• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

混乱するビットコインの「管理」目論む中国

暴落危機、偽札横行に苦しむ人民元より期待大?

2017年1月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビットコインをめぐる混乱が中国を中心に起きている。

 2017年1月5日未明、ビットコインの対人民元相場は1BTC(ビットコイン)9000元に接近するまでに高騰したあと、あっという間に暴落、13日午前までに5100元台に落ち込んだ。ビットコインはボラティリティの高いことで知られるが、最近の乱高下は人民元の不安定化と合わせ鏡のようになっている。この機会にビットコインと人民元の関係、そしてその未来について考えてみたい。

大暴落、聞き取り、立ち入り、詐欺報道…

 この大暴落後の1月6日夜、中央銀行(人民銀行)の関係部門が公告を発表、ビットコイン交易プラットフォームの責任者に対してプラットフォーム運営状況について聞き取り調査するとのこと。OKコイン、ビットコイン中国、火幣ネットの3大交易プラットフォームの代表を呼び出して、ビットコイン交易において、無許可の信用貸付、支払い、為替取引などの関連業務を行っていないか、市場操作行為がなかったかどうか、資金洗浄制度に反する行為がなかったかどうか、資金安全に問題がないかどうか、などについて聞き取りを行った。さらに11日には、当局の監督管理部門が前出の3大交易プラットフォームに立ち入り検査を行った。また中央銀行は、「ビットコインは特定の仮想商品であり、法定通貨のような法的な保障性や強制性はない」という見解を再度強調した。

 こうした立ち入り調査に続いて、ビットコイン詐欺事件の報道が続いた。

 1月10日、北京商報によると、交易プラットフォームの一つ、ビットコインアジア閃電交易センターが1月5日までに突如閉鎖し、取引を停止。投資者から集めた1億元相当の資金を持ったまま連絡がつかない状況になった。同センターは9カ月前から、SNSの微信を通じて個人投資者を募り、資金を集めてビットコイン市場で運用し、一日あたり1.4%のリターンを約束していたという。元金はいつでも返金できるということだった。

 同センターに350万元を投資していた男性が1月3日に利子の償還が滞っていることに気づき、元金を取り返そうとしたが、連絡がつかなくなったため、警察に通報した。同様の被害者は440人以上おり、警察は詐欺容疑で捜査を開始。また被害者は集団訴訟の準備をしているという。

コメント6件コメント/レビュー

いつも興味深く読ませていただいています.
やはり,中国のアキレス腱は経済ですよね,なぜならそれは西側に依存している,そのためダボス会議でも(中国の規制は棚に上げて)自由貿易の重要性を強調したといえるのではないでしょうか.
多くの記事では,保護主義に傾向するアメリカやイギリスに変わり中国が今後経済的にも主導的な役割を果たすというプレゼンスとの内容が多いのですが,現実に西側諸国が保護主義に変わり,輸入品に高率な関税をかけた場合,中国の受ける影響は大きくそれを抑えるための必死のアピールと私は感じます.
安全保障においても,もし,ロシアへの経済制裁と同じように西側諸国が経済制裁を行ったら?
先進国への経済の影響は大きいでしょうが,軍事衝突に比べれば遥かにマシでしょう.
追い詰めすぎると暴発する可能性もありますので,関税などで経済面からジワジワと締め上げ,体制の改革を促すことが出来るのではないでしょうか.(2017/01/19 22:33)

オススメ情報

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「混乱するビットコインの「管理」目論む中国」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも興味深く読ませていただいています.
やはり,中国のアキレス腱は経済ですよね,なぜならそれは西側に依存している,そのためダボス会議でも(中国の規制は棚に上げて)自由貿易の重要性を強調したといえるのではないでしょうか.
多くの記事では,保護主義に傾向するアメリカやイギリスに変わり中国が今後経済的にも主導的な役割を果たすというプレゼンスとの内容が多いのですが,現実に西側諸国が保護主義に変わり,輸入品に高率な関税をかけた場合,中国の受ける影響は大きくそれを抑えるための必死のアピールと私は感じます.
安全保障においても,もし,ロシアへの経済制裁と同じように西側諸国が経済制裁を行ったら?
先進国への経済の影響は大きいでしょうが,軍事衝突に比べれば遥かにマシでしょう.
追い詰めすぎると暴発する可能性もありますので,関税などで経済面からジワジワと締め上げ,体制の改革を促すことが出来るのではないでしょうか.(2017/01/19 22:33)

【中国共産党幹部の資産を国外に逃がす】手段として
ビットコインが利用されているのですから、
当局も管理せざるを得ないのでしょう。(2017/01/18 20:55)

中国の偽札は北朝鮮が作っているのですか、CIAが作っているのですか。(2017/01/18 15:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問