• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「縄文VS.弥生」から考える変革へのヒント

日本人の根底にある2つの美意識

2017年10月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

縄文土器 (写真:イメージ・アイ/アフロ)

日本の美の原型は、縄文土器と弥生土器にある

 ミュージシャン池田貴史のソロプロジェクト「レキシ」が、結構好みだ。「歴史縛りファンクネスバンド」と自称しているのだが、歴史を題材にした歌詞を、耳に残るメロディとタイトなリズムに乗せて、それにユーモアをたっぷり振りかける。こういう趣向の曲が多く、ついつい聞きいってしまう。

 そんな曲のひとつに、「狩りから稲作へ」というのがあり、その冒頭のリフの部分が耳について離れない。「縄文土器、弥生土器、どっちが好き」というリフで、曲中何度も繰り返される。

 話は変わるが、縄文土器と弥生土器のどちらが好きか、というのは、日本の美的感覚を考える上で、実はかなり本質的な問いらしい。

 哲学者谷川徹三氏が昭和46年に出された本に『縄文的原型と弥生的原型』(岩波書店)というのがある。谷川氏は、同書の中で「日本の美の原型は縄文土器と弥生土器とにこれを見ることができる」と述べる。

 縄文土器と土偶を日本の美の基底をなすひとつのあり方とした上で、その特徴は、「動的、装飾性、有機性、(ときに)怪奇」と定義。

 それと対照的に、弥生土器と埴輪の美の性格は「静的、機能性、無機性、優美」であるとされている。

弥生土器 (写真:PIXTA)

コメント3件コメント/レビュー

日本人らしいものの見方ですが、どうなんでしょう。今の時代においてはデメリットの方が多い気がします。(2017/10/30 20:09)

オススメ情報

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「「縄文VS.弥生」から考える変革へのヒント」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人らしいものの見方ですが、どうなんでしょう。今の時代においてはデメリットの方が多い気がします。(2017/10/30 20:09)

まさにクリステンセンが言ってる通りと思います。イノベーションは独立した組織に一定のリソースを与えてやる、それに尽きると思います。(2017/10/30 20:07)

縄文土器は、家の外では自然体で、家の中では「神」の宿る器(自然界にある荒々しい線)。
弥生土器は、家の中では日常器で、家の外では「神」の宿る器(自然界に存在しない曲線)。(2017/10/30 07:21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官