• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス 中国はなぜ「2020年、台湾武力統一」を目指すか

レビュー

とても参考になった
 

95%

まあ参考になった
 

2%

参考にならなかった
 

2%

ぜひ読むべき
 

95%

読んだほうがよい
 

2%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

巨体化を追及した恐竜は、その体故、環境の変化に適応出来ず、滅びた、と聞きます。(2018/06/29 20:26)

>日本は唇亡歯寒を忘れるな。

アメリカですね。
百歩譲っても、中国ではない。(2018/06/25 14:02)

日本は唇亡歯寒を忘れるな。(2018/06/16 22:30)

2020年までというと東京五輪の年なので中露がやるように世界が五輪に注目している時に
台湾進攻の可能性も高いしそれで東京五輪に水を差すこともできる

アメリカは条約で台湾保護の義務があるので北朝鮮との取引に応じることはないと思うので
やはり武力統一になるような気がする

中国経済が失速すると共産党に対する不満が中国国内で高まるが中国人は領土に関しては
反共産党も共産党を支持している傾向があるため政府への不満をそらすのに利用する可能性がある


台湾はアメリカと密に連携し国防を高めなければならないし中国国内で活動する台湾企業は
出資して国防を強化する政策を支持するべき(2018/02/07 02:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官