――。国立教育政策研究所(東京)などが、暴力犯罪が少ないスウェーデンと比較した調査から、こんな傾向がわかった。同研究所は、日本では仲間外れなどを大人が容認する空気があり、子どもに伝わっている可能性があるとみている。

「軽くぶつかる・たたく・蹴る」の暴力を伴ういじめの被害について、小6、中2の男女いずれもスウェーデンが日本を上回った。特に小6男子ではスウェーデン65.6%に対し、日本は32.8%だった(「今の学期で1、2回」から「週に数回」までの4段階を合わせた経験率)。

ところが、暴力を伴わない「仲間外れ・無視・陰口」の被害経験率は小6、中2の男女いずれも日本がスウェーデンより高かった。小6女子では4段階を合わせた割合が、スウェーデンで21.4%だったのに対し、日本では倍以上の43.4%。小6男子も同じ傾向だった。

 例のごとく、報じられるや否やネットでは「子ども言動はいつの時代も大人社会の縮図」という意見が出る一方で、

・なんでもかんでも海外と比較するな
・本当にやったのか、こんな調査?
・大人もしてるから……と、するのはおかしい
・暴力より無視のほうがいいじゃないか
……etc. etc

などの批判が相次いだ。

 これらの声は、この記事の中で紹介されている国立教育政策研究所の研究官のコメント、

「仲間外れや陰口などは大人もしているから大丈夫と子どもが感じているのではないか。原発事故に遭った子を『賠償金をもらっているだろう』といじめるのが一例だ」

という一文に噛み付いたのだ。

 この発言の真意についてはのちほど詳しく書くが、「仲間外れや陰口」は大人社会に実際に存在する。少なくとも私は根も葉もないウワサを立てられたり、陰口を言われたりした経験がある。自分だけ忘年会などに声をかけてもらえなかったこともあった。

 被害妄想? ふむ。私の場合はその可能性もある。

 ただ、これまでインタビュー調査に協力してくれた「パワハラ被害者」の方たちのほとんどは、ソレの被害者だった。陰湿であるがゆえに、肉体的な暴力以上に本人たちを苦しめていた。どれもこれもかなり“幼稚ないじめ”だった。

 「いじめ」を「パワハラ」という言葉に置き換えてみて欲しい。

 いじめで学校に行けなくなる子ども、パワハラで会社に行けなくなる大人。

 どちらも、誰もが被害者になるリスクもあれば、加害者になる可能性もある、深刻な社会問題である。

 そこで今回は、件の調査結果を基に「いじめとパワハラ」についてアレコレ考えます。

コメント57件コメント/レビュー

どれとは言いませんが、「子供っぽい」意見が散見されますね。

「子供が大人の真似をする」と言われていますが、「大人が子供がするようなことをしてどうする」という内容でもあると思います。

大丈夫ですか?と何人かに聞きたい。(2017/12/21 12:01)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「子どもの「陰湿いじめ」生む大人社会のパワハラ」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どれとは言いませんが、「子供っぽい」意見が散見されますね。

「子供が大人の真似をする」と言われていますが、「大人が子供がするようなことをしてどうする」という内容でもあると思います。

大丈夫ですか?と何人かに聞きたい。(2017/12/21 12:01)

>傍観者になることだけは避けなければならない。理不尽な扱いを受けている部下や同僚に気付いた時、共感する。それだけでいい。

理想論としてはその通りだと思いますが、実際にはどうでしょうか?

私も色々な会社を渡り歩いてきましたが、理不尽な扱いを受けている人というのは会社または在籍しているチームにおいて村八分または戦力として認められていないことが多く、彼らに対して声をかけづらい環境ができています。

いじめられている人のミスを大げさに表現して恥をかかせる、情報共有が必要な状況でも無視したり部分的な情報しか提供しか行わず業務が遅延するように仕向ける、わざと期日ギリギリになってから仕事を依頼する、などの方法が一般的な職場いじめですが、このようないじめをされている人に声を掛けたり仕事をサポートできるのは、よほど仕事ができる人か立場が強い人だけです。
その他大勢からすれば、「気の毒だとは思うけど、下手に手を貸していじめている人たちに眼をつけられたらたまらない」となり、傍観者にならざるを得ません。


また、筆者は精神的ないじめは日本に多いとしたいようですが、これは日本に限りません。
自分の居場所を確保したい、自分の力を見せつけたいという欲が強い人が強い発言権を持つ環境では、外資系日系を問わずくだらないいじめやパワハラが存在します。(2017/06/15 13:46)

>「子供は大人の写し鏡」「大人がいじめをするから子供も真似していじめをする」この昔から言い古された言説に真っ向から反論します

子供のクラスメイトとその親御さんを観察する限り、あながち根拠のない言説ではないと思い始めているところです。いじめっ子の親は共感力の低い人が多く、その子供も周囲の友達に対し同じように振舞うところをよく見かけます。端的に言うと「他者に対するリスペクトがなく」「自己肯定感が低い」ため他人を貶めて自分を優位に立たせようとする態度が親子揃って特徴的です。愛情の施し方を知らす世代間で愛情不足が連鎖しているのか、遺伝的な気質が代々伝わっているのか、その辺りの原因はよく分からないのですが。(2016/12/28 15:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)