• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年もコメント、全部読ませていただきました

2018年、まずしっかり目と目を合わせよう

2017年12月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついこないだ「2017年はこうなる!」的コラムを書いたばかりなのに……、早い。早過ぎる。
 あっという間に1年が終わる。

 と言いつつ、1つひとつの出来事を思い出すと「え?ソレって今年だっけ?」と記憶は薄れている。
 ふむ。これは要するに……、深く考えるのは止めておこう。

 いずれにせよ、昨年とは違い年の瀬に向かうにつれ「景気いいんだなぁ」と感じることが増えた。かれこれ10年以上、いろいろな企業に講演会に呼んでいただいていると案外景気の動向は肌で感じられるものだ。

 ただし、それが社員に還元されてるかはどうかは謎。儲かっている人は「メチャ儲かってる!」とわざわざ言わないし、残念ながら私個人にいたっては何の変化もない。タクシーの運転手さんに聞いても「あまり実感はないね~。昼間は使ってくれても、夜はダメ。会社の経費で落ちないからダメなんだろうね~」と回答は渋い。

 それでもボーナスの支給額は(民間企業と公務員)、前年比3.6%増の18兆4,270億円で「冬としては2014年以来の伸び(こちら)」。
 一方、賃金格差は4年連続で広がっている。

 その格差は同時に「働き方(働かせ方)」の格差でもあるので、どんなに「バブル期を越える株価だ~!」と騒がれても……、なんだかなぁという感じなのです。

ページビューとコメント数ランキング、発表!

 というわけで今年最後のコラムは、2017年「もっとも読まれたコラム」と「もっともコメントの多かったコラム」and others を振り返りつつ、アレコレ考えてみます(集計は先週までのデータ)。

【2017年もっとも読まれたコラムトップ3】
1位 ブラック企業リストに覚えた新たな怒り
2位 瀕死の部署を再生したら、左遷されちゃった!
3位 大炎上“バニラエア車椅子事件”の大いなる誤解

【2017年コメント数の多かったコラムトップ3】
1位 「#子連れ会議OK」アナタの常識はNOと言う?
2位 大炎上“バニラエア車椅子事件”の大いなる誤解
3位 瀕死の部署を再生したら、左遷されちゃった!

 さて、みなさんの読んだコラムは入っていますか?
 コメントした方は、どうですか?

 昨年末に「みなさんのコメントはちゃんと読んでます」と書いた(こちら)ら、「そんなこと書いたら調子にのってひどいこと書く人がいますよ」と温かい警告をしてくださる方々が何人もいらっしゃいました。
 とてもうれしかったです。そうやって気遣ってくれることが……。

 でも、やはり今年も言います。「ちゃんと読んでますよ」と。

 で、昨年同様、賛同、共感、否定、罵倒、上から目線、感謝コメントetc etc……すべて大歓迎。

コメント55件コメント/レビュー

 障碍者や老人など弱者への排除・虐待、暴力行為、子を殴り殺す親、学童の貧困率の増加、後を絶たないいじめの問題、貧困ゆえに結婚のできない若者たち、企業存続のために安定雇用を好まない事業主、不安定な臨時雇用の増加、財政改善のための生活保護基準の切り下げ、などなど列挙すれば個人の責任だけではどうにも救い難い現実生活の劣化があります。8人の富者が世界の50%の富を独占しているという情報もあります。自由と権利という名目のもとに、あざとく、えげつなく他人を蹴落とすことが許されるのが現在の社会制度です。「不寛容」はこのような社会の制度疲弊から醸成されるものです。

 個人対個人の人間関係に軸足を置くあなたの優しさの視座は、非常に貴重なものですが、あなたも指摘しておられる通り「不寛容」は社会に宿るのであって、「個人」に宿っているわけではないのです。
 「寛容」や「共感」を考えるとき、必然的に社会制度や政治理念がかかわってきます。(2018/01/08 10:43)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「今年もコメント、全部読ませていただきました」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 障碍者や老人など弱者への排除・虐待、暴力行為、子を殴り殺す親、学童の貧困率の増加、後を絶たないいじめの問題、貧困ゆえに結婚のできない若者たち、企業存続のために安定雇用を好まない事業主、不安定な臨時雇用の増加、財政改善のための生活保護基準の切り下げ、などなど列挙すれば個人の責任だけではどうにも救い難い現実生活の劣化があります。8人の富者が世界の50%の富を独占しているという情報もあります。自由と権利という名目のもとに、あざとく、えげつなく他人を蹴落とすことが許されるのが現在の社会制度です。「不寛容」はこのような社会の制度疲弊から醸成されるものです。

 個人対個人の人間関係に軸足を置くあなたの優しさの視座は、非常に貴重なものですが、あなたも指摘しておられる通り「不寛容」は社会に宿るのであって、「個人」に宿っているわけではないのです。
 「寛容」や「共感」を考えるとき、必然的に社会制度や政治理念がかかわってきます。(2018/01/08 10:43)

霊長類研究者、山極壽一先生は「人は類人猿の時代から、身体活動を通じて集団を作り生き延びてきた」と言われましたが「人類は多様な言語、文字を生み出した事により飛躍的なコミュニケーション能力を得て、社会システムを創り上げる事が出来た」とも言われました。
ですから人が信頼をつなぎ、安心を得るには“共に過ごすこと”が大切である事は理解できますが、必要不可欠とまでは言えないのではないでしょうか。
昨今は、せっかく人類が手に入れた言語を大切に扱い、相互理解を深める努力が求められる状況なのではないでしょうか。
なお、山極先生はゴリラ愛が激しいので、間違ってもゴリラと猿を混同しない様、ご注意ください。(2018/01/05 11:08)

コラムやコメント欄を眺めていて、「不寛容」という言葉は結局の所、
「昔は良かった、それに比べて今は・・・」のような、
飲み屋でよくある「年長者の愚痴」のためにある言葉なんじゃないかなぁ、と感じた。

なんとなく気に入らない物に、とりあえずイチャモン付けたい時には、非常に便利な言葉である。
「寛容な人」なんて、全体の1割もいない。
そうでない9割に適用できるのだから、大抵は当てはまる。

自分としては、こういう言葉を使う事の無い、「寛容」な人間を目指したいと思う。(2018/01/04 17:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官