• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中朝国境の町を歩く 対北制裁で経済的打撃

南北、米朝会談への期待で回復の兆しも

2018年4月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

図們江の向こうに見える北朝鮮。向かって左側にはロシアのハサン湖が、北朝鮮の向こうには日本海が控える(写真:福島香織)

  久々に中朝国境に行ってきた。今回のコラムはその簡単なリポートから始めたい。

 行先は吉林省の琿春という人口23万人程度の小さな街で、ロシアと北朝鮮と中国の3カ国の国境が接する。北京駅から列車で1本、10時間あまり。この路線は、吉林駅あたりから先の風景がなかなか美しいと評判だ。5月も半ばを過ぎたころだと、おそらく車窓から、芽吹いたトウモロコシ畑の新緑の絨毯を眺めながら鉄道の旅を満喫できるだろう。

 私が訪れた4月半ばは、まだ新緑の季節には早かったが、気温は日中15度ぐらいと快適だった。午前6時40分発の列車で、少し予定時間より遅れた午後7時すぎに到着した。

 中朝国境だから緊張しているかと思えば、普通の国境の地方都市であり、耳に入る言葉や目に飛び込む文字が朝鮮語とロシア語が若干多いぐらいの特徴しかない。飲食店のメニューに、朝鮮族の好む「狗爪」(犬の手)が当たり前のように並んでいるのに、朝鮮族自治区らしさを感じる。

 琿春を訪れたのは、琿春と図們などの街に北朝鮮の国境沿って対北朝鮮人用難民キャンプの建設が始まっているとロイターなどが報じていたので、ひょっとすると見つけられるかな、と思ったからだ。だが、残念ながら、さほど現地滞在時間も長くない中、探し切れなかった。おそらく山間部の方にあるのだろう。あるいは、まだ造られていないか。

 もう一つは、中国が対北朝鮮経済制裁に参加し、琿春の税関を通じて中国に例年大量に輸入されていたズワイガニや毛ガニなどの北朝鮮産海産物が全面禁輸となったことを受け、国境の町の経済がどれほど打撃を受けているのだろう、と気になったことだ。

コメント12件コメント/レビュー

中国人オンリーのところへ中国人の振りして入るとスパイ容疑で拘束されるのではと心配です。ここで中国の記事を連載していることで中国に素性も顔も把握されているでしょうから、あとはどのタイミングで拘束するかを狙っていても不思議ではないでしょう。(2018/04/26 07:35)

オススメ情報

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中朝国境の町を歩く 対北制裁で経済的打撃」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国人オンリーのところへ中国人の振りして入るとスパイ容疑で拘束されるのではと心配です。ここで中国の記事を連載していることで中国に素性も顔も把握されているでしょうから、あとはどのタイミングで拘束するかを狙っていても不思議ではないでしょう。(2018/04/26 07:35)

 福島さんのレポートをいつも楽しみにしています。いつもタイムリーな記事をありがとうございます。激動の朝鮮半島情勢の中、野党が審議拒否をして空転する国会ですが、福島さんのレポートを野党議員に読ませて、審議拒否する情勢ではない事を認識してもらいたいです。(2018/04/26 03:30)

中朝国境の朝鮮族自治区はその名が示すようにそもそも北京以南の歴史的な漢族中心エリアではなく、習近平がまだ一度も足を踏み入れたことがないことに象徴されるように、中共にとっても何か事が起これば不測の事態が起こりかねない危険なエリアといえる。

そもそも習近平にとって鬼門ともいえるような北朝鮮問題に踏み込まざるをえなかったのは、金正恩同様、国際社会から孤立化しつつあった中で、中朝会談は似たような立場での乾坤一擲の打開策と思われたからではないか。

習近平が現時点で北朝鮮にどこまで肩入れし、雪解けがどこまで進展するかはわからないが、今後米中対立の最大の争点になる可能性は捨てきれない。

既に習近平は北朝鮮への制裁を一部緩和する方向で動き始めた可能性もある。環球時報などでは今回発表された北朝鮮の核実験とICBM発射実験の中止を高く評価し、盛んに経済制裁を緩和すべきと観測気球を揚げている。

先のG7外相会議での北朝鮮への声明をみても厳しい見方が大勢なので現時点で制裁緩和はありえない。欧州に関しては対中姿勢に転換の兆しもみえる。昨日在北京のEU各国の大使が連名(ハンガリーを除く26ケ国)で一帯一路政策に明確に反対する文書に署名したようだ。ポイントは「自由貿易プロセスを損ね、中国政府による無制限の補助金を受け取った中国企業だけが利益を独占するためのもの」ということのようだ。

中共の欺瞞や独善性に目覚めつつある国際社会から注視される習近平にとって、朝鮮半島問題が唯一の国際社会に向けたアピールの場なのかもしれないが、ここでどう振る舞うかが当面試金石となる。下手をすれば正に鬼門となって中共の孤立は益々進んでいくことになるのではないか。

日本は一切ブレることなく北朝鮮の核廃絶に向けて米国と連携することが必須だが、万一有事に発展する可能性がでてきた場合には、中共による尖閣有事や反日勢力の国内テロの同時発生だけは片時も忘れてはいけないと思う。(2018/04/25 15:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授